ユニーファイナンスのビジネスローンのメリット・デメリットや評判

ユニーファイナンスのビジネスローンのメリット・デメリットや評判

ユニーファイナンスのビジネスローンは特に中小企業に向けた商品となっているのが特徴です。

知名度自体はまだ全国規模とは言えませんが、WEBからの申込みが行えたり振込で融資を受けることができたりと、有名大手に負けないサービスを提供しています。

「限度額はあまり高過ぎず素早く借り入れを行える場所を探している」と考えている経営者にとって、頼りになる存在になってくれるはずです。

口コミで分かるユニーファイナンスのビジネスローンの評判は?

1.借りるまでが早いビジネスローン

ユニーファイナンスの口コミを分析すると他のビジネスローンに比べて融資までのスピードが速いことがわかります。24時間インターネットから申し込めることに加えて、最短で3日の融資に対応するなどビジネス系としてはとても素早い対応となっています。

 
2.コンパクトで使いやすい設計

中小企業や個人事業者であれば、『コンパクトな融資をスピーディに』借りたいという願いがあるでしょう。ユニーファイナンスはそうした願いを満たすのに最適な業者です。『ネット申込可で限度額200万円』ですから手軽に使えるようなサービスとなっています。

 
3.選べる返済方法

返済が心配だという経営者の方も多いと思いますが、口コミを見ても分かるようにユニーファイナンスは「残高スライドリボルビング」「元金均等」「元利均等」の3つの中から方法を選べるようになっていますし、随時返済も活用していけば利息を抑える事ができます。一時的なピンチを乗り切るために多くの経営者が利用しています。

ビジネスローン スーパービジネスローン
ネット申込 24時間受付
金利 12.00%~17.95% 12.00%~14.95%
遅延損害金 20.00%以下
限度額 ~300万円 ~1,000万円
返済期間(回数) 最長3年(36回以内) 最長5年(60回以内)
対象者 満23歳以上、満70歳未満
安定した収入と返済能力のある方
対応地域 全国
担保 不動産(建物・土地) 有価証券・不動産(建物・土地)
連帯保証人 原則不要(法人の方の場合、代表者の連帯保証が必要となります。) 必要(1人以上)
契約費用 印紙代・審査資料代(実費)

東海地方でなくても利用できる?

ユニーファイナンスは東海地方で有名な中堅貸金業者ではあるものの、対応する範囲は日本全国となっています。

そのため、地方で地域にビジネスローンを専門に扱う貸金業者が無いという場合でもインターネットから申し込みができ、郵送で契約手続きができ、貸付けを希望する銀行口座へ直接振込対応してくれます。

ビジネスローンもスピード審査対応を行っているため、事業資金を短期間のうちに確保したいという際には大手以外の強い味方になってくれます。

申し込みはホームページだけではなく、フリーダイヤルでも24時間受け付けているため、パソコンやスマートフォンでの入力作業が慣れないという方にもおすすめです。

外部サイト:ユニーファイナンスの公式ホームページ

インターネットから申し込み可能

ユニーファイナンスは、24時間受付をしているインターネットからの申込みが便利です。

最初は仮申込という形での手続きになりますが、利用できるかどうかを素早く回答してくれるので、その後の手続きも落ち着いてスムーズに進めることができます。

本審査や融資までの手続きスピードも素早く、最短『3日で融資が可能』となっています。

会社経営において資金調達のスピードは大変重要なポイントとなりますが、急にお金が必要になったとしても手続きを始めた3日後に資金を得られます。

スムーズに融資を受けるためには『必要な書類を揃えておく』ことが大切となっていますので、お急ぎの場合はその点にご注意ください。

ちなみにユニーファイナンスでは、結果の通知は『携帯or自宅or会社』のいずれかへの電話またはメールによって行われます。

これに関しては希望を出すこともできるでしょう。自分にとって最も都合の良い方法を選択できます。

メールでの連絡を受取るには『@292957.jp』からのメール受信が行える様にしておきましょう。

金利設定はどうなっているの?

ユニーファイナンスのビジネスローンは『12.00%~17.95%』という金利設定となっています。

12.0%の金利で10万円を借りたとしたら1日あたりの利息は33円弱となります。

上限である17.95%では1日あたり49円ほどです。

あまりにも高い金利に定められていると融資を検討している個人事業主や法人の方は、返済時に大きな負担が発生してしまいます。

そのような状況を極力回避できるようにユニーファイナンスは、使いやすい実質年利に定められており、多くの実績を積み重ねています。

貸付け条件について

この商品の貸付対象者は『自営業の方で満23歳以上、満70歳以下』であり『定期的な収入の返済能力のある方』となっています。

ユニーファイナンスのビジネスローンは、担保として『不動産(土地・建物)』が必要になりますが、保証人は原則不要です。

ただし法人契約の場合には、代表者の方に連帯保証人となっていただくことになります。

不動産担保が必要になるため、個人事業主の方にとってはハードルが高くなるかもしれませんが、個人事業主の方の場合はカードローン型での契約ができるため、その点は大きなメリットとなります。

【即日融資対応】担保不要のビジネスローンを比較するなら

限度額について

ユニーファイナンスのビジネスローンの限度額は多くの急な必要に応えるには十分な『200万円』までとなっており、様々な活用方法を検討することができます。

200万円までという限度額は一見するとあまり多くない様にも感じますが、銀行融資や売掛金の支払サイトまでの繋ぎとして使うには多くの場合で十分な額です。

他にも備品の購入費や出張費、従業員への給料の支払いなど使い道は幾つも考えることができますね。

もっと限度額が高い方が良いという場合は、有価証券が用意できれば限度額が100万円~1000万円のスーパービジネスローンを利用できる可能性があるため、そちらもオススメです。

『使い過ぎてしまう』という心配がある方は、通常の商品を選ぶのが利便性と安全性を両立するためには最適です。

必要になる書類をチェック

ユニーファイナンスに限らず、ビジネスローンの審査を受けるには幾つかの書類提出を行う必要があります。

状況によって求められる書類に違いがでる可能性はあるのですが、確実に必要になるのは代表者の本人確認書類です。本人確認書類には運転免許証がよく使用されます。

その他にも決算書や確定申告書が必要になる可能性が高く前もって準備しておくという方法もありますが、無駄な手間を取られないためにもまずは申込みを行い、必要書類を確認してから準備を進めるのがおすすめです。

ちなみに法人の場合は代表者が連帯保証人となりますが、その他の連帯保証人は不要となっていますので担保や保証人の用意に手間を取られてしまう心配はありません。

個人事業主と法人では審査は違うの?

消費者金融や銀行などで、審査基準を公表している場所はまず見つかりません。

その点はユニーファイナンスも同じですので、どの様な点を重視して融資可能かを判断しているかはわからないのです。

ですから『個人事業主と法人企業では審査に違いがあるのか?』という疑問に対しても、残念ながら明確な答えを出すことは不可能と言えるでしょう。

ですが確実なのは『法人だけでなく個人事業主も利用可能』だということです。

貸付対象者の条件としても『自営業の方で満23歳以上、満70歳未満で定期的な収入と返済能力のある方』としっかり明記されています。

この条件を満たしている方であれば個人事業主であっても、遠慮なく申込みを行ってOKなのです。

個人事業主向けのビジネスローン・カードローンはこちら

期日前返済で利息の心配は減らせる

ユニーファイナンスでは、最低額以上であれば『自由返済が可能』です。

借入額などによって決定される毎月の返済額以上であれば、余裕のある時には多めに返済することができます。

また期日前に一部または全額の繰り上げ弁済をすることも可能ですので、短期間で一気に完済してしまうこともできます。

特に残高リボルビング方式での返済を選択している場合は、早めに借入残高を減らすのは効果大です。

期日前返済は借入残高のみを減らすことができますので、支払う利息を減らすのに大きく役立ちます。

無理せずコツコツと返済を進めていくのも全く問題ありませんが、利息を少なくしたいとお考えであれば、なるべく期日前返済を行う様にするのがおすすめです。

3種類の返済方法

ユニーファイナンスという準大手業者のビジネスローンは“返済方法”が他のビジネスローンより優れています。

一般的なビジネスローンの返済方法は「残高スライドリボルビング」が一般的です。

この返済方法はローン残高によって月々の返済額が変わるために、残高が少なくなる程に月々の返済額が少なくなって楽になりますが、なかなかローン元金が減らない為に利息合計が多くなるデメリットがあります。

しかし、ユニーファイナンスは「残高スライドリボルビング」「元金均等」「元利均等」という3種類の返済方法を自分で選べます。

ユニーファイナンスは“毎月の返済負担”と“合計利息”のバランスが自分に最適なものを選択できるというメリットがあるのです。

口コミから見る良さをピックアップ

ユニーファイナンスの口コミをチェックすれば『本当に使える借入先なのかどうか?』がよく分かります。

口コミで最も多いのは『素早く柔軟な対応』に関する情報です。

まずは「申し込んだ翌日に融資を受けられ、急いでいたので本当に助かった!」という審査や契約手続きのスピードが好評です。

他にも銀行融資を中々受けられなかった企業が、「親身に相談に乗ってくれて、融資をしてもらえた」という例もある様です。

中小企業や個人事業主をメインのターゲットとしているだけに、審査も柔軟に行ってもらえる期待が持てますね。

来店不要で契約ができてプロミスATMから借入が行える利便性の高さなど、手続きの借入の利便性の高さも好評です。

気を付けておきたい2つの点

ユニーファイナンスは早さと手軽さを兼ね揃えたビジネスローンですが、審査に申し込む前に2つの注意があります。

1つは『申込み時に入力ミスや虚偽の情報入力をしない』ということです。

貸付けを受けやすくしたいと考え事実と違う情報で申込んでも、バレたり審査が長引く原因となる可能性の方が高いのが実際です。

ですから正しい情報を確実に間違いなく入力することが大切です。

2つ目の注意点は、『近くに店舗が無い場合は即日融資は難しい』ということを理解しておくことです。

来店契約ができる状況であれば問題無いのですが、郵送で契約を行う場合には書類がユニーファイナンスに到着してから貸し付けが実行されますので少し注意が必要です。

デメリットも知っておきたい

残念ながらデメリットも発生しており、ユニーファイナンスのビジネスローンは原則最長3年で完済を目指さなくてはいけません。

他社では、5年や10年など無理なく完済できるように長めの設定をされているケースも多いですが、ユニーファイナンスでは、3年の間にお金を返さなくてはいけないので、その点は注意が必要です。

ノンバンクのビジネスローン16社を徹底比較!

不動産担保なしで契約できるアイフルビジネスファイナンス

ユニーファイナンスは先程も書いたように、契約に不動産担保が必要となるため、利用するには少しハードルが高くなります。

アイフルビジネスファイナンスはユニーファイナンスとは違い、不動産担保を必要としないビジネスローンとなっているため、とても利用しやすくなっているので利便性の面でおすすめです。

また、カードローンタイプのビジネスローンもあり、セブン銀行やアイフルの提携ATMを利用できるため、全国どこにいてもすぐに借りられて返済もできるというメリットがあります。

限度額も1000万円までと事業に利用するには十分な額で、アイフルグループというブランド力もあり、安心安全に利用できるビジネスローンです。

関連記事:最短即日対応!アイフルビジネスファイナンスを解説

ユニーファイナンスの不動産担保ローン

不動産担保ローンを利用する際に、意外とデメリットになってくるのが融資までスピードです。

ユニーファイナンスは最短即日で審査をしてもらう事ができ、必要書類提出後最短3日で契約から借入が可能となっております。

個人事業主にも対応

ユニーファイナンスの不動産担保ローンは、法人だけでなく個人事業主にも対応しています。

担保となる不動産を所有していれば、事業資金を調達することが可能です。

銀行などの金融機関は、会社の信用重視となるため、個人事業主が融資を受けるのはハードルが高くなります。

また、貸金業者の不動産担保ローンといっても法人登記を行っているということが条件となっていることも少なくはなく、個人事業主は対象外となることもあります。

しかし、ユニーファイナンスならその心配がありません。

金利や限度額について

ユニーファイナンスの不動産担保ローンの金利は6.0%~14.0%、限度額は100万円~3000万円までとなっています。

返済期間が原則最長10年となっているため、将来性や経済状況を見据えて返済計画を検討することができます。

事業資金を調達する際、将来性や経済状況を見据えて返済計画を検討することができ、返済負担を抑えたり、毎月もしくは年単位での返済を考慮することが可能です。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家

22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家
22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。こちらのメールで気楽にご連絡ください。



【即日融資】今日中にお金を借りるなら?消費者金融で借入する方法!

※ プロミスの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。最短15秒事前審査:事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。最短25分融資はWEB申込みの場合となります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。