公務員が消費者金融でお金を借りるには?職場にバレずに借りる方法

公務員が消費者金融でお金を借りるには?職場にバレずに借りる方法

公務員がお金を借りるときに注意するポイントは?

公務員が消費者金融を利用するときに職場にバレずに借りれるの?

消費者金融などのカードローンの審査では、「返済能力が十分にあるか?」が問われます。

その判断の重要ポイントとなるのが「安定した収入を得ているか?」であり、定期的で変動の少ない収入を得ていると高い評価を得ることができます。

また審査通過に関してだけであれば、収入の額の大きさはあまり重要ではありません。

これは収入が高くない場合、限度額を低く設定することで貸付側にとってのリスクを下げることが可能だからです。

そして公務員は景気によって収入が大きく変動することもなく、倒産のリスクもまずありません。

またボーナスに関しても年間2回がほぼ確実に支給され、解雇されるような状況にもなりにくい仕事です。

このように「安定した収入」という条件を高水準で満たすことができる公務員は、他の多くの職種や業界と比較して、消費者金融の審査に通りやすいのは間違いないのです。

この記事では、公務員の方が消費者金融を利用する時に気をつけるポイントや職場にバレずに借りれるカードローンについて解説していきたいと思います。

公務員が職場や家族にバレないように借りるには?

堅い職業の代表とも言われるのが教師や市町村の職員などの公務員ですので、職場や家族に知られたくないと言う思いは他の職業の方より強いのではないでしょうか。

最初にも書いたように、公務員の方なら一般的にカードローンの審査に通る確率が高いので、消費者金融よりも低金利な銀行カードローンがおすすめですが、「どうしても周囲に秘密にしたい」というときには、銀行カードローンより大手消費者金融で借りるほうが適しているといえます。

Check!

なぜかというと、知名度が高い消費者金融(プロミス・アコム・SMBCモビット・アイフルなど)ほど、誰に対してもしっかりとプライバシーを厳守してくれていますし、『職場への電話での連絡なし』、『配達される郵送物なし』、『担保や保証人もなし』など、バレないような配慮がなされています。

銀行カードローンではそのようにはいかず、在籍確認の電話は必須で銀行によっては郵送物が届けられてしまいます。

ここからは公務員の方がバレないようにお金を借りる方法などを丁寧に記載していきたいと思います。

バレない方法を理解しておくことで、消費者金融をより安全に利用できるようにもなりますので、気になる方はご覧ください。

バレる原因となること

1.在籍確認の電話が来る可能性がある(職場バレ)
2.無断滞納・遅延による督促の連絡(職場・家族バレ)
3.郵送物が自宅に届く(家族バレ)
4.住宅ローンに申し込んだタイミングでバレる可能性がある(家族バレ)

それぞれ解説していきたいと思います。

在籍確認の電話が来る可能性がある

公務員がお金を借りるときに気になるポイントとして「在籍確認で職場の同僚や上司にバレないか」ということがあると思います。

消費者金融の契約を行う前には、「在籍確認」が行われます。

在籍確認は申込時に入力した勤務先で本当に働いているのかを確認するのが目的であり、在籍が証明できなくては審査通過はまずできません。

たとえ源泉徴収票など収入を証明する書類を提出したとしても、現在働いているという証拠とはならず、在籍確認によって証明する必要があるのです。

この在籍確認は電話によって行われるのが一般的ですが、電話をかけてきた際には消費者金融会社の担当者個人名を名乗り、社名を名乗ることは原則ありません。

しかし電話に出た人物によっては、職場に直接個人名でかかってきた電話に対して、余計な勘ぐりをされてしまう危険は否定できません。

公務員の方に限ったことではありませんが、あらぬ疑いをかけられたことが余計なトラブルに繋がってしまうことはあり得ない話ではないのです。

【解決方法】在籍確認の電話が来ないようにするための方法

安定した職業と言われる公務員の方でも消費者金融に限ったことではなく、銀行カードローンで借入を希望する際にも「在籍確認」を避けることはできません。

しかし、消費者金融の「勤務先への電話」であれば、避けることが可能ですので、同僚に秘密にしたい公務員の方も安心できるのではないでしょうか。(銀行カードローンの場合、電話連絡が必須なことが多くなっています。)

Check!

勤務先に在籍している証明は必須ですが、電話による在籍確認自体は必須ではありません。

ですので勤務先に在籍していると認められるだけの条件が揃っていれば、職場への電話連絡をなしにすることができるのです。

全てではありませんが、一部の消費者金融では在籍確認の電話を行わず、指定の書類を提出していただくことによって勤務の実態を確認しています。

また原則的に電話による在籍確認を行っている消費者金融でも、事情を説明するなどすることで、書類による在籍確認に切り替えられる可能性があります。

郵送物 在籍確認 書類での在籍確認
プロミス なし

社名は出さずにスタッフの
個人名で確認します


(要相談)
アコム なし
(要相談)
SMBC
モビット
なし
(条件あり)
アイフル なし
楽天銀行
スーパーローン
あり ×
三井住友銀行
カードローン
なし 銀行名で連絡 ×

消費者金融会社指定の銀行口座
健康保険証
社員証
給与明細

公務員の方が電話による在籍確認を避けるためには、上記したような書類が必要になります。

どのような書類が必要になるかは申込先の消費者金融会社次第ですので、確認した上で準備を行ってください。

郵送物が自宅や官舎、寮に届く

アパートなどでの一人暮らしの場合は問題無いものの、家族がいる場合や官舎や寮で暮らしている公務員の場合は、郵送物が開封され契約がバレてしまうことや保管していた契約書類が見つかってバレるという可能性があります。

主に自宅に届けられるものとして、契約書やカード、明細書が考えられます。

そのため、公務員の方がキャッシング契約を行う際は、最低でも郵送物を発生させないことが家族バレを防ぐためには重要です。

【解決方法】郵送物が届くことを回避する方法

公務員の方が大手消費者金融でキャッシング契約を行う際、郵送物が自宅に届くことを回避するようにもできます。

Check!

公務員の方におすすめの一つであるプロミスなら書類の受取方法が選択でき、カードレス・郵送物なしのWEB完結契約なら書類送付は無くなります。

どうしてもカードが必要なら、ローンカードの受取を自動契約機での受け取りにすることで契約書類およびローンカードの郵送が回避出来ます。

利用明細はインターネット上で見られるように設定しておけば利用明細の郵送でバレるという心配が無くなります。

無断滞納・遅延による督促の連絡

公務員の方はお金を借りたらそこで終わりではなく、返済まできちんと行うことがバレないためにも大切になります。

無断で滞納を重ねると自宅や会社等の関係先に必ず電話がかかってきますし、電話を無視し続けると最悪の場合、督促状が自宅や職場に送りつけられる可能性もあります。

その電話や督促状で家族や職場の同僚にバレてしまう可能性があります。

【解決方法】事前に遅れることを連絡する

公務員の方が家族や職場にバレずに利用したいときに特に重要なことは、絶対に返済が遅れないよう日頃から返済管理を行い、『ご返済日お知らせメール』を活用するのが安全に利用して行くうえで大切になります。

口座振替の登録をすると、自分の口座から返済金額が自動で引き落としされるので、確実な返済方法です。

ただし、口座に返済額分のお金が入っていないと引き落としがされず、連絡が来ることになりますので、気を付けるようにしましょう。

諸事情あってどうしても返済が間に合わない!という時には会員専用ダイヤルに返済が送れる理由をきちんと説明しましょう。

理由がはっきりとわかりどれくらい送れるかを説明すれば、ある程度は返済についてこちらの事情を考慮してくれます。

住宅ローンに申し込んだタイミングでバレる可能性があるので注意

住宅ローンやカーローンなどを申し込んだ際には、信用情報機関からの情報も審査に影響します。

この情報には個人での借入状況も含まれており、消費者金融を利用しているという事実もローンの申込先に伝わることになります。

信用情報の第三者への提供は禁じられていますので、ローンの申込先から家族にバレてしまうことは原則ありえません。

しかし個人の借入を申込む際に虚偽の申告を行うと審査落ちに直結しかねないことからウソは書けず、申込内容を見られてしまうと家族バレに繋がってしまう可能性があります。

【解決方法】住宅ローンに申し込んだときにばれないようにする方法

もっとも簡単で確実なのは、申込書の記入や手続きを家族の前で行わないことです。

もし消費者金融の利用が影響して審査に落ちたとしても、審査落ちの理由は家族だけでなく本人にすら伝わることはありません。

ですから現在消費者金融を利用しているという公務員の方も、手続きの仕方に注意をするだけで家族バレのリスクを大きく減らすことができます。

公務員が即日融資を受けるには?

借入まで1週間~2週間ほどかかる銀行カードローンとは違い、消費者金融は申し込みから融資を受けるまでのスピードが売りになっているため、急いでお金を借りたい公務員の方も安心して利用できるはずです。

特に大手消費者金融はWEBから申込みをすることで手続きが迅速に進められて、19時頃までに申し込みをすれば即日融資も可能なほどのスピードで借り入れすることができます。

その際、提出する本人確認書類もスマートフォンなどで撮影したデータを送信するだけで大丈夫なので、長時間待ったりすることもなく素早い契約が可能になっています。

即日融資のおすすめ大手消費者金融

急いでカードを受け取りたい時の手順はこれ

即日融資をするためにはいくつもの方法がありますが、一番早いと噂されているのはスマホなどインターネットから申し込むことです。

そして審査後、契約してカードを受け取る、またはカードレスで借入をするのですが、契約はお店や自動契約機にて行う事もできますし、インターネットからお店に行く事なくWeb契約することもできます。

周囲の人たちにバレないようにしたい公務員の方におすすめなのはカードレスのWeb契約ですが、中にはカードを利用したい方もいると思います。

そんな方はネットから申し込みをしたあとに、自動契約機で契約をしてください。そうすることで契約後にカードを受け取ることができます。

お店や自動契約機での契約の場合、併設されているATMから早く借り入れが可能となっています。

また、インターネットから契約した場合、あなたの口座にお金を振り込んでもえます。

外出したくない人はインターネットから、その場で早く借りたい人は自動契約機を選ぶと良いと思います。

公務員におすすめの消費者金融

消費者金融の審査において高い評価が得られやすい公務員は、申込先選びの選択肢も多く、「自分好みのカードローン」が選びやすいとも言えます。

ですから最適な消費者金融を見つけるためには、「求める条件」を考えてみることが大切です。

ここからは、「即日融資」や「Web完結型」などに対応している、利用するメリットの大きい4つの消費者金融とその特徴をご紹介します。

市役所や区役所勤務の方は社会的立場がありますので、個人情報の流出に対してしっかりとしている大手を選ばれるようです。

その中で「求める条件」を数多く満たす消費者金融が、公務員の方それぞれにとっての「おすすめの消費者金融」となります。

最短25分融資のプロミス

プロミスの特徴

  • 初回借入時30日間無利息
  • 申込みから借入までアプリで完結する「アプリローン」
  • 勤務先への電話確認は原則なし
  • 18歳から74歳までの幅広い年齢の方が利用可能
  • 申込完了後「最短25分」での融資が可能

プロミスのカードローンは、限度額最大500万円と上限は他社と比較して高いとは言えませんが、18歳から74歳までという幅広い年齢層に対応できるのが特徴です。

さらに原則勤務先への電話連絡もなく、スマホが一台と本人確認書類があれば契約可能で、カードレスでの借入も行なえます。

また事前審査は最短10秒、申込後は最短25分で振込によって借入ができるなど、プロミスは利用しやすさと速さ、そして便利さも両立できる早く借りたい公務員の方にもおすすめの消費者金融です。

職場への連絡原則なし!SMBCモビット

SMBCモビットは年齢条件が20歳から74歳と年齢が高めの方も利用しやすく、電話も郵送も不要のWEB完結申込を利用すれば、誰にも知られずに借入を行うのも難しくはありません。

さらに三井住友銀行ATMの利用手数料が無料であったり、サービス利用手続きを行うことで返済ごとにTポイントが貯まるというお得なサービスを利用することもできます。

SMBCモビットの特徴

  • 電話も郵送もなしのWEB完結申込が利用可能
  • 申込後は本審査の結果通知まで「最短30分」
  • 三井住友銀行ATMの利用手数料が無料
  • 利用限度額最大800万円
  • 返済ごとにTポイントが貯められ返済にも利用できる

SMBCモビットのWEB完結申込

通常、プロミスやアイフルのWEB完結契約といったらWEBで申し込みから借り入れができる契約方法となっており、郵送物なし&カードレスにも対応しています。

SMBCモビットのWEB完結契約では、上記のサービスにはもちろん同じように対応していますが、それにプラスして『原則電話連絡がなし』となっている点が他社と大きく違う点となっています。

自分が働いている職場が普段から電話対応などをあまりしていないところだと、在籍確認の電話連絡があると不思議に思われてしまいますし、キャッシングをしていることがばれてしまう可能性も少なくありませんよね。

そのような方のために、SMBCモビットは電話連絡なし※のWEB完結契約を行っているんです。

他社にはないサービスとなっていますので、職場に秘密で借り入れしたい公務員の方にもおすすめできます。

これを受けるためには条件が2つほどあるので、確認しておきましょう。

    WEB完結申込の条件

  • ゆうちょ銀行か三井住友銀行か三菱UFJ銀行かみずほ銀行のどれかの口座を持っていること
  • 全国健康保険協会発行の保険証か、組合保険証を持っていること

公務員の方は共済組合に加入していると思いますから、保険証の条件はクリアしていますね。

あとは指定された金融機関の口座を持っているかどうかです。

持っている場合はSMBCモビットを利用するのも良いかもしれないですね。

また、状況によって電話連絡がある場合がありますので、申し込み時にスタッフに確認しておくとより安心できます。(※審査の状況によっては電話連絡が来ることもあります。)

WEB完結&カードレスのアコム

アコムの特徴

  • WEB完結&カードレスで利用可能
  • 初回契約時30日間無利息
  • 勤務先への電話も自宅や勤務先への書類の送付も原則なし
  • 「最短30分」での即日融資に対応
  • 最大800万円まで借入可能

アコムのカードローンは、勤務先への在籍確認だけでなく自宅への書類送付もないことから、勤務先だけでなく家族にもバレずに利用しやすいのが特徴ですので、周囲に知られたくない公務員にも向いています。

最短30分での即日融資に対応でき、最大800万円という大きな額の借入も可能なのも大きな特徴ですが、初回利用時には30日間無利息期間があり、支払う利息を大きく抑えられる可能性があります。

アコムの在籍確認について

アコムは公務員の方の在籍確認への不安を解消してくれる借入先です。

プライバシー保護が徹底されているこの場所は会社に電話をかけてくる場合でも、担当者個人の名前でかかってきますしカードローンの審査に必要な電話であることなども伝えたりしません。

ですから電話口に同僚や上司が出たとしてもばれる可能性はまずありません。

ですが様々な理由で在籍確認の電話がかかってくること自体に大きな不安を感じるのであれば、インターネットからの申込を行った後の本人確認の電話時に担当者に相談をしてみてください。

会社への電話を避けたい理由に正当性が認められれば『源泉徴収票・社員証・直近の給与明細』などのどれか、または幾つかを提出することによって、職場への電話確認を避けられる可能性があります

アコムなら在籍を証明する為の電話を避けられる可能性がありますので「上司や同僚にもばれたくない!」とお思いの公務員の方はまずはオペレーターに相談してみましょう。

電話、郵送物なしのアイフル

アイフルの特徴

  • WEBからの申込みで「最短25分融資」
  • 24時間365日、原則「即時振込」
  • 初回契約時最大30日間利息0円
  • 電話、郵送物なしのWEB完結が利用できる
  • 限度額最大800万円

アイフルは「最短25分融資」という速さと、カードローンでもトップクラスの最大限度額の高さ(最大800万円)、さらには初回借入時の30日間無利息期間までもを備えています。

家族や同僚に知られずに利用したいとお考えの公務員の方に最適なWEB完結にも対応しており、カードローンに多くの方が求めている要素をしっかりと兼ね揃えている消費者金融となっています。

公務員が消費者金融を利用するときに注意するポイント

消費者金融などのカードローンは上手に利用することで、生活を安定させ豊かにすることができます。

また、無理のない範囲で計画的に利用することが何より大切です。

しかし公務員が消費者金融を利用する際には注意点もあります。

注意点を理解しておくことで、消費者金融をより安全に利用できるようにもなります。

住宅ローンの審査が不利となる可能性がある

消費者金融の利用は、状況次第では住宅ローンなどの審査に影響を及ぼす可能性があります。

住宅ローンの審査では返済能力が問われます。

月々の支払いが可能なだけの収入があるかはもちろんですが、勤続年数や勤務先によっても今後も安定した支払いが期待できるかなどが審査されます。

もし消費者金融の借入額が大きく、住宅ローン返済の妨げになりそうと判断されてしまえば、審査に悪影響が出てしまいます。

逆に小額の借入で短期間で完済ができそうであれば、審査への影響はあまりないと考えられます。

【解決方法】住宅ローンを組む前に借金を返すようにする

現在、消費者金融を利用していても返済の目処が立っているのであれば、前倒しで返済し完済してしまえば安心です。

また現状の借入額は小さくとも、消費者金融の限度額が審査に影響することもありますので、可能であれば限度額を小さくするのも効果が期待できます。

契約はしているが利用していない消費者金融が複数ある場合などは、解約しておく方が良いかも知れません。

公務員が審査落ちする理由

消費者金融の審査に公務員が通過しやすいのは事実です。

しかし、公務員であれば確実に審査通過できるわけではなく、以下の条件に当てはまる数が多いほど審査落ちするリスクは高まります。

ポイント

  • 働きだしてからの期間が短い(半年以下)
  • 年齢が高い(60歳以上)
  • 現在他社での利用がある(借入件数4件以上、借入総額が年収の3分の1以上など)
  • 信用情報に金融事故(返済の遅延など)が登録されている
  • 債務整理を行った経験がある
  • 正社員ではない(臨時雇用など)
  • 自衛隊や消防隊員など危険がある職種

公務員の離職率が低いのは確かですが、働きだして間もない場合は長く続かない可能性が否定できず、年齢が高い方もいつまで働き続けられるかに不安が残ります。

またすでに他社を利用していて、借入件数や借入額が多く返済が苦しくなる可能性があると判断された場合も、審査に通過しにくくなってしまいます。

他にも過去、ローンの返済などにおいてのトラブルが履歴として残っている場合や、怪我などのリスクが低いとは言えない職種の場合も、公務員であっても審査に影響を与えてしまう可能性があります。

公務員が利用できる地方職員共済組合の貸付制度がある

国や各地方自治体に努めている公務員の方々は、共済組合の貸付制度を利用できる可能性があります。

この貸付制度は「低金利・担保や保証人が不要・審査通過しやすい」という大きなメリットを持ちますが、「自由な目的に利用できない」ことや「借入までに時間がかかる」のはデメリットとなるかも知れません。

共済組合の貸付制度で借りたお金は、「車や住宅の購入費・治療費・教育資金・災害による被害の補填」などに使いみちが限られており、「使途自由」ではありません。

さらに借入には一ヶ月程度の期間が必要であり、急いでお金を用意したい状況に向いているとは言えません。

また手続きを行う際に職場上長からの承認を受けなければならず、「職場の誰にも知られずに利用する」こともできません。

このように共済組合の貸付制度にはメリットもデメリットも存在しており、カードローンとは違った特徴を持ちます。

公務員の方がどちらを選択するかは個人個人の考え次第となりますので、特徴をよく理解し最適と思われる選択肢をお選びください。

外部サイト:貸付制度について|地方職員共済組合公式ホームページ

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家

22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家
22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。こちらのメールで気楽にご連絡ください。



【即日融資】今日中にお金を借りるなら?消費者金融で借入する方法!

※ プロミスの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。最短15秒事前審査:事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。最短25分融資はWEB申込みの場合となります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。