ファクタリング会社の選び方

当ページには広告が含まれています

お金のイロハは、アフィリエイトプログラムを利用し、複数の企業から広告を受けることがありますが、コンテンツ内容やランキングの評価には一切関与しておらず、そのような影響を受けることはありません。

最近注目されているファクタリングとは、手元にある売掛金をファクタリング会社に買い取って貰うことによって資金を調達する方法のことを言います。

売掛金はいずれ現金として入ってくるわけですが、場合によっては1ヶ月以上などかなり日数を必要とすることがあります。

その結果、運転資金が不足してしまうこともあり得ますが、ファクタリングを利用することによって即座に資金を得ることが可能となるのです。

請求書は出してはいるが現金が支払われない、この悩みを解決してくれるのは経営者様にとって大きなメリットではないでしょうか?

売掛金を現金化するのであって、金融会社などから融資を受けるのとは違います。

ですので担保や保証人はもちろん必要では無く、信用情報への影響もありません。銀行への融資を断られてしまっていたとしても、売掛金さえあれば資金を得ることは可能です。

まだまだファクタリングに関してご存知の方は多いとは言えませんが、特に中小企業において経済産業省も有効性を認めている資金調達の方法です。

国も認める正当な資金調達方法であり、中小企業の会社経営に重要なスピード感のある資金の準備を可能としてくれる方法です。

ファクタリング会社の選び方

ファクタリングはお金を借りるのとは全く手法が異なる資金調達方法ですので、選び方や注目ポイントについてはしっかりと考えておきたい点です。

業者選びの際には次のポイントに注目して選んでみてください。

現金化までのスピード

スピードについては即日審査なのか、それとも即日現金化なのか見極める必要があります。

即日対応とホームページ上に大きく宣伝していながら実際に即日でしてもらえたのは審査だけで、お金が振り込まれたのは翌日だったというファクタリング会社もあります。

また、取引方法によっても現金化までのスピードが違ってきます。

通常、2社間取引きはスピーディな現金化が可能な場合が多いですが、3社間取引きは数日かかることもあるため、実際に契約や現金の入金がいつ頃になるのかなどは事前に確認するのがおすすめです。
また、売掛先の信用力によっても審査時間が変わってきますので考慮しておく必要があります。

最短即日資金化!おすすめのファクタリング会社13選

手数料は何%?

ファクタリング業者を選ぶ際に重要なのは『手数料』です。手数料が何%に設定されるかで、売掛金を現金化したときに手元に入る額が決まってきます。

つまり手数料が低い場所を選ぶのがポイントということです。

債権の相手先に知られずに現金化ができる『2社間契約』の場合は10%~20%程度が相場と言われています。

ただ債権の種類や信頼性によって手数料は決まりますので、何%が設定されるかは見積もりをしてもらわないとわかりません。

事前に複数の業者で見積もりを取って比較することが大切です。

買取手数料と別途発生する費用が別々になっていないかチェック

手数料を低い割合で掲げていながら債権譲渡登記に掛かる固定費は別請求というファクタリング会社があります。

結果、少額の利用で手数料と債権譲渡登記費用が相殺され予想外に少ない入金になってしまいます。

そこで、買取手数料については債権譲渡登記費用も含んだものになっているか確認し、含まないのに割合の高い会社は避けるのが重要です。

償還請求権の有無

ファクタリングという取引は、“売掛債権”を売買する取引です。

この為、何らかの事情で売掛先が売掛金を払えなくなってしまうとファクタリング業者は損をしてしまいます。

そんな時の為にファクタリング業者は、売掛債権を売却した利用者に保証を求める「償還請求(リコース)」をする権利を契約時に獲得しておいて、実際に損害が発生した場合が償還請求をする業者もあります。

償還請求権ありの場合、手数料が低く設定されるのがメリットとなりますが、もしもの時は保証しなければいけなくなります。

償還請求権なし(ノンリコース)の場合は、手数料は高くなりますが売掛金の回収が出来なかったとしても影響を受けずに済みます。

利用限度額

取引限度額は各社によって異なります。

また総買取限度額と債権一枚あたりの買取限度額が異なるケースもあります。

最低取引額もしっかりと確認しておけば、多様な債権の売却に使えるため便利です。

取り扱い債権

各社で取り扱い可能債権の種類は違います。

ある業者では建築債権や土木債権などに特化した事業を行っていて医療系債権は取り扱っていないというケースもあります。

オールマイティに対応している大手業者を選ぶなら安心して売却できます。

掛け目について

ファクタリングによる売掛債権の譲渡の際には、本来の売掛金から規定の手数料相当額分が減額された上で現金が支払われます。

手数料はファクタリング会社の儲けであることから戻ってきませんが、掛け目は通常の場合であれば戻されてきます。

つまり通常は利用者が支払うのは売掛債権の数%に当たる手数料のみで済むということです。

ただ、契約上、掛け目が返戻されないこともあり得ることから、入念に契約書をみておきましょう。

営業年数を見ておきましょう

現在、ファクタリング会社は数多く存在するものの、起業から年数が経っていない会社も多く、ファクタリング業界も黎明期状態にあります。

選ぶときはなるべく設立から年数が長いところを選ぶというのも大切になります。

淘汰される業界の中でも長く営業しているということはそれだけ多くの経営者をサポートし、実績を積んでいるということになりますから安心して利用できるファクタリング先ということになります。

個人事業主でも対応しているか

ファクタリング会社の中には法人限定の業者もあるため個人事業主がを利用する際には個人事業主でも利用できるのかを見ておく必要があります。

また、個人事業主の場合は取引先の同意が必要な場合や売掛先が法人の場合に対応可能としている業者も多いため、このようなこともチェックポイントとなります。

少額・オンライン対応の個人事業主向けのファクタリング会社

利用者の口コミを参考に

ファクタリングをしようとは思ったものの、いざ利用しようと思うとどの業者を選べばいいのかわからない。この悩みを経験されている方も多くいるのではないでしょうか。

例えば、手数料の高低や限度額の上限などは比較しやすい項目なのですが、比較しやすい項目というのは、各社同じようなサービスの基準にしていることが多く比較が難しいです。

やはり総合的なサービスで比較するとなると、ネットの口コミを参考にするのは間違いではない選択です。

口コミでは、業者のホームページを見ただけでは分からないサービスの詳細、メリットやデメリットなど、いろいろな書き込みがあるため、とても参考になると思います。

さらに口コミを見ていくと、大手企業ほど口コミの数は多くなるので自分の状況と似た口コミを見つけることができるかもしれません。

契約の際に必要な書類は?

ファクタリング契約の際には、書類を事前に準備しておくとスムーズに契約を進めていくことができます。
 
必要な書類:『商業登記簿謄本、決算書・確定申告書、取引や入金が確認出来る書類、通帳、取引先との契約書、発注所・納品書・請求書、印鑑証明
 
このような書類が基本的に必要になってきますが、この他にも必要な書類がある場合はファクタリング会社から指示されるので適宜準備していくことになります。

審査の際には、融資ではないので連帯保証人は基本的には必要とされません。

書類がそろっていればいるほど取引はスムーズになります。

契約の際の注意点は?

何よりもしっかりと契約書を確認するということです。

手数料が法外な値ではないかや相手が正規の業者であるかなど、リスクを回避するための情報は全て契約書に詰まっています。

また、実行日なども契約条件としてチェックしておきましょう。

ファクタリング会社の中には悪質な業者もあり、そのような業者の場合、利用する会社の減少や法的な措置により営業停止、悪い評判で経営難になる可能性がありますので、これらの心配がなく、信頼性があるところを選びましょう。

最適なファクタリング先の紹介会社は?

ファクタリング会社の選び方について話してきましたが、初めて利用する時はやはり不安が付き纏いますよね。

特に気になるのはファクタリング会社の安全性ではないでしょうか。

売掛金の買い取りに発生する手数料も会社によって大きく違ってきます。

他にも契約前にきちんと費用について説明があるかなど実際に利用してこそわかることもたくさんあります。

かと言って安全面や条件を確かめる為に幾つもの会社と連絡を取るのも大変ですし、その中で丸め込まれる様な形で契約を行ってしまい、思わぬ損失を受けてしまう可能性もゼロではありません。

そうならないために、信頼出来る安全なファクタリング会社を紹介してくれる会社を利用するというのも一つの方法です。

その代表格と言えるのが資金調達プロです。

国内最大級のファクタリング会社紹介サイトであり、登録事業者数も国内で第一位となっています。

無数の選択肢の中から最良の会社を紹介してくれて、必要な診断は無料ですから安心してください。

資金調達プロはファクタリングに関する問い合わせ数もナンバーワンを誇り、利用した90%以上の企業で資金繰りが改善されているという実績もあります。

この信頼と実績こそ安全な会社を紹介してくれる証明と言えるのではないでしょうか。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・資金調達の専門家

22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローン、ファクタリングを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家
22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。こちらのメールで気楽にご連絡ください。



【即日融資】今日中にお金を借りるなら?消費者金融で借入する方法!

※本ページはプロモーションが含まれています。
お金のイロハでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

※ プロミスの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類や収入証明書類等を提出される場合は、個人番号(マイナンバー)が記されている箇所が見えないように加工してから提出して下さい。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。30日間無利息サービスはアコムでの契約が初めての方が対象です。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。