【最短】事業資金エージェントのファクタリングの特徴

【最短】事業資金エージェントのファクタリングの特徴
当ページには広告が含まれています

お金のイロハは、アフィリエイトプログラムを利用し、複数の企業から広告を受けることがありますが、コンテンツ内容やランキングの評価には一切関与しておらず、そのような影響を受けることはありません。

事業資金エージェントは最大3億円までの買取に対応し、手数料は業界最低水準レベルの1.5%からとコストを抑えたいという場合には安心できます。

また、他社からの切り替えに対する対応、最低利用期間の設定がないという点も信頼できる条件となっています。

当ページでは事業資金エージェントの特徴や申し込みの流れ等を説明していきたいと思います。

事業資金エージェントの詳細

現金化までの時間 500万円まで:最短3時間
1,000万円まで:即日
2億円まで:最短3日
限度額 最大2億円まで
受付時間 ネットから24時間対応
ネット完結 〇(500万円まで)
2社間対応
手数料 3社間取引:1.5%~9%
2社間取引:5%~20%
保証人・担保 不要
赤字・税金滞納・債務超過
個人事業主
他社利用をしている方 申込みOK

事業資金エージェントのファクタリングの特徴は?

1.最短即日いける速さ

『即日入金は当たり前』と豪語する買取の速さが特徴です。

500万円までなら最短『3時間』、1,000万円までなら当日対応というスピードですので、資金調達をお急ぎの企業様の大きな手助けになってくれます。

申込みは365日24時間WEBで行えますから、今すぐにでも申込みが行えますよ。

2.低水準の手数料

事業資金エージェントは審査スピードだけでなく、手数料の低さも魅力となっていて評判です。

売掛債権の額面金額に対して3社間なら1.5%~9%、2社間なら5%~20%という手数料となっています。

「手数料が高くなりがちな2社間取引きなのに他社よりも低い手数料で利用できた」など手数料の低さに関する口コミもたくさんあります。

3.30万円~2億円まで幅広く対応

事業資金エージェントは審査や入金のスピード以外に最大2億円まで対応している点も評価されています。

審査や入金がスピーディーなファクタリング会社は多いものの、最大5千万円までの調達額というケースは少なくはありません。

しかし、事業資金エージェントの最大2億円までの対応なら、取引先との大口契約が決まり、仕入の資金としてまとまった現金が必要という場合でも速やかに調達することができます。

業界最低水準 手数料1.5%~

即日調達全国対応来店不要
赤字決算WEB申込自営業者

スピード500万円までなら(最短3時間)

手数料 手数料1.5%~

2社間 可能

500万円までなら「最短3時間」で資金化できる事業資金エージェントは限度額が高く最大2億円まで現金化できるので、即日で高額の現金が必要になった法人の方に便利です。

手数料の1.5%~と業界最低水準で赤字決済、債務超過の非常事態でも保証人や担保不要で利用できるのも大きなメリットです。



事業資金エージェントは最短3時間で現金化

事業資金エージェントは必要資料を揃えてメールやFAXで送る事によって“オンライン審査”をしてくれます。

このオンライン審査は、審査所要時間が“概ね1時間程度”が目安となっています。(状況によって審査時間が変わるのでご注意ください。)

500万円までなら非対面でオンライン完結ができ、申し込みから最短3時間で現金化が可能です。

また、1,000万円までなら即日対応可能なスピードなため、火急で事業費用を準備したい時に助けになります。(1,000万円を超える場合は最短3日かかります。)

ファクタリングは欧米では一般的な金融サービスの一つとして根付いていますし、日本でも経産省が中小企業に適した資金調達方法であることを認めるレポートを出すなど、ここ数年で一気に利用者が増えている分野の一つです。

事業資金エージェントはファクタリングを取り扱う業者の中でも速さに定評がありますので、ネット申し込みを活用すれば速いスピードでの取引が期待できます。

手数料体系について

迅速な対応が評判の事業資金エージェントの手数料は2社間か3社間かによって違い、2社間の場合は5%~20%から、3社間の場合は1.5%~9%の手数料で取引が行われています。

具体的な手数料に関しては利用者や売掛金の状況などケースによって異なるので、審査を経て決まることになります。

500万円までなら契約までネット完結

経営者にとって対面審査や契約などの為に業者の店舗に来店する事でかなりの時間をとられて仕事が進まないという事もあると思います。

事業資金エージェントは金額が500万円までならば、申込から現金化までの全てを「オンライン完結」させる事ができる「来店・対面審査不要」のファクタリング業者となっているので時間を気にせず安心してファクタリングを利用できます。

申し込みの流れ

シンプルな流れになっているのが事業資金エージェントです。

  1. 申し込み
  2. まずネット、又は電話から申込をします。

  3. 審査
  4. 審査に必要となる資料をFAX、又はメールで送ります。
    ここで来店する必要はありません。最短1時間で審査は完了します。

  5. 最終確認
  6. 審査が終わったら買取条件を提示され、条件に納得ができれば契約となります。

  7. 振り込み
  8. 契約が完了したら振込です。振込金額は手数料を差し引いた金額となります。

手続きはこのような流れになっています。

ノンリコース(償還請求権なし)だから安心

事業資金エージェントを活用したファクタリングでは売掛金を早期に現金化するものですが、発行元が倒産するなどした場合でも支払い義務や返済の必要がないことから安心して利用できます。

ノンリコース(償還請求権なし)ですので、余分のリスクがないという点で利用しやすくなっています。

これはつまり売掛金を期限まで保持しているよりもリスクを減らすことが可能だという事です。

大型取引が安全に行えるため、大手法人やまとめて事業費用を工面したい企業の方にもおすすめです。

秘密を保持できる?

ファクタリングはしたいけど、同時に取引先には内緒で秘密に行いたいという場合も事業資金エージェントがおすすめです。

取引先には秘密で売掛金の売買ができる2社間取引を行っていますので、早期に現金化したことが取引先に知られる心配はありません。

企業間の信頼を損ねるようなことはなく早期に現金化することができるわけです。

しかも売買契約成立後は、通常の事業資金として自由に使うことができ、キャッシュフローやバランスシートの改善が多くの場合見られますので、企業価値を高める波及効果も期待できます。

2社間取引に特化しているえんナビ

事業資金エージェントの他にも、えんナビは知名度の高いファクタリング会社の一つで、『契約まで最短45分・即日現金化』が可能な速さが魅力です。

特に2社間取引に特化することで『ハイスピードと秘密厳守』をモットーにしています。

見積相談のみでも可能なため、公式サイトから気軽に申込ができます。

最低30万円からの小額買取も行ってくれるため中小企業でも検討してみる価値があります。

関連記事:えんナビのファクタリングの特徴を解説

担保・保証人は不要でスピーディに契約

ファクタリングは融資とは異なる売買契約のため、事業資金エージェントでも担保や保証人が不要で契約ができます。

これによって利用者が準備すべき書類は大幅に減少しますので、結果として契約までの時間が大きく短縮されるのです。

それに加えて既に土地や機材などが担保抵当として留保されている経営者の方の利用も可能になりますので、銀行融資よりもさらに広い対象の経営者の方が使えるのがファクタリングの魅力です。

税金滞納など厳しい経営状況でも利用の可能性

事業資金エージェントでは税金滞納や赤字決算など厳しい経営環境のもとにある経営者の方であっても、売掛金の信用度によっては十分に利用の可能性があります。

これは先ほども考えたようにファクタリングが融資とは異なり債権の売買契約となるからです。

原則として審査は売掛先(売掛金の発行元)となるため、利用者である法人企業の財務状況などが必ずしも最重要ポイントではないのです。

ですからまずは手軽にできるネットから申し込みを行ってみることをおすすめします。

設立間もない新興企業であっても利用できる

融資を受ける際、設立間もない新興企業だと信頼性が低いことから融資対象外にされてしまう事は少なくありません。

しかし、事業資金エージェントは売掛債権売買取引であるファクタリングを提供しています。

このため、売掛債権を持っているならば新興企業であっても問題なく契約可能となっています。

仮審査だけでもOK

事業資金エージェントは、仮審査の申し込みだけでも問題がありません。

売掛金の買取見積を依頼した結果、審査後は契約必須となり、買取額や手数料に納得できない状態で契約することがありません。

また、現在利用しているファクタリング会社と買取額を比較して、契約先の変更を行いたいという場合でも安心してネットから申し込みができます。

信用情報機関に残ることがない

銀行から現金を融資してもらうと借入金になるのでリアルタイムで信用情報に履歴が残ってしまいます。

しっかり返済すれば実績として残りますが、事業融資の履歴が残っていると他社からの評判が悪くなってしまう事も多いです。

それで他社と取引をする時などに影響してしまう可能性もあります。

事業資金エージェントはファクタリングをして資金調達をするので売掛金売買に分類されます。

信用情報にも履歴が残らないので他社と取引をする時に影響が出る事もなくなります。

事業資金エージェントと融資を比べると?

事業資金エージェントなどのファクタリングとビジネスローンを比較したときの違いをここから解説してきます。

それぞれメリットやデメリットがありますので前もって知っておくと安心です。

資金調達の時間で比べてみる

事業資金エージェントを活用したファクタリングによる財源の調達と銀行やカードローンなどを使った融資に必要な時間を考えてみましょう。

まず事業資金エージェントでは最短3時間後に入金可能で即日現金化が可能という速さです。

これに対し銀行融資では稟議や決済など1週間以上はかかるのが通常です。

またスピーディなビジネスカードローンでは即日審査が可能な場所もあるとはいえ、最短3時間後の入金が可能な事業資金エージェントにはかないません。

つまりスピードで考えると圧倒的にファクタリングが優位にあります。

【即日買取が可能】おすすめファクタリングを徹底比較!

準備の手間を考えてみる

事業資金エージェントのファクタリングでは担保や保証人は不要です。

通常の銀行融資やローンも基本的に担保や保証人はいりませんが、大口融資を希望すればするほど、担保や保証人を求められる場合があります。

また、ノンバンクのビジネスローンも、ファクタリングも担保が不要ですので、抵当権が既に銀行に抑えられているとしてもこちらなら利用可能です。

より幅広い経営者の方が活用することができるというメリットもあります。

限度額で比べてみる

ファクタリングは額面の大きな取引が可能ですが事業資金エージェントでは最大2億円までの取引に応じてくれています。

銀行融資に関しては担保物件によって限度額は変わってきますし、ファクタリングに関しても買取金額は売掛債権によって変わってくるため単純な比較は難しい所です。

金利・手数料で比べてみる

ファクタリングは1回の取引で買取可能額に対して手数料が掛かりますが、ビジネスローンなどの融資は金利という形で日割りで計算されます。

例として計算してみましょう。

ファクタリングの場合

500万円の売掛債権
掛け目 85%
手数料 10%

500万円✕85%(掛け目)=425万円
425万円✕10%(手数料)=42万5千円

42万5千円を手数料として支払うことになります。

ビジネスローンの場合

500万円を金利10%で1年借りた場合
利息が274,946円となります。

このように業者に金利・手数料で比較すると、ビジネスローンのほうが金額を抑えられることがわかります。

しかし、ファクタリングは毎月の支払いがいらない、信用情報に記載されない、などのビジネスローンにはないメリットがありますので、トータルで比較して考えるのがおすすめです。

実績のある企業

事業資金エージェントは、口コミでも利用例がいくつも掲載されている事からある程度の実績のある企業と推察することができるでしょう。

ファクタリング取引自体が日本ではまだ歴史が浅いゆえに、多くの業者が創業から新しい事も多いのが実情です。ですから設立年に関してはそれほど気にすることはありません。

事業資金エージェントのおすすめポイントの一つは相談や仮審査だけでも喜んで受け付けている点です。

まずは気軽にネットから仮審査を受ける事ができますので試してみる事も良いでしょう。

事業資金エージェントのデメリットは?

事業資金エージェントは500万円までならネット完結で最短3時間で契約が完了するなど、スピード面でメリットがありますが、デメリットになる部分もありますので見ていきましょう。

500万円を超える利用なら対面契約が必要

事業資金エージェントを利用する場合、500万円を超える取引では対面契約を結ぶ必要があります。

対面で手続きしなければいけないため出張費がかかることや煩雑さが発生する可能性があるため、煩わしさを感じることがあるかもしれません。

この対面契約により、事業主は必要な現金をタイムリーに入手することが難しくなる可能性があります。

しかし、対面契約をすることで疑問点を気軽に聞けたり、事業資金エージェントの会社の様子が分かるため安心して取引ができるというメリットもあるため、一概にデメリットになるとは言えないかもしれません。

売掛先の信用力によっては審査に通らない可能性がある

事業資金エージェントは債権を買い取ることによって、売掛先からの回収リスクを負うことになります。

そのため、事業資金エージェントは売掛先の信用力を重視し、債権の買取審査を行います。

売掛先の信用力が低い場合、ファクタリング会社は回収リスクが高くなると評価し、債権の買取審査に通らない可能性もあります。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・資金調達の専門家

22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローン、ファクタリングを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家
22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。こちらのメールで気楽にご連絡ください。



【即日融資】今日中にお金を借りるなら?消費者金融で借入する方法!

※本ページはプロモーションが含まれています。
お金のイロハでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

※ プロミスの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類や収入証明書類等を提出される場合は、個人番号(マイナンバー)が記されている箇所が見えないように加工してから提出して下さい。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。30日間無利息サービスはアコムでの契約が初めての方が対象です。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。