法人口座開設で審査落ちする理由と対策方法を徹底解説!

法人口座開設で審査落ちする理由と対策方法を徹底解説!
当ページには広告が含まれています

お金のイロハは、アフィリエイトプログラムを利用し、複数の企業から広告を受けることがありますが、コンテンツ内容やランキングの評価には一切関与しておらず、そのような影響を受けることはありません。

法人口座を開設するには審査が必要ですが、審査に通らない場合は、通らなかった原因によって対策方法が異なります。

そこで今回は、法人口座審査に落ちる理由と、その対処方法を詳しく解説します。

また、どのような点に注意すれば審査に通過できるかや具体的な対策方法もご紹介します。

法人口座開設で審査落ちする理由は?

審査落ちした法人

提出書類に誤りがある、不備がある

法人口座開設をするには、正確に書類を提出することが重要です。

書類に誤りや不備がある場合は、審査通過が難しくなってしまうこともあります。

例えば、提出した書類の内容と登記簿に記載されている内容に食い違いがある場合などです。

同様に、入力ミスも気をつけなければいけません。

また、会社を移転して登記内容を変更していない場合でも、提出書類と事業状況に不一致があるとみなされて、審査に影響する可能性があります。

そのため、事前に提出書類と事業状況が一致していることを確認する必要があります。

さらに、申込時に記載される事業内容や、法人としての事業実態を示す取引履歴に関する書類等に明らかな不備がある場合、審査に悪影響を及ぼすことがあります。

特に、事業内容が不明確な場合は、口座開設の利用目的が不透明だと受け止められることから、審査通過率が低下する可能性があります。

取引履歴についても、事業や詳細な取扱商品について分かる的確な書類を提出することで審査に有利に働くことが期待できます。

このように、提出書類に不備がある場合は審査通過率が低下する可能性があるため、書類の内容をしっかりと確認することが大切です。

事業の内容や取引履歴を明確にすることで、審査に有利な状況を作ることができます。

資本金が極端に少ない、十分でない

法人口座開設の審査では、資本金が極端に少ない場合は審査で不利に働く場合があります。

この資本金というのは企業規模や安定度を示す重要な指標のひとつで、100万円以上を目安にすることが一般的です。

資本金が少なすぎる場合、企業の信用度が低く見積もられ、ダミー会社と判断される可能性もあります。

日本の法律上、企業設立時に必要な資本金は1円からでも大丈夫ですが、資本金が極端に少ない場合、信用力が低く判断され、口座開設の審査に影響を与える可能性があります。

そのため、例えばGMOあおぞらネット銀行でも最低100万円以上の資本金を推奨しています。

また、資本金が少なくても、事業内容や将来的なビジョンが明確であれば、審査に通過する可能性はあります。

自社の事業計画や資金の使途について説明し、将来的な収益見通しをアピールすることが大切です。

しかし、資本金が多いといっても、それだけで信用が得られるわけではありません。

資本金の他にも、財務状況や事業計画、経営者の信用情報など、多くの要素が審査に関わるため、しっかりと準備をすることが大切です。

代表者の信用情報や属性に問題がある

法人口座開設の審査では、代表者の信用情報も重要になります。

過去に任意整理や破産履歴を持っていた場合、審査落ちする可能性があります。

任意整理や支払いの長期延期は5年、自己破産などは最長10年、というように金融事故記録は期間を空けることで解消することが可能ですが、審査に全く影響しなくなるとは言いきれません。

また、口座の開設は反社会的勢力との繋がりがあると判断された場合、審査に落ちてしまいます。

このようなトラブルを回避するには、取引先の信頼性や背景についてもチェックし、適切な取引相手を選ぶことも大切です。

口座開設の利用目的が不明確

法人口座を開設する場合、明確な目的を持つことが大切です。

法人口座は事業をする上では必要不可欠であり、口座開設の目的が曖昧だと、銀行側からその企業の信頼性が問われることがあります。

銀行口座を開設する理由には、取引先との支払い管理や海外送金、従業員に対する支払いなどが挙げられます。

口座開設の審査においては、開設目的が不自然で説明が不十分だと、不利になる可能性がありますので、目的を明確化して十分な説明を行うことが非常に重要です。

ホームページや固定電話を設置していない

法人口座開設の審査では、ホームページや固定電話を持っていない場合は不利になる可能性があります。

企業にとってホームページや固定電話は重要なビジネスツールであり、世間からの信頼性を高めるためには大切です。

企業にホームページや固定電話がない場合、その企業が実在しているか疑われたり、ペーパーカンパニーである可能性があると見られることもあります。

加えて、物流業や建設業などのように現場で連絡を取り合うのが重要な業界では、固定電話が必需品となっています。

ホームページや固定電話があることで、企業は信頼性の高い印象を与えることができます。

ホームページや固定電話を設置し、そのことを書類に記載することで、企業の存在や信頼性を証明することができます。

法人口座開設の審査に通るための対策方法!

対策を考える

提出書類に不備がないようにする

法人口座を開設する際に重要なポイントは、必要書類に不備が無いように注意することです。

代表者の身分証明書や事業内容確認書類などが必要になります。

これらの書類に正確な情報が記載されているか事前に確認しておきましょう。

提出前に内容をチェックせず、内容に誤りがあった場合、審査通過率が低下する恐れがあります。

また、用意するだけでなく、提出する書類の順序や形式にも気を付ける必要があります。

提出先で求められる書類の種別やフォーマットが異なるケースもあるため、事前に確認しておくことが必要です。

確実に書類の不備を避けるためには、提出前にチェック作業を行い、必要な書類がすべて揃っているか確認することが重要です。

事業の内容を明確に示す

法人口座を開設する場合、重要なポイントは事業内容の明確に示すことです。

審査では、申請者の業種や事業内容がチェックされます。

明確な事業内容を提示することで、取引先や取引内容を判断しやすくなり、口座開設の審査通過率を高めることができるでしょう。

複数の事業を展開している場合は、主力事業をはっきりさせることも大切です。

商品やサービスの内容を詳細に記載することで、審査担当者が理解しやすくなります。

事業内容を明確に伝えるためには、わかりやすい事業計画書やウェブサイト、パンフレットなどを提出して下さい。

具体的かつ分かりやすく説明することも重要です。

ある程度の資本金を準備する

法人口座開設の重要なポイントの一つは、会社設立時に適切な資本金を用意することです。

通常、資本金1円からでも会社を設立できますが、口座開設を優位に進めるためには一般的に少なくとも100万円の資本金が必要と言われています。

資本金が不十分だと、会社の信頼性や安定性に疑念を抱かれる場合があるため、口座開設の審査に影響を及ぼす可能性があります。

会社の規模や事業内容に応じて、資本金を適切に用意することが重要です。

さらに、資本金が多いほど会社の信頼性が高まるとされますが、資本金額だけで審査を通過することはできません。

将来性や事業計画なども審査されます。

会社の将来性と信用力を高めるためには、適切なビジネスプランを策定し、それに基づいて事業展開をしていくことが必要です。

事業拠点を明確にする

法人口座を開設する際は、事業場所の明確化が大切です。

事業場所を証明する書類として、契約書や賃貸借契約書、固定資産税納税証明書などが必要となる場合もあります。

これらの書類が不備だと、法人口座の開設が困難になることも考えられます。

事業所は、会社の所在地だけでなく、ビジネスを展開する場所としても重要な役割を果たします。

明確な事業所は、企業活動全般において信頼性を高めるだけでなく、法人口座の開設にも繋がります。

事業の内容や目的が明確に分かる資料を準備する

法人口座を開設する際は、会社の事業内容が明確に分かる資料を用意しましょう。

口座開設に際しては、会社の業種、事業内容や従業員数などが確認されます。

したがって、法人口座を開設する場合には、会社情報が明記されたウェブサイトや資料などを提出する必要があります。

会社の概要、事業内容、業績などの情報が分かるということは事業実態があり、法人口座の審査において信頼性を高める効果があります。

法人口座開設や新規の契約交渉においても、ウェブサイトや企業資料など事業目的が理解できる材料を準備することは有用です。

許可証や認可証等の書類を準備する

法人口座を開設する場合、業種や事業内容によっては、許認可書類の提出が求められることがあります。

提出物に許認可証が含まれる場合は、許認可証のほかに証明書や届出書も必要となることがあります。

有効期限内であることや、提出する許認可証が口座開設に必要なものであるかを確認してください。

必要な許認可証書類を準備するために、事前に確認することが重要です。

また、ホームページや社内資料等の必要書類も提出して企業情報と事業内容を明確にすれば、審査通過率を高めることができます。

請求書や発注書等と一緒に入出金状況が確認できる口座明細を提出する

口座明細書は入出金履歴を記録する書類で、事業の活動状況を証明するために重要な役割を果たしています。

請求書や発注書、納品書などの取引履歴とともに、口座明細書は銀行口座を通じて実際に取引が行われていることを証明します。

そのため、口座明細書は必要書類の一つとして扱われます。

正確な審査には頻繁な取引やその金額も関係しており、口座明細書を定期的に取得する必要があります。

ただし、取引履歴が少ない場合は審査に影響する可能性もあるため、活発的な事業活動を行う必要があります。

口座明細書は、銀行ATMやネットバンキングで入手できます。

ただし、一部の銀行ではこの手続きに手数料がかかる場合があるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

法人口座開設の審査がゆるい銀行ってあるの?

法人口座の開設は、大手銀行よりも地方銀行やネット銀行の方が審査がゆるく、口座開設が容易な場合があります。

特に、ネット銀行は設立初期でも法人口座開設が可能であり、オンラインで手続きが完了することも多く、来店不要であることから便利な選択肢となっています。

一方でメガバンクでは一定基準を設けており、設立初期や業績不振の法人は審査に通らない可能性があります。

特に固定電話を所有していなかったり、オフィスが賃貸契約である場合などは審査がさらに慎重になります。

地方銀行は主に地元企業向けのサービスを提供しており、審査基準もやや緩い傾向があります。

また、顧客との距離感が近く、顧客との信頼関係を重視しているため、口座開設後も適切なサポートを提供しています。

法人口座開設がしやすいGMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行のホームページ

GMOあおぞらネット銀行は、創業初期でも利用できることからメガバンクと比べて法人口座開設の審査がゆるいといわれており、多くの中小企業から支持されています。

そのため、口座を開設しやすい銀行として、多くの経営者におすすめできる銀行です。

実際に、GMOあおぞらネット銀行で口座を開設することで、利用者には口座維持手数料無料や振込手数料の安さなど、非常に魅力のあるサービスが提供されます。

また、口座を開設する際には、審査に通るため必要な条件をしっかり把握することが重要です。

さらに、口座開設を希望する企業に合わせて様々なサポートを用意しています。

GMOあおぞらネット銀行は、口座開設の審査が比較的緩く、規模の小さい企業でも法人口座を開設できる銀行です。

手頃なサービスが受けられることや、丁寧なサポートを提供していることから、多くの経営者から支持を集めています。

銀行法人カードで

今なら最大1.5%キャッシュバック

最短即日全国対応来店不要
維持費0WEB完結法人

スピード最短即日

口座維持手数料 無料

振込手数料当行宛:無料 他行宛:一律145円

GMOあおぞらネット銀行の法人口座開設は、ネット完結で手続きができ、最短即日で完了するスピードとなっています。

他行と比較しても振込手数料が安く、年会費や維持費がゼロ円のビジネスデビットカードが発行可能な点がメリットです。

スピード 条件を満たせば最短即日
申込~開設まで ネット完結
口座維持手数料 無料
振込手数料 当行宛:無料
他行宛:一律145円


監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・資金調達の専門家

22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローン、ファクタリングを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家
22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。こちらのメールで気楽にご連絡ください。



【即日融資】今日中にお金を借りるなら?消費者金融で借入する方法!

※本ページはプロモーションが含まれています。
お金のイロハでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

※ プロミスの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。最短15秒事前審査:事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類や収入証明書類等を提出される場合は、個人番号(マイナンバー)が記されている箇所が見えないように加工してから提出して下さい。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。30日間無利息サービスはアコムでの契約が初めての方が対象です。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。