【印鑑不要】準備時間が短いキャッシング|急いで書類が少ない所で!

【印鑑不要】準備時間が短いキャッシング|急いで書類が少ない所で!
当ページには広告が含まれています

お金のイロハは、アフィリエイトプログラムを利用し、複数の企業から広告を受けることがありますが、コンテンツ内容やランキングの評価には一切関与しておらず、そのような影響を受けることはありません。

印鑑不要のキャッシングで即日融資!

キャッシングで即日融資を受ける場合、金額によっては収入証明を提出する必要はありませんし、ネットからの申し込みであれば印鑑も必要ありません。

収入証明は消費者金融の場合は貸金業法で一社から50万円以上などの条件が定められていますし、銀行も同等の規制を敷くことが多いのですが逆に言えばそれ以下であれば必要ないということになります。

印鑑については近年増えているネットからの申込をうまく使えば、実際の書類のやり取りをなしで契約することが可能です。

印鑑を押す必要がない!

印鑑不要であることで、手間と時間を省くことが可能です。印鑑の用意や手続きに時間がかかる場合がありますが、印鑑不要のキャッシング会社ならその手間を省くことができます。

身分証明書があれば大丈夫!

書類のセットアップもスピーディで迅速です。身分証明書さえあれば、スピーディにキャッシングを申し込むことができます。通常、お金を借りる際には、給与の確認や勤務先の証明、少数派ではありますが保証人が必要になることもあります。しかし、必要な書類が少ないローンを利用することで、時間を節約し、よりスムーズに手続きを進めることができます。

キャッシングの審査はスピーディ!

キャッシングの審査はスピーディで、滞りなく融資を受けることができます。急ぎの場合は、効率的な審査でスピーディーに融資を受けられるのは魅力的です。印鑑が不要で、必要最低限の書類で済むキャッシングは、審査も早く、即日融資も可能です。

予期せぬ出費でお金が必要になったとき、キャッシングは現実的な選択肢になります。しかし、書類の作成や準備には時間がかかり、急いでいるときには気が引けてしまうものです。そこで、印鑑不要、準備期間短縮のキャッシングをご提案します。

印鑑不要で行えるメリットは?

1.印鑑不要でネットで完結

キャッシングでは申し込みに必要な書類が少なくなっており、ネットやスマホで契約を完結できるようになっています。必要となる身分証明などのはスマホのカメラで写したデータを送信するだけです。

 
2.提出するものが少ないから早い

スマホで完結できる大手キャッシングであれば最短30分で審査が完了します。印鑑不要なだけでなく担保や保証人も不要ですから、以前と比べると申し込み自体にかかる時間が少なくなりました。

 
3.以前よりもお得さはアップ

キャッシングは申し込みがスムーズになったというだけでなく、以前よりも利用しやすくお得になりました。利率が引き下げられたことや、無利息サービスができたことが大きな要因です。また手数料無料の振込サービスも大手で普及してきています。

急な出費の場合、銀行カードローンなどは審査時間が長く不利になることがあります。しかし印鑑不要の有名なキャッシングなら、手続きもスピーディ、融資も早いので、急な出費にも対応できます。お金に困ったときの解決策のひとつとして、検討してみてはいかがでしょうか。

インターネットで契約手続きをする

インターネットで消費者金融にキャッシングの申し込みをする際に当たり、「印鑑」を不要で契約することが可能な消費者金融は多いです。

印鑑が必要な会社もありますが、金融会社申し込み時に必要であるか否かは公式ホームページの規約を確認すればすぐにわかります。

印鑑の存在が身内に消費者金融を利用したことがばれてしまう事に繋がるのであれば、インターネットによる簡素な手続き書類そして印鑑不要に対応しているネット申し込みがおすすめです。

書類はアップロード!

 印鑑不要でキャッシングを利用したい時にはインターネットで申し込むのが早くて便利です。必要となる書類は少額の利用であれば基本的には免許証などの身分や住所を証明できるものです。そうした書類は指定されたURLにアップロードするだけですので、スマホなどのカメラで画像化しておきましょう。準備時間は短くて済むので審査結果を待つ間に用意できるはずです。

シャチハタどころか押印もいらない状況とは?

ある書類にシャチハタを用いれば、通用しないこととなります。

不動産登記や離婚届、裁判官系の公的な書類では、シャチハタを使用していれば不受理(却下)となるために、使用そのものが不可能です。

ただ、民間に係る契約書であれば、シャチハタであるか実印及び認印であるかをもって契約そのものを左右するものではありません。

契約そのものは、シャチハタどころか押印そのものすらなくとも、当事者同士が合意に至っていたのであれば、それは成立することとなるのです。

成立するにしても、その合意自体が争われる、あるいは押印した事実自体が争われることとなった場合には、合意していたものか否かが争われることとなります。

そうした意味で、民間に係る手続であろうとも、実印及び認印を用いることを要するのです。

プロミスやアコムも印鑑不要

プロミスやアコムでキャッシングの申し込みをインターネットで行う場合には印鑑を使用することなく行えます。

プロミスやアコムでは申し込みからキャッシングまでをすべてWEB上で行う事が可能であり、銀行やその他消費者金融機関を利用した際での実際の書類や署名を求められる事はありません。

印鑑を押すことに不安を持つ人や、印鑑を家族全体で所有しており個人的に持ち込み使用できないといったさまざまな理由を抱える人にネット申し込みは有効となります。

大手なら大丈夫!

 プロミスやアコムなどの大手キャッシングなら印鑑不要で契約を行うことができます。ですから準備時間の短さで選ぶならこうした大手がおすすめです。書類として提出すべきものは、借りる金額や他社の利用状況などによって異なるので申し込み後にオペレーターの方にしっかりと確認しておくことが大切です。

SMBCモビットやアイフルも不要?

昔であれば、消費者金融でのキャッシングの際には、はんこが必要でした。審査のみならず、受付段階から不可能であったようですね。

しかし、近年ではSMBCモビットやアイフルでは不要となっているのです。

銀行振込によるキャッシングを選択した場合であっても、はんこを押印したり、印鑑証明書を提出しなければならないようなことはありません。

アイフルでは、はんこを押印する必要はないのです。

SMBCモビットでは、キャッシングの際には、はんこは不要なのですが、返済の際に口座振替を選択する場合には、必要となることに注意しておきましょう。

しかし、それ以外の返済方法を選択する際には、不要であるので安心ですね。

銀行もナシ!

 印鑑不要で契約できるのは銀行のカードローンも同じです。ですから書類提出などの準備時間の少なさでは大手各社でそれほどの違いはありません。しかし銀行と消費者金融では審査の時間に違いが生じる事も多くあります。『最短即日』という宣伝文句だけでは分からない面もありますので、口コミなども参考にしてみてください。

バレることはありません

印鑑不要で消費者金融からのキャッシングを行えるのは一部のネット申し込みサービスや「自動契約機」による申し込みのみとなっており、自宅に確認書類やカードが送られてくる事を嫌うのであれば自動契約機からの申し込みが適しています。

自動契約機を利用すれば申し込み手続きからカードの発行をその場所で操作を行うだけですべてが完了し、誰にも利用をバレることはありません。

知られずにキャッシングしたい時は?

親兄弟などの身内に知られずにキャッシングしたいという人は少なくないことでしょう。

キャッシングをしていることをバレないコツとは、インターネットで申込みをすることです。

これにより、身内に知れないまま借入が可能となります。インターネットで完結させることも可能であるために、当然に銀行印や認印などを書類に押印する必要がないのです。

そして、契約や振込に際しての銀行印や認印も必要性がないために、よほどの事情がない限り身内に知られることはないといえるでしょう。

バレないためにはネットから

 印鑑不要で保証人や担保もいらないキャッシングは親バレしない利用ができるため人気となっています。親バレや同僚バレを防ぐためにはネットで手続きを進めることも大切です。申込から契約までの手続きに加えて振り込みなどもスマホでできるプロミスは特にこうしたサービスの面で優秀ですので、内緒で利用したい方にはおすすめです。

運転免許証かパスポートで借りれるの?

通常の契約の際には、押印された印鑑がその本人のものであることを証して然るべきものであることを確認する意図のもとで、印鑑登録証明書が必要となってきます。

しかし、キャッシングでは不要となっています。運転免許証、マイナンバーカード等の本人確認ができる書類さえあれば、審査が可能であるキャッシング業者が大部分を占めています。

そして、申し込む人の大部分についても運転免許証かマイナンバーカード等を用いて本人確認としているようですが、印鑑登録証明書については提出する必要性はないのです。

50万円以下なら印鑑不要?

収入証明については貸金業法にて「一社から50万円以上、複数社から合わせて100万円以上」のキャッシングを行っている場合必要、ということになっています。

銀行の場合は貸金業法に当てはまりませんが、現在は概ねこの貸金業法の規制に合わせている銀行が多いです。

そのため消費者金融や銀行などの多くの会社では50万円以下のキャッシングはネット申込を設定し、ネット上で契約を結ぶことで印鑑も収入証明も不要な所が多いです。

顔写真がない本人確認書類は?

本人確認書類には、運転免許証が用いられることが通常ですが、健康保険証などの顔写真が掲載されていない本人確認書類の場合であれば、もう一点別の書類が必要になる場合が多くあります。

その根拠とは、2016年10月1日から犯罪収益移転防止法の改正により、顔写真の掲載がない身分証明書を本人確認書類として提出する際には、別の本人確認書類が必要となったためです。

しかし、運転免許証以外にも、パスポートやマイナンバーカードなどの顔写真が掲載されている本人確認書類であれば、それのみで大丈夫です。

給与明細や収入証明書は必要?

キャッシングの審査では、実印のみならず、給与明細や収入証明書、賞与明細書なども、審査には原則として不要です。

原則というのは、50万円以上の借入を希望する場合などには、必要となる場合があるということです。本人確認の取れる書類のみあれば申込ができます

収入証明書などを用意するには、とても時間がかかる場合が多いために、本人確認書類のみですと、スムーズなキャッシングが実現できることでしょう。

シャチハタは必要?

「印鑑や印鑑登録証明書などが不要なのはわかったけど、『シャチハタだけは用意して!』なんて言われないのかな?」なんて心配もされる方もごくたまにいらっしゃいます。

しかし、知られないように貸金業者でお金を借りる時でも通常であればシャチハタなども要らないのでその点もご安心ください。

そもそも貸金業者などで確かに印鑑や印鑑登録証明書などが必要です。など言われる所もあるかもしれませんが、そこでシャチハタで良いよ。なんて言われる事はほとんどないのです。

細かいことを説明しますと、そもそもシャチハタとは、商品名でありインク浸透型のハンコを指します。

そのため、商品名が異なったとしても、インク浸透型ハンコは届出印として捺印しようとした際、注意されます。

インク浸透型ハンコは、大量生産品であり、同じ印影ものが量産されること、そしてゴム製の印面のため、印影が押圧で変形したりゴムの劣化で印影が変わってしまい、同じハンコと識別ができなくなります。

そのため、認印(受取サインなど)として利用が出来るものの、実印や承認印として利用することが出来ません。

ですので、キャッシングをする時に印鑑などが必要になる事も場所によってはありますが、シャチハタを用意してください等は言われる事はほとんどないという事になります。

印鑑登録証明書について

大手消費者金融でお金を貸してもらう時は、大半は印鑑や印鑑登録証明書が不要になっているので、お急ぎの方には安心ができますが、印鑑登録証明書ってどんなものか知らない方もいらっしゃいますよね。

ですので、お金を貸してもらう話とあまり関係がない所ですが、雑学として書いていきたいと思います。

そもそも印鑑登録証明書とは、判子の代わりになる書類です。

なぜ印鑑登録証明書があるのかというと、実印の場合は、誰でも判子屋さんに行けば作れてしまいます。

100円ショップなどでも自分の名前があれば購入でるので、そうなると大事な書類作成をするときに偽者が判子を押す事も出来てしまうのです。

印鑑登録証明書は役所に行って手続きをするので、本人がその判子を本当に持っていますという証拠の書類になります。

常時お店に置いてあるような判子は役所では認めてくれません。

印鑑登録証明書に使う印鑑は判子屋で作ってもらえるので、どこにもない自分だけの判子を作れば証明書として使えます。

印鑑登録証明書は役所が認めた書類なので偽者が判子を押すことを防ぐ目的として使われます。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・資金調達の専門家

22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローン、ファクタリングを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家
22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。こちらのメールで気楽にご連絡ください。



【即日融資】今日中にお金を借りるなら?消費者金融で借入する方法!

※本ページはプロモーションが含まれています。
お金のイロハでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

※ プロミスの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類や収入証明書類等を提出される場合は、個人番号(マイナンバー)が記されている箇所が見えないように加工してから提出して下さい。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。30日間無利息サービスはアコムでの契約が初めての方が対象です。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。