【LINK】のファクタリングの口コミの評判|手数料や必要書類を解説!

【LINK】のファクタリングの口コミの評判|手数料や必要書類を解説!
当ページには広告が含まれています

お金のイロハは、アフィリエイトプログラムを利用し、複数の企業から広告を受けることがありますが、コンテンツ内容やランキングの評価には一切関与しておらず、そのような影響を受けることはありません。

「資金調達したいけれど銀行の審査に通らず困っている」という事業者も多いかと思います。

今回紹介するオンライン完結型の資金調達サービス LINK(リンク)はAIを活用した査定によって約10秒で調達可能額がわかるため、急いでいる事業者の方にも最適です。

また、申し込みから入金まで面談は一切いらずネットで完結するため、手間をかけたくない方にもおすすめです。

このページではLINK(リンク)の口コミ・評判やメリット・デメリット、手数料や必要書類についても解説してきますので最後までご一読下さい。

LINK(リンク)の基本スペック

現金化までの時間 最短即日
限度額 ~1億円まで
手数料 2%~14.9%
2社間
対応地域 全国
来店 不要
オンライン契約
個人事業主
償還請求権 なし(ノンリコース)
登記 原則必要
必要書類 ・身分証明書
・通帳・当座通帳照合表(直近の取引履歴が分かるもの6ヶ月分)
・決算書(直近1期分)
・成因資料(契約書、発注書、納品書、請求書等)
会社名 株式会社日本ビジネスリンクス
所在地 東京都豊島区東池袋1-35-11 スタックスビル6F
設立 令和元年8月

資金調達サービス LINK(リンク)のファクタリングの特徴

資金調達サービス LINK(リンク)は、株式会社日本ビジネスリンクス(JBL)が運営するファクタリングサービスです。

株式会社日本ビジネスリンクスは素早い対応と丁寧な接客が評判で、急速に顧客数を伸ばしている会社です。

ここからLINK(リンク)の特徴を詳しく解説しますので、利用する前に参考にしてください。

最短2時間で入金されます

株式会社日本ビジネスリンクスが運営するファクタリングサービス LINK(リンク)は、ネット上で請求書と通帳の写真を送るだけで、最短2時間で入金されます。

急場の出費や、一時的なつなぎ資金の調達の強い味方です。

弁護士監修の「クラウドサイン」サービスを用いた電子契約で、ネット上でもセキュリティは万全です。

LINK(リンク)はオンライン完結

査定にAIを用ることによって、LINKは10秒でおおよその調達可能額がわかります。

お申し込みは必要資料の写真をオンラインで送るだけで、申込みフォーム、LINE、FAXのいずれかで送信できます。

申込み、審査、契約、入金まで、一切の面談不要で、最短即日でオンライン完結ができます。

業界最安水準の手数料2%~

LINK(リンク)は業界最安水準の手数料2%~14.9%です。

また、他ファクタリング会社からLINKへの乗り換えの場合、利用手数料引き下げなどの優遇サービスがあります。

登記設定なしの2社間ファクタリングも可能なため、取引先に知られずに売掛金を現金化できます。

LINKの買取可能額は最大1億円

リンクの買取可能額は最大1億円ですが、それ以上の現金化も応相談となっています。

もちろん、100万円などの少額でも現金化可能です。

法人、個人事業主、設立から1年未満でも利用できます。

税金の滞納などで銀行の審査が通らなくても、売掛債権先の信用度があれば審査が通りやすいです。

赤字決算でも利用できる

ファクタリングが銀行融資より資金調達しやすいポイントの一つが、事業者が赤字でも利用できる点にあります。

赤字企業だと銀行融資に断られる場合があります。

しかし、リンクならば信頼できるスタッフが揃っている上に、ファクタリングの審査は売掛先を重点的に行うので赤字企業でも利用できます。

また、銀行融資より優れているポイントは「借金ではない」という点です。

ファクタリングは売掛債権を売却する「資産売却」による資金調達である為、銀行融資と違ってバランスシートを改善する事すら可能になり、銀行等に申し込む際に審査に通りやすくなります。

償還請求権がないから安心

如何にファクタリングサービスを利用した資金調達と言っても、売掛金が発生している取引先が倒産、または事業継続困難となった場合は、利用者自身が返済をする必要があるものもあります。

しかし、リンクは『償還請求権が無い』ため、取引先から売掛金の回収が困難になっても、ファクタリング利用者が返済をする必要がありません。

そのため、取引先の倒産や事業継続困難、廃業となってもファクタリング利用者が債権回収により連鎖倒産するリスクを避けることが可能です。

LINK(リンク)のファクタリングの利用する上での注意点

LINKのファクタリングに関して、注意しなければならない点が3つありますので解説してきます。

即日での資金調達が難しい場合もある

リンクで即日で資金調達するためには、書類がすべて揃っている必要があるということです。

書類や資料が揃っていないと審査や契約がスムーズにいかず、手続きが長引いたり、審査に通る可能性が低くなってしまうこともあります。

そのため、資金調達の手続きに必要な書類をすべて当日中に揃えることが重要になります。

そうすることでストレスなく、タイムリーに申し込みができるようになります。

上限手数料が高めの設定

リンクのファクタリングの手数料は2%~14.9%となっており、上限手数料が少し高めに設定されています。

審査によって手数料は決定されますが、2者間か3者間取引かでも変わってきますし、売掛先の信用力によっても手数料が変わるため結果をよく確認して契約をするようにして下さい。

ただし、リンクは他社からの乗り換えを希望される事業者を優遇しているため、現在利用しているファクタリング会社よりも好条件で利用できる可能性があります。

取引先に知られる可能性がある

リンクは3者間取引だけでなく、売掛先への通知が必要ない2者間取引も可能です。

取引先へファクタリングの利用を知られたくないときに便利ですが、リンクへの支払いが遅れたときや契約違反等が行われた場合、取引先へ連絡が行くことがあります。

しかし、キチンと支払いが行われ、契約通りに利用していれば周囲に知られることはありませんので、正しく利用することが大切です。

LINK(リンク)以外におすすめの会社は?

「日本中小企業金融サポート機構」というファクタリング会社もバランスが良い会社として評判になっていておすすめです。

日本中小企業金融サポート機構は業界最低水準の1.5%~10.0%の手数料で取引、最短即日での現金化、上限・下限制限なしの幅広い買取りができます。

早さ・お得さ・利便性の全ての要素が充実しているサービスに隙のない非常にバランスが良いファクタリング会社である為に、利用者から多くの支持を得ています。

日本中小企業金融サポート機構のファクタリングの特徴や口コミを解説

LINK(リンク)の申し込みの流れ

資金調達サービスLINK(リンク)の申し込みの流れは以下の通りです。

  1. 申し込み・必要とされる資料の提出
  2. 公式ウェブサイトからLINKへ申し込みを行います。必要事項を申請フォームに記入し、申請に必要な資料を添付して送信してください。
    PDF、または写真に撮って申込フォームやLINE、FAXで送信して下さい。
    成因資料や請求書・取引履歴が分かる通帳、決算書等が必要です。

  3. 審査の実施・見積りの提示
  4. 提出された書類を元に、LINKの担当者が審査を行います。
    審査に通ればLINKから見積書が提示されます。

  5. 契約・入金
  6. 見積もりに承諾できれば、契約書を交わし、入金となります。
    ここまで最短即日、平均では2~3日ほどで完了します。

LINKのファクタリング申請には、以上の手続きが必要になります。

申し込みから契約までLINKスタッフが丁寧かつ迅速に対応するため、安心して取引を進めることができます。

必要とされる資料は?

■ 買い取る対象となる請求書

LINKの手続きにあたり、買い取り対象となる請求書を提出する必要があります。
買い取り対象の請求書とは、LINKが買い取って支払いを行う対象の請求書を指します。

■ 本人確認書類

手続きを行う時には、ご本人様確認のため、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの正式な身分証明書が必要となります。

■ 全ての通帳と当座預金口座の照合表(過去6ヶ月分)

売掛先との取引状況を確認するために、過去6か月分の通帳と当座預金照合表全てを提出する必要があります。

■ 決算書(直近1期分)

ファクタリング会社は、倒産してしまった企業の場合、売掛債権が回収できないリスクがあるため、買い取りをした請求書に問題がなく、企業が存続するかどうかを審査します。
その際、ファクタリング会社は請求書が支払われるまでに、決算書から企業の財務状況を十分審査することが必要となるのです。

■ 取引先との成因資料

売掛金の背景を説明するためには、取引先との成因資料が必要です。
この資料には契約書や注文書、納品書が含まれます。

 
お申し込み時に必要書類があれば、写真またはPDFデータで添付し、お申込みフォーム、LINEまたはFAXで送信してください。

また、スムーズに間違いなく資料を提出することで審査が早く開始でき、迅速に資金調達が可能になります。

まとめ

資金調達サービス LINK(リンク)の口コミの評判は、以上の5つの長所から非常に高く評価されています。

1.最大1億円の高額の資金調達が可能

評判が高い理由の一つは、最大1億円の高額の資金調達が可能であるということです。最大額が5000万円程度という会社が多い中でこの対応額は利用する上でのメリットです。

2.手数料が2%~低いのも高評価

資金調達サービス LINK(リンク)の手数料が2%~と低いのも高評価を得ている理由となっています。サービス内容を理解して利用するだけなので、契約までの時間も抑えられます。

3.最短「即日」と審査がスピーディ

オンライン上で手続きができ、申請者の情報などの状況を把握してから受付を行うため、手続きが比較的スムーズです。

4.事務手数料・出張費・登録費用「なし」

ファクタリング会社の中には手数料の他に、事務手数料や出張費等の費用を別途請求するところもありますが、LINK(リンク)はそれらの費用は「なし」となっているため、安心して利用できる面がメリットです。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・資金調達の専門家

22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローン、ファクタリングを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家
22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。こちらのメールで気楽にご連絡ください。



【即日融資】今日中にお金を借りるなら?消費者金融で借入する方法!

※本ページはプロモーションが含まれています。
お金のイロハでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

※ プロミスの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類や収入証明書類等を提出される場合は、個人番号(マイナンバー)が記されている箇所が見えないように加工してから提出して下さい。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。30日間無利息サービスはアコムでの契約が初めての方が対象です。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。