ファクタリングのメリットやリスクは?会社選びや審査に通る方法!

ファクタリングのメリットやリスクは?会社選びや審査に通る方法!
当ページには広告が含まれています

お金のイロハは、アフィリエイトプログラムを利用し、複数の企業から広告を受けることがありますが、コンテンツ内容やランキングの評価には一切関与しておらず、そのような影響を受けることはありません。

最近では、事業者が資金調達を行う際に、ファクタリングを利用することも多くなってきました。

本記事では、ファクタリングとは何か、そのメリットとリスクをはじめ、どのような会社を選べばいいのか、審査を通過するための方法などを解説します。

また、ファクタリングを利用して資金調達を行う際に必要な情報や準備も解説します。

目 次

ファクタリングとは?

ファクタリングの仕組みの図

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリングを行っている会社に売り渡し、資金調達する方法です。

わかりやすく言うと、企業はファクタリング会社に債権を譲渡する代わりに現金を得ることができます。

この取引によって、企業は予定よりも早く資金を受け取ることができ、資金繰りを改善することができます。

また、ファクタリング会社は、債権を回収する業務も行います。

そのため、ファクタリング会社は、請求書に反映された売掛金をリスクや手数料を考慮した割引価格で入手し、その差額を利益とすることができます。

契約方法が2種類ある

ファクタリングには契約方法が2種類ありますので下記で詳しく説明していきます。

3社間ファクタリング

3社間取引の仕組みの図

3社間ファクタリングは、売掛先へ売掛債権の譲渡を通知し、了承を得た上で、ファクタリング利用者と業者が契約書に捺印する契約方法です。

3社間取引は2社間に比べて手数料が安くなることや審査難易度が低くなることが挙げられます。

デメリットは、取引先にファクタリングの利用を知られてしまい関係が悪化する可能性があることや、同意してもらえない場合もあることです。

2社間ファクタリング

3社間取引の仕組みの図

2社間ファクタリングとは、ファクタリング利用者とファクタリング事業者の間で設定されるものです。

売掛先へ債権譲渡の通知がされないため、取引関係を悪化させることなく、売掛債権を現金化することが可能です。

また、売掛先の承諾が必要ないため、手続きもスピーディーに進めることができます。

しかし、デメリットもあるため、慎重に見極めて適切なサービスを行っている会社を選ぶ必要があります。

2社間 3社間
資金化までのスピード 速い 時間がかかる(数日)
手数料 高め(約10~20%) 低め(約1~9%)
審査難易度 高め 低め
売掛金の回収 ファクタリング利用者 ファクタリング会社
売掛先の承諾 不要 必要
秘密 ×

ファクタリングのメリット

ファクタリングを活用した際に得られるメリットを詳しく解説していきます。

資金調達を行う際に、ファクタリングを活用することでさまざまなメリットを得ることができます。

最短即日もいけるスピード買取

ファクタリングはビジネスローンと違って、売掛金を現金化する方法なので、審査方法が違います。

ビジネスローンは比較的審査も厳しいので、現在の会社の状況や資産状況もみられます。

しかし、ファクタリングは、融資ではなく実際にある売掛金を事前に資金にする方法ですので、審査も比較的柔軟でスピード感を持って現金化ができます。

急いでいるときには使い勝手のいい資金調達の方法です。

即日で資金化!おすすめファクタリング会社を比較

財務状況が悪くても利用できる

ファクタリングは『赤字決算・税金滞納中・債務超過』という様な非常に難しい経営状態の企業であっても利用できる可能性があります。

銀行融資の場合は審査に財務状況が大きく影響してしまいます。

しかし、ファクタリングは『信用力のある取引先の売掛金』があれば高い確率で利用可能なので利用者が経営難の状況であっても資金調達を行える可能性は充分にあります。

担保と保証人が不要

ファクタリングは、担保と保証人が不要で資金調達が可能であり、審査もスピーディーです。

資産を担保に借り入れする、売掛金を担保に借り入れするといった方法もありますが、審査に時間が掛かることや会社の信用にも関わってきます。

しかし、ファクタリングによる資金調達は短時間で済むだけでなく、保証人を依頼する手間が掛からないのが魅力的です。

また、売掛金を担保にして借り入れする方法ではないため、取引先に迷惑が掛かりません。

財政上のメリットもある

ファクタリングによる事業資金の調達は財務上のメリットもあります。

融資による調達をすると財務上の負債がどんどん膨らんで企業価値が大きく下がります。

しかし、ファクタリングは“資産売却”にあたるために財務が改善するので企業価値が大きく向上します。

スタートアップ企業でも利用できる

ファクタリングは会社設立から間もない企業でも利用できる可能性があります。

売掛金が発生していれば、設立から1年未満でも利用できる可能性が高くなっています。

設立して間もなく、銀行やビジネスローンからの貸し付けが受けられないという場合でも、信頼の厚い会社との取引があれば、売掛金を流動化させ事業発展も期待できます。

ファクタリングを利用する際のリスクとデメリット

ファクタリングを利用する際にはリスクやデメリットとなるポイントが以下の通り、5つあります。

審査には手続きや時間を要する場合もある

ファクタリング会社によっては、必要な資料や審査項目が少なかったり、審査の通過率が高いこともあるため、売掛債権があればどのような事業者でも利用しやすい資金調達方法です。

しかし、銀行融資やビジネスローン等がそうであるように、ファクタリングの審査でも取引内容や、財務状況等は詳細に調査されることになります。

したがって、状況によっては審査に数日かかる可能性もあります。

審査を行わなければ手数料を把握できない

ファクタリングの手数料は、○%~と下限手数料のみがサイトに記載されていることが多くなっています。

しかし、売掛先企業の信用度や調達額に応じて審査によって手数料が決定されるため、予想していたよりも高い手数料が設定されることもあります。

また、出張費や事務手数料など、さまざまな費用が発生する可能性があります。

従って、サービスを契約する前に、必ず手数料やその他諸々の費用を確認することが大切です。

経営状態が悪いと判断される可能性がある

ファクタリングを利用することで経営が悪化しているのではないかと判断される可能性もあります。

しかし、ファクタリングは、経営状態の悪い企業だけでなく、資金繰りの改善や迅速な事業拡大を目指す企業にもよく利用されています。

このように、ファクタリング=経営状態が悪いということではありませんが、その目的や背景によっては、そう見えてしまうこともあります。

返済は全額を一括で送金する必要がある

2社間ファクタリングでは、利用者が支払期日までに売掛金の全額を一括して送金しなければいけません。

そのため、売掛金の送金が遅れたり滞ったりすると売掛先へ連絡が行くこともありますので注意しなければいけません。

不正業者や違法業者には注意が必要

ファクタリングは利息制限法の影響を受けないため、手数料の上限が定められていません。

手数料や契約内容が不明確だったり不当なものとなる可能性があるため注意が必要です。

このような悪徳業者や不正業者は利用されないよう、くれぐれもご注意ください。

外部サイト:ファクタリングの利用に関する注意喚起|金融庁

必ず契約書の控えを取得する

契約を結ぶ際には、契約書の内容を十分に理解し、その内容に問題がないことを確認することが重要です。

また、トラブルを避けるためにも契約書の控え厳重に保管することが大切です。

ファクタリング会社の選び方

安心安全にファクタリングサービスを利用するには、その会社選びが重要になります。

ここからは、ファクタリング会社を選ぶ際に見ておくべきポイントをご紹介します。

手数料の低さ

ファクタリング会社を選ぶ際に決め手の一つとなるのは、手数料の低さです。

この手数料は、ファクタリング会社によって違いがあり、審査によって決定されますが、数%~数十%の手数料を引かれた金額が実際に手元に入ってきます。

つまり、手数料が高ければ高いほど、手にできる資金は少なくなります。

しかし、手数料の安さだけで選択するのもリスクがある場合もあります。

手数料は低かったけれど、資金調達までのスピードが遅かった、買取額が低かった、等ということもあります。

このように必ずしも手数料が低い会社が良いというわけではありませんが一つの基準として見ておくのがポイントです。

利用するファクタリング会社を決める前に相見積もりを出すなどよく検討することが大切です。

資金調達のスピード

ファクタリングを利用する理由の一つとして、迅速な資金調達ができるからということが挙げられます。

請求書を買い取りしてもらうことで、支払い期日よりも早くお金を手に入れることができます。

しかし、ファクタリング会社によって買取できる速度は違います。

特に急ぎの場合は、少ない書類で素早く買取してくれる会社を選ぶことが重要です。

また、スピードだけでなく、対応の丁寧さ、利便性の良さも重要です。

手続き上の問題やコミュニケーションミスは、資金調達のスピードに支障をきたす可能性があります。

ですので、しっかりとした対応をしてくれるファクタリング会社を選びましょう。

【最短即日買取】おすすめのファクタリングランキング

買取の対応額

買取対応額も、ファクタリング会社を選ぶ際に重要なポイントになります。

買取対応額は会社によって変わります。

少額債権専門のファクタリング会社もあれば3億円までと大口対応している会社もあります。

例えば、50万円の売掛債権を現金化したい場合に100万円以上から買取対応している会社に申し込みをしたとしてもお断りされるため、申し込みをするだけ時間の無駄ですよね。

ですのでお持ちの債権の金額に対応しているところを選ぶようにしましょう。

ご自身の事業形態でも利用できるか

ファクタリングはすべての事業者にとって最適な選択肢になるとは限りません。

そのため、ご自身がファクタリングを利用できるかどうかを調査し、適切なサービスを行っている会社を選択する必要があります。

個人事業主が利用できなかったり、逆に個人事業主専門のファクタリング業者で法人が利用できない場合もあります。

利用資格の確認は、ファクタリング会社にお問い合わせするか、ホームページでしっかりと確認する必要があります。

複数の会社を検討した上で、自社のニーズに合った会社を選ぶようにしましょう。

2社間取引ができるか

ファクタリング会社選びのポイントは、利用者とファクタリング会社の2社間で売掛金のやり取りを行う「2社間取引」を行っているかどうかです。

この契約方法のメリットは以下の通りです。

・売掛先にバレない

売掛先の承諾が必要ないため、売掛先にファクタリングの利用が知られないというメリットがあります。

そのため、企業側は取引関係を損なうことなく資金を投入することができます。

・素早く資金化ができる

売掛金の譲渡について、売掛先の同意や報告が不要なため、迅速に資金化することが可能です。

取引先との関係がそこまで強固でない場合や、緊急で資金調達したい場合などには2社間取引を行っている会社を選ぶのがおすすめです。

ノンリコース契約であるか

ファクタリング業者の中には売掛先から売掛金を回収できなかった場合、利用者からお金を回収する“償還請求権(リコース権)”を保持する契約を要求する業者もあります。

リコース契約は利用者がリスクを抱えなければいけばいけないため、それが容認できる企業でなければ利用するのが難しいでしょう。

償還請求権を放棄した“ノンリコース”で契約できるファクタリング会社なら、万が一売掛先が倒産して売掛金の回収が不可能になっても、利用者が代わりにお金を業者に払う必要はないので安心です。

信頼性のある会社であるか

ファクタリング会社を選ぶ際には、信頼できる会社かということも重要になります。

信頼できるファクタリング会社を見極めるには、まず、その会社の業界への精通度や実績を確認することが必要です。

業界における実績や口コミをもとに選ぶようにしてください。

手続きに手間がかかる、返事が遅い、不親切な事業者は避けて、迅速かつ丁寧に対応してくれる会社を選びましょう。

また、ファクタリングを行う上で、疑問や問題が出てくることがあると思います。

ですから、サポート体制が充実している会社を選ぶことは、安心安全に利用するために重要になります。

 
上記の項目を参考に、ご自身の会社に合った信頼できるファクタリング業者を選んでください。

即日資金化!おすすめファクタリング会社一覧

ファクタリングの審査に通るためのコツ

ファクタリングは融資とは違い、審査通過率が90%以上という会社もありますが、利用する際にはご自身が審査に通るのか気になるところですよね。

審査に通るためにはどのようなコツがあるのでしょうか?

ここからは、ファクタリングの審査を通るためのポイントをご紹介します。

信頼性の高い売掛先を選択する

信頼性の高い売掛先とは、倒産する可能性が低く、請求書の支払いが確実に保証されている企業のことです。

国や地方公共団体、上場企業などがそれに該当します。

信用度の高い顧客からの売掛債権を利用することで、審査の通過率も上がり、手数料が安くなる可能性もあります。

支払期限が短い請求書を優先的に選択する

支払期日が短いことで、売掛金の回収リスクが軽減され、ファクタリング会社にとってはより安全なやりとりができます。

そのため、手数料が安くなり、審査が通過しやすくなる場合もあります

書類の用意をできるだけ早く行う

ファクタリング会社が債権回収の見込みや利用者の信用力を判断するために、買取してもらう予定の請求書や代表者の身元がわかる本人確認書類を提出する必要があります。

必要な書類をスムーズに正確に提出することで、審査時間を短縮することができます。

誠実な対応をするよう心がける

ファクタリング事業者は、信用度や信頼性に基づいて利用者を審査しています。

そのため、申し込み時に要求された書類を正確に送り、連絡先や売掛金情報を曖昧にしないことが重要です。

また、ファクタリング会社からの問い合わせに素早く答え、面談がある場合もありますのできちんとした服装で誠実に対応することも重要です。

誠実に対応することで、信頼関係を築き、資金調達を成功させることができます。

独立系のファクタリング会社を利用する

独立系のファクタリングとは、銀行やノンバンクなどの大手金融機関とつながりのない独立したファクタリング事業者のことを指します。

このような独立した会社は、銀行などの金融機関に比べて審査基準が柔軟であることが多く、個人事業主や創業したての企業のニーズに対応することができます。

また、サービスによっては最短30分で利用できる場合もあり、支払いスピードも格段に速くなります。

ですから、急ぎの資金が必要な場合や審査が不安な場合は、独立系ファクタリング事業者を利用するのがおすすめです。

安全な独立系ファクタリングを徹底比較!

ファクタリング以外に資金調達する方法は?

事業者が資金調達を行う際に利用される方法の一つがファクタリングですが、他にも様々な方法があります。

この記事では、ファクタリング以外の資金調達方法「銀行やビジネスローンからの融資、資産売却、クラウドファンディング、補助金、ベンチャーキャピタル」について詳しく解説します。

さらに、資金調達を行う際の注意点も解説します。

銀行やビジネスローンからの融資

銀行からの借り入れやビジネスローンは、低金利で長期返済が可能なため、多額の資金を調達することができます。

しかし、特に銀行は事前に企業の財務状況や信用情報等を厳しく審査されるため、赤字が続きていたり、信用情報に問題があると審査に通るのが難しくなります。

また、担保や保証人が必要になる場合もありますし、返済期間中に金利が変動して返済額が変わる可能性もあります。

ですので、銀行やビジネスローンから融資を受ける前に、十分な検討と準備を行い、資金計画を立てる必要があります。

資産を売却する

資金を調達するために資産売却する方法は、企業や組織が保有する資産を売り払って現金を確保する手段です。

具体的には、不動産や設備、株式などを売却する場合があります。

メリットとしては、借入をすることなく資金調達ができることです。

また、金利や手数料を支払う必要がないため、コストを削減することができます。

反面、売却する資産がなかったり、売却金額が予想より低かったりすると、資金調達が難しくなることもあります。

資金を調達するために資産売却する方法は、適切な状況下で検討し、慎重に行う必要があります。

クラウドファンディングで資金を集める

クラウドファンディングとは、ウェブ上で多くの人から寄付や出資を募り、資金を集める仕組みのことです。

この方法は、多くの人が事業内容や会社に興味を持ち、賛同してくれる場合にはとても有効です。

また、商品・サービスの先行販売やマーケティングの一環として採用されることも多くなっています。

具体的には、クラウドファンディングのポータルサイトに企画を掲載し、出資者を集めて資金を調達をします。

寄付者には、プロジェクトに応じた特典や報酬が与えられることもあります。

このシステムの利点は、資金調達が成功すれば、出資者とともに、より多くの人からそのプロジェクトが認知され、新しい顧客を獲得できる可能性があることです。

借入とは違い、負債になることはないためその点でもメリットがあります。

一方、クラウドファンディングで資金を調達する場合、たくさんの人に知ってもらうための企画力やアピール力が必要になります。

また、資金調達に失敗した場合、広告宣伝費やプラン作成等の損失が発生する可能性があります。

クラウドファンディングによる資金調達は、慎重な計画と戦略が必要となりますので、正しく活用する必要があります。

補助金を利用する

補助金とは、企業が財政支援を受けるために、国や自治体から資金提供を受けることができ、企業の拡大や成長、研究開発ために利用されるものです。

補助金は、償還の義務がなく、長期的に支援を受けられるメリットがあります。

しかし、補助金を受けるには条件があり、また申請手続きも複雑です。

その上、金額や条件等が各自治体によって異なるため、綿密な調査と計画の作成が必要です。

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルとは、新規事業を立ち上げるベンチャー企業や、事業拡大が見込まれる事業所に資金を提供し、投資家の利益を追求する投資手法のことをいいます。

ベンチャーキャピタルの投資家は、投資先法人の株式を取得することで、企業の経営に関与することができます。

出資者は、投資先企業の成長による株式の値上がりによって利益を得ることができます。

ベンチャーキャピタルを利用する利点の一つは、新興企業や拡大が予想される新組織の資金調達ができることです。

さらに、投資家は創業者の経営に参画し、経営者に意見を述べたり、企業や経営に関する知見を得ることができます。

一方、ベンチャーキャピタルを利用する場合、投資家と企業の利益の見込みが一致している必要があるため、投資先の企業との相性や将来の拡大性を考慮する必要があります。

また、投資家が株式を売却する場合には、市場の状況や企業の成長性によって売却価格が変動する可能性も考慮しなければいけません。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・資金調達の専門家

22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローン、ファクタリングを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家
22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。こちらのメールで気楽にご連絡ください。



【即日融資】今日中にお金を借りるなら?消費者金融で借入する方法!

※本ページはプロモーションが含まれています。
お金のイロハでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

※ プロミスの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類や収入証明書類等を提出される場合は、個人番号(マイナンバー)が記されている箇所が見えないように加工してから提出して下さい。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。30日間無利息サービスはアコムでの契約が初めての方が対象です。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。