日本政策金融公庫での融資サポートをしてくれる『ユウシサポ』

日本政策金融公庫での融資サポートをしてくれる『ユウシサポ』
当ページには広告が含まれています

お金のイロハは、アフィリエイトプログラムを利用し、複数の企業から広告を受けることがありますが、コンテンツ内容やランキングの評価には一切関与しておらず、そのような影響を受けることはありません。

日本政策金融公庫から低金利で融資を受けることができる、『ユウシサポ』をご存知ですか?

中小企業や小規模事業者にとって、金融公庫から融資を受けることは事業の大きな支えになりますが、審査や手続きが煩雑でハードルが高いと感じている方も多いでしょう。

『ユウシサポ』は、そのような方のために専門の公認会計士や税理士が審査書類の作成やアドバイスを行うことで、審査通過率を高めることができるサービスです。

実績も多数あり、多くの方から支持を得ているサポートです。

今回の記事では、『ユウシサポ』のサービス内容やメリット、デメリットについて詳しく解説します。

名前 ユウシサポ
審査通過率 90%以上
融資スピード 平均:1カ月~1カ月半
限度額 ~3,000万円
金利 約2.26%~(市況に左右されます)
対応地域 全国
着手金 5万円
成功報酬 5%
保証・担保 不要
所属 東京税理士会 芝支部
所在地 東京都港区芝浦3-14-5 テクス芝浦ビル3F
詳細 公式ホームページ

目 次

ユウシサポってそもそもなに?

ユウシサポについて

ユウシサポは、中小企業や個人事業主が日本政策金融公庫から低金利で融資を受けるために必要なサポートを、税理士法人小山ミカタ・パートナーズに所属している公認会計士や税理士が行っているサービスです。

公認会計士や税理士は、審査書類の作成やアドバイスを行うことで審査通過率の向上に貢献しています。

年間相談数は600件以上もあり、多彩な実績があることから、利用者にとって信頼度が非常に高いです。

ユウシサポの特徴・メリット

ユウシサポのメリット

活用すれば通過率がアップ!

審査通過率が90%以上のユウシサポを活用すれば、個人で申込んだ場合は20%程度と言われる日本政策金融公庫の審査に通るのも難しくなくなります。

日本政策金融公庫は中小企業にとって嬉しい低金利での貸し付けが受けられる場所ですが、審査に通るのは容易ではありません。

ですが、このユウシサポで税理士・公認会計士に書類作成を行ってもらい面談サポートを受けることによって、審査通過率はグンと上昇します。

審査をクリアするのに必要なのは『正確な書類と、面談での適切な対応』です。

この2つの重要なポイントをしっかりサポートしてくれることで、直接応募した場合は2割程度しかない審査通過率が9割以上になります。

貸し付けを受けられる確率を高めたいとお思いなら、24時間365日対応のWEBからの『相談申込み』を行ってください。

さらに低利で使えるようになる

個人で申込むよりもユウシサポを利用して手続きを行う方が、日本政策金融公庫からの借り入れを行う際の金利が低くなります。

銀行やビジネスローンを利用した場合の金利は低くても3%台で、高くなると18%程度になってしまいます。

加えて、最初から下限金利になる可能性は非常に低く、大抵の場合、上限金利が適応されることが多いです。

それに対して日本政策金融公庫からの借り入れは金利約2.26%(市況により変動)と大変低いのが特徴です。

この低金利の恩恵と受けたいと多くの方が申込みを行っていますが、ユウシサポのサービスを活用して日本政策金融公庫から融資を受けると、「中小企業経営力強化資金」により、金利がさらに『0.3%引き下げ』となるのです。

ただでさえ低い金利がさらに低くなるのですから、受けられる恩恵は他の金融機関を使うより、もっともっと大きくなりますね。

日本政策金融公庫で大口融資も可能になる

日本政策金融公庫には、新たに事業を始める人・事業開始後税務申告を2期終えていない人を対象にした新創業融資制度という、限度額3,000万円の無担保無保証の融資制度があります。

さらに、この制度を使うには、創業資金総額の10分の1以上の自己資金の用意が必要になります。

新創業融資制度を使うために自己申請した場合、上記の条件をクリアしていても信用力の問題から限度額満額の融資を受けたいと自己申請すると拒否される可能性が高い為、申請額を大幅に下げなければならず、大口利用が難しい状況となっています。

しかし、国指定の支援機関「ユウシサポ」を使えば自己申請額より多くの融資を受ける事も可能であり、限度額が1,000万円の人が1,000万円貸してもらう事もできる場合があります。

経済産業省の認定があるから安心

国の認定支援機関であるユウシサポを選べば、安心して『日本政策金融公庫の審査に通るためのサポート』を受けることができます。

税理士法人小山・ミカタパートナーズ』が運営しているユウシサポは、経済産業省から経営革新等支援機関としての認定を受けています。

『審査に通る手助けをしてくれる場所』というのは少し珍しい存在であることから、申込みをするのに躊躇してしまう経営者様もいらっしゃるかも知れません。

ですが国に認められているとわかれば、その不安も一気に払拭されるのではないでしょうか?

また年間の相談件数が600件を超えているのも、信頼できる場所である証拠の1つです。

日本政策金融公庫から融資を受けたいとお思いなら、この場所に頼ってみることをおすすめします。

手続きにかかる手間などの負担を、大きく減らしてくれるはずですよ。

手厚いサポートで安心できる

ユウシサポでは日本政策金融公庫で融資を受ける為の重要ポイントである面接対策など、審査に向けてのサポートを手厚く行ってくれます。

日本政策金融公庫との面談では『創業動機・事業リスク』など様々な事柄に対して質問が行われます。

ですが聞かれることは決まっているわけではなく、ネットで調べた情報だけで面談を受けるのは非常に危険です。

なぜなら予想外の質問が来たことでテンパってしまい、印象を悪くすることになりかねないからです。

ユウシサポには過去の面接のデータもしっかりと揃っており、聞かれやすい質問に対する最適な解答へのアドバイスを受けられるだけでなく、受け答えに使える様々なテクニックも授けて貰えます。

実際に面談を受けてみないと何が聞かれるかはわからず、完璧な受け答えを準備しておくことは不可能です。

ですが手厚いサポートが好評のこの場所で本番を想定した面接対策を行ってもらいテクニックをマスターしておけば、どんな質問にも対応し審査をクリアすることが可能となります。

ユウシサポは全国対応

中小企業の経営者などは資金不足により事業融資を受けたいけど会社が地方にあるので難しいというケースも少なくありません。

資金不足が解消されないと進めたい事業も進められなくなるので経営状態にも影響してくる可能性もあります。

しかしユウシサポを利用すれば問題ありません。

ユウシサポのホームページには問合せフォームがあるので必要項目を入力して送信すると無料相談を受ける事が出来ます。

全国対応となっているので会社が地方にある場合でも融資を受ける事が可能です。

事前相談がどこでもできる

ユウシサポは日本政策金融公庫からの融資を受けるためのサポートサービスを行っています。

知識のあまり無い一般の方が手続きを行った場合の審査通過は20%程度ですが、このサービスを活用すれば通過率は90%以上に跳ね上がります。

事前相談は公式サイトにある『問い合わせフォーム』から24時間365日行うことができます。

年間の相談件数は600件以上になり、国の『認定支援機関』であることからも安心して利用することができますよ。

日本政策金融公庫からの借り入れは民間のローン会社と比べても限度額が高く金利も低いという大きなメリットがあります。

手続きの面倒さや審査通過の難しさが政策金融公庫の難点と言われていますが、それもユウシサポのサービスを使うことですべて解決することができます。

まずは問い合わせフォームから連絡をしてみてください。

ユウシサポのスピードや申し込みの流れは?

政策金融公庫をスピーディに使える?

ユウシサポは政策金融公庫をスピーディに使うのに役立つ、『手続きの手間と融資までの期間を減らしてくれる』サイトです。

このサイトを利用すれば、貸し付けまでにかかる期間は平均で1ヶ月から1ヶ月半です。

日本政策金融公庫に直接応募した場合にかかる期間は2ヶ月から2ヶ月半と言われていますから、貸し付けまでのスピードの違いはとても大きく素早く貸し付けが受けられる可能性は大です。

この差を産み出しているのが、手続きの手間を減らしてくれる手厚いフォローです。

専門的な知識が無いと難しい資料作成も、このサイトではフローが構築されており順を追って進めて行けば問題なしです。

記載例もちゃんと準備されているので、それを見ながら順序良く作業を進めていけますので初利用であっても戸惑うこともありません。

手数料や費用はいくら?

ユウシサポを利用するのに必要なのは申込みを行い契約が締結した後の着手金『5万円』と、貸し付けを受けられることが決定した後の『成功報酬5%』のみです。

申込みを行った企業様の事業レビューなど審査書類の作成を代行して行ってくれるなど、便利なサービスが受けられるのに非常に負担は少ないというコストパフォーマンスの高さがこのサイトの魅力です。

さらに面談のサポートまで行ってくれますので、多くの方が不安を感じる面接に対する対策もしっかり行えます。

審査通過率を90%以上まで上げることができるのも、この書類作成と面接対策があるからこそです。

資金繰り改善の為に融資を受けたいと思っていても、審査に通れなくてはそれも叶いません。また審査に通過できても多額の費用が必要では容易に申込めません。

ですが、このサイトならば『着手金5万円と成功報酬5%』で利用できるので安心です。

実際にユウシサポへ申し込みの流れは?

  1. ユウシサポへ申し込み
  2. お問い合わせフォーム(24時間受付)、または無料電話相談(平日10:00~18:00)から申込ができます。

  3. ヒアリング
  4. 電話で事業内容や御社の状況等について聞き取り調査がなされます。

  5. 契約締結
  6. ユウシサポの審査に通れば契約となります。ここで着手金5万円を支払います。

  7. 必要な書類を揃える・事業計画書の作成
  8. ユウシサポと契約した後は公認会計士や税理士のサポートを受けながら必要書類の作成を行います。

  9. 面談のロールプレイング対策
  10. 面談の対策を実施と続いていきます。 実際に求められる質問や回答に対しての練習を行います。

  11. 申込の書類を日本政策金融公庫へ提出
  12. 完璧な書類作成と面談への準備が完了すれば書類の提出を行い、いよいよ審査へと進みます。

  13. 書類の審査
  14. 面談
  15. 審査結果の連絡
  16. 審査を無事に通過することができれば、めでたく融資を受けることができる様になります。
    成功報酬の5%を支払います。

ユウシサポの申し込み手順は以上となります。

まずはWEB、または電話からの『無料相談』の申込みを行いましょう。

申し込みから審査、融資まで、税理士法人小山ミカタ・パートナーズの公認会計士・税理士が細やかに支援してくれるため、安心してご利用いただけます。

借入申込書や事業計画書等は正確に

日本政策金融公庫から事業融資を受ける時は借入申込書や事業計画書などを正確に記入して提出しなければいけません。

少しでも不備があると審査に影響してしまう事も多いです。

しかしユウシサポを利用すればしっかりサポートしてくれるので問題ありません。

審査書類の作成を経験豊富な公認会計士や税理士が対応してくれるため、不備がないように正確に記入して提出する事が出来安心です。

支払い利息に違いがでる?

低金利の日本公庫ですがユウシサポを利用することでさらに金利引き下げが行われ、よりお得に融資を受けられる様になります。

民間業者の金利は3.0%から18.0%程度、日本政策金融公庫の金利は2.26%程度となっており金利を比べてるだけでも大きな差になることが多々あります。

もし金利10%と金利2.26%で1,000万円の借りたとすれば1日あたりの利息は約2,740円と約620円となり、どっちがお得かを検証することも容易です。

これだけでも充分にメリットがあるのですが、この場所を通して日本公庫から融資を受けることでさらに0.15%の金利引き下げが行われ、お得度はもっとアップすることになります。

借入先を悩まれているのであれば、利息を少なく出来る場所を選ぶべきです。

金利を比べて支払うことになる利息を検証し「どっちがお得?」と考えてみれば、最終的に選ぶべきは『ユウシサポを利用して日本公庫に申し込む』という選択肢になるはずですよ。

ロールプレイング対策ができる

「面談が不安」ならば、ユウシサポへ申し込み専門知識を持つ公認会計士などのスタッフからの『ロールプレイング対策』を受け準備しておけば安心です。

専門知識が無いと完璧に作成することが難しい書類作成のサポートを行うだけでなく、本番を想定して行われるロールプレイング形式での面接対策を受けることができます。

蓄積されているデータから本番で想定される質問への受け答えの仕方をしかりと教えてもらえますので、準備万端で本番に望むことができるようになります。

書類作成と面談対策という万全のサポートのおかげで、直接利用する場合には20%程度しか通過することができないという融資を受けるための審査を、『90%以上』という大変高い通過率まで引き上げることが可能となるのです。

これだけのサポートが受けられるとなると逆に費用面で不安を感じてしまうかも知れませんが、『着手金5万円+成功報酬5%』となっていますので少ない負担で利用することができます。

国の認定支援機関だから安心

国の認定支援機関であるユウシサポならば、安心して申込みを行っていただき任せることができます。

インターネットから24時間365日申込みを受け付けており、手続きも短時間で済むのもこの場所の魅力なのですが、『信頼できる場所』でなくては手続きを行うべきではありません。

ですが、年間相談件数が600件を超え、経済産業省から経営革新等支援機関として認められている『税理士法人小山・ミカタパートナーズ』が運営しているこのサイトなら何も心配する必要はありません。

日本政策金融公庫からの融資を受けたいとお思いなら、多くの中小企業・個人事業主が利用しているここに、まずはインターネットから無料相談を行ってみてください。

利用した事業者からの声

利用した事業者からの声

利用した事業者の多くは日本政策金融公庫からの融資を受けることに成功しており、ネット上で見つかる体験談や口コミなど『ユーザーの声』には喜びの声がたくさん溢れています!

体験談で最も多く見つかるのは「審査通過は難しいと言われていたのに見事に受けられた!」という口コミです。

実際、直接応募では8割近い事業者が審査落ちしてしまっています。ですが、この場所のサポートを受ければ審査落ちする確率は1割以下となります。

「なんとか融資を受けたい!」とお思いならサポートを受けるのが得策ですね。

また『スピード』も非常に好評です。

普通なら2ヶ月前後かかってしまう期間が、平均で1ヶ月ほどにまで縮めることが可能です。

中には面談から一週間とかからず審査通過の連絡を受けた事業者も存在します。

そして、重要な金利についてですが、通常よりも0.15%引き下げられるので、「返済がさらに楽になった!」というユーザーの声も多数です。

審査通過の確率を上げる為に利用した結果、他にも多くのメリットを得ることができてしまうのが『ユウシサポ』の凄さです。

ユウシサポの利用を断られるのはどんなとき?

ユウシサポの利用を断られる

要件を満たしていない

日本政策金融公庫の新創業融資制度を利用する場合以下のような要件を満たす必要があります。

そのため、ユウシサポを利用する場合にもはじめにチェックされ、要件を満たしていないときは利用を断られますので注意が必要です。

・事業開始後、税務申告を2期終えている方が対象

・創業資金総額の10分の1以上の自己資金の用意が必要

税金滞納中

日本政策金融公庫の新創業融資制度の審査では納税状況がチェックされます。

そのため、税金を滞納している場合は基本的に融資を受けることができませんので、ユウシサポの利用を断れる可能性があります。

税金の納付期限が過ぎた場合や、税務署の指導に従わずに税金の支払いが延滞している場合、前回税金を支払っていなかった場合などは、融資が受けられなくなることもあります。

ユウシサポでよくある質問を紹介

中小企業でも利用可能?

利用可能エリアが広いユウシサポならば多くの中小企業・小規模事業者が登録し利用することができて、日本政策金融公庫への申請書類の作成や面談対策などのサポートが受けられます。

申込みなどを含めて、WEBからの相談であれば365日24時間いつでも問い合わせ可能です。

スマホからでもパソコンからでもできるので、ネット環境さえあれば全国どこからでも手軽に連絡をとっていただくことができます。

問い合わせに関する詳細なヒアリングは無料電話相談で行われ、自宅・職場から出掛けること無く細かな点まで相談・質問できて大変便利です。

利用可能エリアが広いだけでなく、問い合わせや電話相談の予約なども手軽に行えるこの場所は、日本政策金融公庫への借入の申請や登録に対する手間を大きく減らしてくれます。

この場所は自力で申込んだ場合は20%程度しか無い審査通過率を90%以上まで上げてくれる、融資が受けられる確率を格段にアップさせてくれて頼りになる場所です。

さらに国の認定支援期間ですので、中小企業でも安心してご利用していただけます。

地方から利用できる?

ユウシサポは日本政策金融公庫を使いたいという地方企業や地場産業なども積極的に支援しています。

東京にある業者さんの事務所まで行くのが難しいとしても利用は十分可能ですし、公庫利用のための面接サポートを受ける事もできます。

例えば、契約にあたっては通常は体面形式で行われますが、必要に応じて郵送やスカイプや電話などを使って行う事もできます。

また、面接対策もスカイプを通して臨場感のある形で支援してくれますので、地方企業や地場産業などの方でもここを活用する事には多くのメリットがあるでしょう。

実際、口コミを見てもそうした形で公庫融資を取り付けた社長さんや経営者の方の喜びの声が多くあります。

どこに住んでいても全国対応のユウシサポからサポートを受けることができますので、フルタイム対応しているオンラインから申し込むことをお勧めします。

業歴が浅くてもOK?

ユウシサポでは創業1年など業歴が浅い企業や法人の方でも申込むことが可能です。

また一定の業種に限らず多くの方が利用可能なのが日本政策金融公庫の良さでもあるので、多業種の方がユウシサポを通じて低金利での事業融資を受けることができます。

卸売業や飲食業、コンサルティング業などの経営者の方の利用も多く報告されており、設備投資や仕入れ資金、また手元のキャッシュを充実させるなど多くの目的での利用も見られています。

こうした点から分かるのは、多くの事例に対応してきた実績が既にあり信頼して任せることができるという点です。

創業1年目でも融資を受けられる?

ユウシサポに関する口コミ投稿で分かることは、創業1年目でも日本政策金融公庫から貸し付けを受けられる点です。

公認会計士や税理士が申請に必要な書類作成をサポートしてくれるため、書類に不備があり貸し付けが受けられないといった問題を解決してくれます。

また、業種を問わずにサポートしてくれ、創業計画書や事業計画書、事業概要の説明も業種に合ったアドバイスを行ってくれます。

また、手続きの着手から貸し付けが受けられるまでのスピーディーさも高く評価されています。

ユウシサポを利用するデメリット

ユウシサポのデメリット

料金がかかる

ユウシサポを利用する場合、コスト負担があるデメリットがあります。

最初に5万円の着手金、さらに融資が承認されると、融資金額の5%を成功報酬として支払う必要があります。

これらの費用は融資金額に応じて高額になる可能性があります。

一方で、日本政策金融公庫の手続きを自分でする場合は料金不要です。

したがって、ユウシサポサービスを活用する場合は費用面も確認してください。

日本政策金融公庫の審査に通らない可能性もある

ユウシサポを利用する上で考慮すべきデメリットに、ユウシサポを利用しても日本政策金融公庫の審査をクリアすることができない可能性がある点があります。

審査通過率が90%とされていますが、それでも審査プロセスは厳正に行われるため、必ずしも全員が融資承認を受けられるわけではありません。

日本政策金融公庫で事業資金を調達するメリットは?

ユウシサポは経営革新など支援機関として経済産業省から正規の認定を受けており、信頼して申込みを行うことができるサービスです。

この会社を使えば日本政策金融公庫をお得な形で利用できるという点についてはこれまでも考えてみた通りです。

ここでは公庫のメリットについて考えてみましょう。

低利で利用できるのでリスクが低い

一番のメリットは何といっても低利で利用できるのでローリスクで済むという点です。

財務省主管の特殊会社ですので信頼性や安全性については言うまでもありませんよね。

ですから、ローリスクという点では一番の場所と言えるでしょう。

また、銀行やビジネスローンなどの通常使う金融機関での審査に通らなかった場合でも状況によっては公庫利用なら可能なケースも報告されています。

そのため、正規の融資先として活用を考えてみるのも良いでしょう。

信用力アップにつながる

『日本政策金融公庫で審査が通った』というのは、その会社にとって一つの信用力アップにもつながります。

ですから公庫利用を経て銀行取引がさらに活発になるというケースも報告されており、会社にとってはいいことづくめなのが政策金融公庫の活用なんです。

日本政策金融公庫で事業資金を調達するデメリットは?

そんな便利な公庫も一つだけデメリットがあるとすれば時間がかかることでした。

しかし、そのデメリットもユウシサポを使う事で解決することができますので、会社経営費がひっ迫した状況ならWEBから相談してみてください。

そもそも日本政策金融公庫とは?

日本政策金融公庫とは、国民生活金融公庫・中小企業金融公庫・農林漁業金融公庫・国際協力銀行(国際金融など業務部分)など数多くあった公的金融機関をスリム化する為に統廃合し、2008年10月に誕生した公的金融機関です。

個人・中小企業・農林水産業者などへの貸付を政府資金を源泉として行っています。

様々な種類の制度を用意しており、新創業融資制度もそういった制度の一つです。

新創業融資制度は個人申請通過率10~20%程度と低い水準になっていますが、ユウシサポを活用すれば審査通過率90%以上となります。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・資金調達の専門家

22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローン、ファクタリングを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家
22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。こちらのメールで気楽にご連絡ください。



【即日融資】今日中にお金を借りるなら?消費者金融で借入する方法!

※本ページはプロモーションが含まれています。
お金のイロハでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

※ プロミスの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類や収入証明書類等を提出される場合は、個人番号(マイナンバー)が記されている箇所が見えないように加工してから提出して下さい。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。30日間無利息サービスはアコムでの契約が初めての方が対象です。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。