大至急お金が必要なときの解決方法8選!短時間で現金を作るなら

大至急お金が必要なときの解決方法8選!短時間で現金を作るなら

「大至急お金が必要な時ってどんな方法を利用すれば良いの?」

「給料日までに間に合わない時はどうしたらいいの?」

このような疑問を抱えている方も少なくないと思います。

大至急お金が必要になった時には、消費者金融であれば申し込みをしたその日のうちに素早く融資をしてくれますが、そのほかにも利用できる様々な方法があります。

こちらでは、『即日でお金を作る方法』、『2日~1週間でお金を作る方法』、『1週間~半月でお金を作る方法』に分けて紹介していきますので、いつまでに現金が必要かを考えて参考にしてみてください。

方法 最短時間 調達できる金額
(目安)
即日 即日バイト 4時間(半日)程度 5,000円~10,000円程度
給料の前借 即日 数万円から10万円程度
不用品の売却 1時間以内 数千円~数万円程度
質屋で借りる 1時間以内 担保にした商品の新品価格の2割から8割程度
家族や友人から借りる 数時間 数千円から数万円程度
金券ショップで交換 1時間以内 手持ちのギフトカードの総額の9割程度
キャッシング枠を利用 1時間以内 10万円~50万円程度
消費者金融を利用 1時間以内 10万円から500万円程度
2日~1週間 スマホアプリ 3日程度 数千円から1万円程度
契約者貸付制度を利用 翌営業日 解約返戻金の7割から8割程度
銀行カードローン 最短翌日 20万円~500万円程度
ビジネスローン 最短翌日 50万円~500万円程度
不動産担保ローン 1週間程度 担保とした不動産の評価額の7割程度
1週間~半月 公的融資制度 5日程度 20万円から50万円程度
クラウドソーシング 半月程度 数千円から5万円程度
オークション 3日程度 数百円から数万円程度
治験のアルバイト 即日~ 1万円から5万円程度
社内貸付制度 2週間程度 10万円から100万円程度

目 次

大至急お金が必要になった時の解決方法8選【即日編】

「今すぐにでもお金が必要」などの時間的な余裕のない状況でも、大至急お金を作る方法は幾つも存在しています。

しかし即日でお金を作ろうとする場合、大きな額の現金調達は期待しにくいのが現実です。

ですからまとまった額が必要であれば、今を乗り切るための現金を即日で用意しつつ、他の金策によって不足分の確保を目指すなど、計画性と判断力が問われることになります。

また例え急ぎであっても、安全性についてしっかりと考慮することも大切です。

即日バイトをする

交通整理の即日バイトをする男性

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【4時間(半日)程度】

・調達できる金額の目安
→ 【5,000円~10,000円程度】

メリット デメリット
ウーバーイーツなど手軽に始められて人気の職種もある 多くは肉体労働であり、慣れないと肉体的にも精神的にも負担が小さくない
治験など短時間で2万円程度が手に入る即日バイトも存在する 「日払い」は1日ごとに支払いが発生するという意味であり、その場で受け取れるとは限らないので注意が必要

即日バイトの中心は、土木関係やイベント関係の設営など肉体労働が中心です。

しかし薬の治験のように短時間でアルバイトとしては高額な報酬が得られる仕事や、事務系の即日バイトも存在しています。

必ず勤務終わりにその場でバイト代が受け取れるわけではなく、即日支払いが可能ではあるものの事務所へ出向く必要があったり、後日の支払いなってしまったりすることもありますので、大至急お金が必要な場合は確実に即日で受け取れるかの確認が必要です。

給料の前借をする

給料

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【即日】

・調達できる金額の目安
→ 【数万円から10万円程度】

メリット デメリット
返済の必要がない 給料日に受け取れる額が少なくなってしまう
パートやアルバイトも利用できる可能性がある 会社ごとに利用条件があり、手続きに時間がかかってしまったり利用できなかったりする可能性がある

給料の前借りについては労働基準法でも認められており、勤務を行い発生した給料に関しては前借りをすることに違法性はありません。

しかし、前借りに応じなければならないと義務付けられているのは「従業員に急を要する理由がある」場合であり、出産・結婚・災害・病気などに当てはまらない場合は、会社の判断次第となります。

また前借りは借金ではないことから返済義務はないものの、給料日に受け取れる額が減ったり、会社からの信用を失うリスクがあったりすることも考えて利用しなくてはなりません。

給料の前借りするということは、相当お金に困っているのでは…と見られる可能性があります。ですので、前借りをお願いするときには、冠婚葬祭が重なったため、家族が入院したためなど「いつまでに何のために必要なのか」を誠実に伝えることが大切になってきます。

不用品を売却する

不用品を売る準備をする

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【1時間以内】

・調達できる金額の目安
→ 【数千円数万円程度】

メリット デメリット
不用品の整理も行うことができる 買取額が非常に低くなることがある
希少価値が高ければ購入時より高く売れることもある フリマアプリなどでは即日での現金調達は難しい

大至急お金が必要なときに最初に考える方法の一つだと思います。

手元にある不用品を売却して現金化できれば、荷物の整理もでき一石二鳥となる期待もあります。

また希少価値が高い商品であれば、購入時の金額を遥かに超える高値で売却できるかも知れません。

しかし衣類など商品や程度によっては、買取不可であったり10円など低い価格が設定されたりする可能性もあります。

フリマアプリなどは気軽に利用できますが、相手が受け取って商品確認を行ってからの支払いとなることが多いため、即日現金調達に向いているとは言えません。

大至急、即日でお金が必要な場合は、アプリではなくリサイクルショップまで行って買取をしてもらうのが短時間で現金化できます。

質屋でお金を借りる

質屋で査定を受ける

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【1時間以内】

・調達できる金額の目安
→ 【担保にした商品の新品価格の2割から8割程度】

メリット デメリット
売却ではないので担保を取り戻すことが可能 借入れを行う人物に関しての審査がない
担保に入れる品物の価値が低いと調達できる現金も少なくなる 返済ができないと質入れした品物を失うことになる

質屋は早ければ30分ほどでお金を借りることができるため、大至急お金が必要なときの助けとなります。

質屋では品物の価値が重要であり、質入れを行おうとしている人物に関しての審査は基本的にはなく、信用情報に問題があっても利用することができます。

また担保に設定しても期限内に支払いを行えば取り戻すことができるのも、利用するメリットと言えます。

しかし、それなりに価値のある品物を質入れしなくては必要な額が調達できない可能性もあり、査定額も質屋次第となってしまう問題があります。

さらに利息を含めた返済が必要となり、質入れした品物を失う「質流れ」のリスクも考慮しなくてはなりません。

通常、質に入れるよりも買取のほうが高い価格がつきますが、品物を手放したくない場合には質屋を利用されると良いかもしれないですね。

家族や友人から借りる

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【数時間】

・調達できる金額の目安
→ 【数千円から数万円程度】

メリット デメリット
即座に現金調達ができる可能性がある 人間関係に悪影響を与えるリスクが小さくはない
信用情報への影響がない 借用書などを自分で準備しなくてはならない

家族や知人に相談し、大至急お金を借りたとしても、ローンを利用した際のように記録が残ることはありません。

また相手によっては即座にお金を貸してくれたり、利息や返済に関して融通を効かせてくれたりする可能性もあります。

しかしお金の貸し借りはトラブルに繋がる危険も多く、親や親友が相手であっても信頼関係に傷が付く危険が低いとは言えません。

トラブルを避けるためには借用書などをしっかりと用意し、確実に返済を行うことが大切です。

ギフトカードを金券ショップで交換する

ギフトカード

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【1時間以内】

・調達できる金額の目安
→ 【手持ちのギフトカードの総額の9割程度】

メリット デメリット
ギフトカードの額面の90%~95%程度で買い取ってもらえることが多い 査定もすぐに終わり返済の必要もなく手軽
作れるお金は所有しているギフトカードの額次第となる ギフトカードのままで使用するほうがメリットがあることがある

商品券やギフトカードは金券ショップなどで短時間で買い取ってもらうことが可能です。

額面の90%以上での買取となることが多く、不用品の売却よりも手にできる額が予想しやすいのはメリットとも言えます。

ただし多額のギフトカードを所有している方は稀であり、多くの方にとっては小額の現金調達を行う手段となります。

また何かを買うため大至急お金が必要というのであれば、ギフトカードのままで使用するほうが損失が小さくて済む可能性も小さくはありません。

クレジットカードのキャッシング枠を利用

クレジットカード

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【1時間以内(キャッシング枠付きのクレジットカードを所有している場合)】

・調達できる金額の目安
→ 【10万円~50万円程度】

メリット デメリット
キャッシング枠付きのクレジットカードを所有していれば即座に利用できる クレジットカードから作成する場合は時間がかかる
コンビニATMなどから手軽に手続きが可能 キャッシングの利用によってショッピング枠に影響が出る可能性がある

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、その限度額内でコンビニATMなどを利用して短時間で融資を受けることができます。

しかし必ずキャッシング枠が設定されているわけではなく、利用限度額が低めになっていることもありますので注意が必要です。

また金利は利息制限法の上限近くが適用されることが多く、返済時の負担も考えて利用することが大切です。

さらにキャッシング枠とショッピング枠が別々になっていない場合は、キャッシングの利用によってショッピングに利用できる額が減る可能性もありますので確認が必要です。

コンビニATMを利用できるので夜中や早朝に大至急お金が必要になったときでも、24時間いつでも借りられるのがメリットです。

キャッシング以外にも、夜中に大至急お金が必要になったときに利用できる方法がいくつかあります。

夜間や夜中にどうしても必要になったときは下記の記事も参考にしてください。

関連記事:夜中に大至急お金が必要になったら?夜間に現金を作る方法!

消費者金融を利用する

お金を作るのに必要な最短時間
→ 【1時間以内】

・調達できる金額の目安
→ 【10万円から500万円程度】

メリット デメリット
大手なら最短30分程度、WEB完結での契約も可能 安定して定期的な収入がないと審査に通過するのは難しい
アプリからの借入れや無利息期間など便利でお得なサービスを行っている場所も多い 返済を遅らせると信用情報に傷が付く危険がある

大手の消費者金融であれば申込みから契約だけでなく、借入の手続きまでをオンライン上で行うことも可能です。

借入を行うまでに必要な時間も、最短30分などと非常に短時間で大至急借りたい時にも頼りになります。

また収入が安定していることが求められますが、収入そのものの額が大きくなくても審査通過自体は難しくありません。

ただし収入は借入限度額に対しての影響が大きく、また借入時には無理のない利用を心がけることが大切になります。

スピーディに現金を調達でき、人間関係を壊さずに利用できるのが利点ですが、返済できるときに多めに返していくのがポイントです。

関連記事:即日融資のカードローン|最短でお金を借りる方法

大至急お金を作る方法5選【2日~1週間編】

数日間の余裕があれば、お金を作る方法にも選択肢が増えます。

さらに調達できる現金の額についても、即日でお金を作らなければいけない状況よりも大きな額の現金調達が期待できるようになります。

大きな額の現金が必要であれば、追い込まれてから慌てて現金を用意する方法を探すのではなく、少しでも早いタイミングで行動に移すことが大切です。

また数日間の余裕があれば貸付も受けやすくなりますが、返済時のことを考えて計画的に必要最低限の借入れを行うことを心がける必要があります。

スマホアプリでお金を作る

ポイントサイトでお金を稼ぐ

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【3日程度】

・調達できる金額の目安
→ 【数千円から1万円程度】

メリット デメリット
スマホ1つあれば自宅から出ることもなくお金が作れる 1件で数千円など高単価の作業も存在する
数十円など単価の低い作業が多い 高単価案件の多くは資料請求など時間がかかるものが多くハードルが高め

ポイントサイトとも呼ばれ、スマホとネット環境さえあえばアンケートに答えたり各種サイトに登録したりすることで、ポイントをため現金化することができます。

ポイントサイトは、モッピーやポイントインカム、ちょびリッチ、ハピタス、ワラウなど様々あります。

アンケートのみに特化している場合はアンケートサイトと呼ばれます。

これらは体力的な負担も小さく作業を始めるハードルは低めですが、簡単な作業は単価も低めに設定されていることが大半です。

高単価案件はクレジットカードの発行や資料請求など、即日で作業を完了するのが難しい内容であることが少なくなく、即日でお金を作るのには向いているとは言えません。

フリマアプリもスマホ1つで利用可能ですが、取引の手間などがあり短時間でお金を作るのは容易ではありません。

それぞれの案件でポイント獲得の条件があります。その条件に達していないと、せっかく作業をしたのにポイントが支払われなかった!ということもありえますので、事前に確認しておくのが大切です。

保険の契約者貸付制度を利用する

保険のの契約者貸付制度を借りる

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【翌営業日】

・調達できる金額の目安
→ 【解約返戻金の7割から8割程度】

メリット デメリット
保険を解約することなく、審査無しでお金を作ることができる 保険契約を失効してしまうリスクがある
カードローンやキャッシングと比較して金利が低い 解約返戻金が少ないと借入可能額も低くなる

契約者貸付制度を利用すれば、生命保険の解約返戻金を担保にして借入を行うことができます。

生命保険を解約する必要がなく、審査なしで利用でき、早ければ申込みの翌営業日にはお金を作ることが可能ですので、大至急必要という場合にも間に合う可能性があります。

キャッシングやカードローンよりは金利は低めですが、返済が滞り元金と利息を合算した額が解約返戻金を超えた場合、保険契約が解除されてしまうリスクがあります。

また解約返戻金の7割から8割程度が限度額となり、契約期間が短い場合には小額しか借入ができないということもあり得ます。

銀行カードローンを利用する

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【最短翌日】

・調達できる金額の目安
→ 【20万円~500万円程度】

メリット デメリット
総量規制の対象外 消費者金融より審査が厳し目
消費者金融より金利が低めであることが多い 申込みから契約まで1週間程度の日数が必要になることがある

銀行カードローンは即日融資の利用は難しく、現金を得られるのは最短でも翌日とお考えください。

また大手でない場合は貸付までに時間がかかる可能性もあり、1週間程度の余裕を持つと安心感が高まります。

消費者金融と比べると金利は低めですが審査基準は多少厳しくなり、収入が安定していても低いと判断された場合は、審査通過できない可能性があります。

ですが銀行カードローンは年収の3分の1までしか借り入れできない総量規制の対象外であり、総量規制の対象となる消費者金融よりも、高額融資が受けられる期待は高くなります。

時間に余裕があるなら、消費者金融より金利が低い銀行カードローンの利用を優先して考えるのがおすすめです。
ただし、消費者金融では無利息サービスを行っている会社もありますので、短期の利用なら消費者金融の方が向いているケースもあります。

ビジネスローンを利用する

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【最短翌日】

・調達できる金額の目安
→ 【50万円~500万円程度】

メリット デメリット
原則無担保・無保証人で利用できる 事業主でないと利用できない
総量規制の対象外・高額融資も期待できる 事業性資金に利用目的が限定されている場合がある

ビジネスローンは事業者専用の融資商品であり、会社経営を行っていない方は利用することができません。

金融機関からの融資と比較して素早く利用でき、担保や保証人も原則不要であることは大きなメリットですが、金利は金融機関からの融資と比べると高めです。

また商品によっては資金使途が事業性資金に限定されていることがあり、生活費の確保など事業性資金以外に活用する場合は確認が必要となります。

ビジネスローンは総量規制の対象外ですが、初回借入時は限度額が低く設定されることが少なくありませんのでご注意ください。

最短即日融資のビジネスローンもあるため、大至急融資を受けたい事業者の方におすすめです。即日融資を受けたいなら早い時間に申し込みを完了させておく必要があります。

※審査状況によって即日融資ができない場合もあります。

不動産担保ローンを利用する

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【1週間程度】

・調達できる金額の目安
→ 【担保とした不動産の評価額の7割程度】

メリット デメリット
高い限度額・低金利が期待できる 担保とした不動産を失うリスクがある
返済期間を長期に設定可能 状況次第では貸付を受けるのに1ヶ月近くの期間が必要な可能性がある

手持ちの不動産を担保として借入を行うことで、低金利・高額貸付が期待できます。

しかし担保とした不動産の評価額の7割程度が限度額となることが多く、不動産の評価が低ければ調達できる現金も低くなってしまいます。

また返済ができない状況に陥った際には、担保とした不動産を失うリスクを抱えることになり、無理のない返済計画を立て実行することが必須となります。

早ければ1週間程度で現金を得ることができますが、申込先や状況次第では1ヶ月近くの期間が必要になってしまう可能性もありますのでご注意ください。

お金が必要になった時の解決方法5選【1週間~半月編】

現金が必要になるまでに1週間から半月程度の余裕があれば、手続きに多少時間がかかる方法も選択することができます。

これから紹介する方法であれば、ある程度まとまった額が作れる可能性がありますが、利用対象に関する情報収集や、自分に向いているかなどを考慮した上で利用することが大切です。

公的融資制度を利用する

お金を作るのに必要な最短時間
→ 【5日程度】

・調達できる金額の目安
→ 【20万円から50万円程度】

メリット デメリット
低金利や無利子など返済の負担が小さいことが多い 制度によっては貸付までに長い時間がかかる
借入先が国や自治体なので安心感が高い 目的ごとに制度が異なり資金使途は自由ではない

国や自治体からお金を借りる公的融資制度には事業者向けと個人向けがあり、個人が利用する場合にも様々な制度が用意されています。

ただし生活支援や教育目的など、制度毎に資金使途が制限されており、借入を行ったお金が自由に使えるわけではありません。

公的融資制度の中では素早く貸付が受けられる、生活維持を目的とした「緊急小口資金貸付」であれば5日程度の借入が可能です。

ですが他の制度を利用した場合は、手続きを終えるまでに長い期間が必要になる可能性がありますので、大至急というときに向いていないかもしれません。

事業者が利用する日本政策金融公庫は利率が0.3%~2%台と超低金利となっていることが多いため、長期の利用にも向いています。

クラウドソーシング

クラウドソーシングの仕事をする女性

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【半月程度】

・調達できる金額の目安
→ 【数千円から5万円程度】

メリット デメリット
パソコンだけで作業が完結できる案件が多数 実績が乏しい間は依頼を受注しにくいことがある
1万円を超えるような高報酬の案件も存在する 支払い日が指定されていることが多い(月2回程度)

インターネット上でクライアントと利用者の仲介を行ってくれるサービスが「クラウドソーシング」と呼ばれるサイトです。

記事やイラストの作成、画像編集などパソコンがあれば行える案件が多く、中には1案件で1万円を超えるような高報酬の依頼も見つかります。

即日での支払いが可能なサイトもありますが、15日と月末など支払日が限定されてることが多く、お金が必要なタイミングに間に合うかを確認する必要もあります。

また案件の募集に申込みを行いクライアントから選ばれなくては受注できないため、実績が不足していると中々案件が受注できないかも知れません。

オークションサイトを利用する

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【3日程度】

・調達できる金額の目安
→ 【数百円から数万円程度】

メリット デメリット
不用品を現金化することができる 決済され現金を手にするまでの期間は相手次第で大きく変動する
ハンドメイドなど自作した品物を売ることも可能 高額な現金調達には価値の高い商品が必要

オークションサイトやフリマアプリを利用することで、手持ちの品物や自作したアクセサリーなどを現金化することが可能です。

しかしサイトやアプリの利用者に価値が伝わらなくては購入される可能性は低く、取引にかかる期間は郵送の有無や相手次第で大きく変動し予測しにくいのも注意点です。

また希少価値の高い商品であれば高額な現金調達も可能ですが、同様の商品の出品数やタイミングなどにも左右されることから、不確定要素の多いお金の作り方とも言えます。

ある程度、現金が必要になるまでに余裕がある状況での利用をおすすめします。

治験のアルバイト

治験のアルバイトをする男性

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【即日】

・調達できる金額の目安
→ 【1万円から5万円程度】

メリット デメリット
採血程度で特別な作業をすることなく謝礼金が得られる 身体に害を及ぼすリスクは低いが精神的な負担を感じる場合がある
短期間で大きな現金が得られる可能性がある 入院が必要な治験の場合は自由に行動することができない

薬やサプリメントなどの副作用や効果を確認するために行われる治験は、1日で2万円程度の謝礼が得られることもあり、高報酬が期待できます。

数日間の入院が必要な治験の場合は日数次第で数十万円を得ることも可能ですが、治験中は出かけることは原則できず、飲酒などが禁止されるだけでなくスマホなどの使用も制限されることがあります。

治験に関して副作用などへの不安を感じてしまうのは致し方ないかも知れませんが、治験を行うまでにも安全性は確認されており、もしもの場合も即座に適切な処置が受けられるため健康面でのリスクが高いということではありません。

社内貸付制度

・お金を作るのに必要な最短時間
→ 【2週間程度】

・調達できる金額の目安
→ 【10万円から100万円程度】

メリット デメリット
低金利で貸付を受けることができる 支払いが遅れると勤務先での評価が下がってしまう危険がある
金融機関よりも審査通過のハードルが低い 在籍歴が短いと借入限度額が低くなることがある

「従業員貸付制度」とも呼ばれ、勤務先が従業員に対して行う貸付制度のことを指します。

制度そのものが勤務先に存在していることが大前提ですが、審査通過がしやすく1%台など低金利での借入できる期待も高く、返済の負担が少ないのが大きなメリットです。

ただし勤務歴が短いと借り入れできる額が少なくなる可能性があることや、支払いの遅れによって会社からの信用を失うリスクがある点には注意が必要です。

また貸付が受けられるまでの期間も会社ごとに大きく異なり、場合によっては2週間では借入が行えない可能性があり、急ぎの場合は前もって貸付までにかかる日数の目安を確認することをおすすめします。

大至急お金が必要でも絶対にとってはいけない方法

お金が必要な理由は人それぞれですが、「どうしても大至急お金が必要」という状況であっても利用してはいけないお金の作り方が存在しています。

以下に紹介する方法で現金を一旦用意できたとしても、その後に大きなトラブルに巻き込まれてしまったり、法律に反してしまったりする危険も小さくはありません。

大至急お金を作る場合は、その方法によって発生するリスクも考慮した上で選択しなくてはなりません。

闇金からお金を借りる

  • 暴力や恫喝を含めた厳しい取り立てにあう
  • 近所や勤務先へ迷惑をかけてしまう危険がある
  • 法外な利息の請求が行われる

銀行以外が貸金業の登録を行わずに貸付を行っている場合、その場所は「闇金」であると判断されます。

万が一にでも闇金でお金を借りてしまうと、利息制限法を遥かに超える法外な利息の支払いを求められり、支払いが滞ると法に触れるような厳しい取り立てが行われる危険があります。

金融事故を起こしてしまっている人でも借入可能、無審査など、甘い言葉で誘われても闇金は決して利用してはなりません。

外部サイト:ヤミ金・悪質業者被害の実例検索|日本貸金業協会

個人間融資

  • 実態は闇金融であり高額な利息の支払いを求められる
  • 貸金業違反として法に触れる危険がある
  • 個人情報が悪用されるリスクがある

親や知人など関係のある人物からの借入もトラブルの元となる可能性がありますが、SNSやネットの掲示板などを通じて面識のない人物からお金を借りる「個人間融資」には、さらに大きなリスクが潜んでいます。

個人間での融資に関しては利息制限法を大きく超える金利設定が可能であり、取り立てに関しての規制もないことから利用した場合には大きな負担を背負うことになりかねません。

金融庁も、SNSなどを通じた個人間融資についての注意喚起を行っており注意が必要です。

外部サイト:SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!金融庁

クレジットカードの現金化

  • クレジットカードが強制解約されてしまう危険がある
  • 支払日に多額の請求を受ける可能性がある
  • 取引によって大きな損失を受ける

クレジットカード現金化とは、利用者がある商品を購入し、その商品をクレジットカード現金化を行っている業者が買い取ることで行う、クレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を作る方法です。

また商品購入後、キャッシュバックという形で現金を受け取る方式もあります。

クレジットカード現金化は法的にグレーであると言われていますが、クレジットカード会社は利用を認めておらず、バレた場合には契約が強制解除されてしまう危険があります。

他にもカードの支払日に高額請求を受けるリスクもありますが、そもそも支払額に対して得られる現金が少ないことが大半であり、利用するメリットよりリスクが遥かに高く非常に危険です。

大至急お金が必要という場合でも利用しないようにしてください。

外部サイト:クレジットカードの現金化に注意!日本クレジット協会

ギャンブル

  • 依存症になる危険性がある
  • ハイリスクであり儲けられる確率は低い
  • 損失を大きくする危険が高い

ギャンブルは一度ハマってしまうと抜け出すことが難しく、ギャンブル依存症は社会問題の1つとなっています。

また公営ギャンブルであってもリターンは70%程度しかなく、ギャンブルで勝てる確率自体が低いのも事実です。

負けを取り返すために借金を増やしてしまうなど損失を大きくしてしまう危険もあることから、趣味として楽しむのではなく、お金を増やすためにギャンブルに挑むのは無謀と言わざるを得ません。

消費者金融を利用して大至急お金を借りるなら

大至急お金が必要になったら、即日融資対応の消費者金融のキャッシングを選ぶというのも一つの方法です。

銀行カードローンの方が良いんじゃないの?と思う方もいると思いますが、銀行カードローンは即日融資に対応していないため、急ぎの時には向いていません。

当サイトでは、安全に利用できる消費者金融を中心にサービスの分析などを行っています。

短時間で審査ができると言っても、事前に金利がどれだけなのか、申込条件、必要な書類などを確認しておく必要があるので、十分に注意しておくと良いと思います。

非常事態の時は冷静な判断力に欠けてうっかり金利の確認を忘れてしまう可能性があるので、大切なポイントは押さえておくようにしてくださいね。

どの職業でも契約できる?

正社員という形での雇用でなくても、定期収入があるのならアルバイトやパート、派遣社員や契約雇用などで働いている方々もキャッシングをするのは可能です。

消費者金融などの申込み条件にある「安定した収入をお持ちの方」という文章を「定職に就いている正規雇用の人」と思い込んではいませんか?

条件となっているのは定期収入があるかどうかということだけで、働き方についての細かな規定はないんです。

派遣社員として働いている方も毎月お給料を貰っているのならそれほど問題とはならないはずですし、1日3時間勤務のパートの方や土日だけのバイトをしている方だって心配しなくてOKです。

つまり収入の額の大小はあまり大きな問題ではありませんので、毎月収入を得ているのなら大きな心配をせずに申込みを行ってみてください。

関連記事:水商売などの夜職は消費者金融でお金を借りられる?審査のポイントは

診断時間や審査時間は?

大至急お金が必要になった場合、気になるのは審査にどれくらいの時間が必要になるのかですよね。

速いところでは、申し込み後30分程で審査結果の連絡が来るケースもあります。

それぐらい消費者金融、特にプロミスやアイフルなどの大手は審査の速さにこだわっているということですが、もちろん全ての業者が短時間で済むわけではありませんので、その点は十分に理解しておきましょう。

急いでいる人や時間に余裕がない方は、ウェブサイト内の簡易診断などで自分自身が審査に通過するのかを事前に判断しておくのが時間短縮にもなるのでオススメです。

本審査をしてもらって落ちたとなると、それだけ時間を取られてしまいます。

簡易診断は無料でできて掛かる時間も数秒程度ですので行っておいて損はないでしょう。(但し、あくまでも簡易的な診断となるので診断の結果と異なる場合もあります。)

簡易診断に関しては一番短くて3秒でできる業者があるのでそちらもおすすめができます。

急いで審査をしてもらいたいなら、その点もしっかりと把握しておくと良いと思います。

大至急必要なら早めに申し込みをしよう

キャッシングサービスは、元々手軽に早く現金を借りる方法として世の中に広く普及したものです。

ですからキャッシングであれば、申し込んで審査に通りさえすれば、基本的に短時間でお金を借りれるのです。

しかし、それでも「今日中に、遅くとも明日までに現金を手に入れたい」というような大至急の場合は、それに対応してくれる会社選びをしなければなりません。

つまり、即日融資をしてくれる会社に申し込まなければならないということです。

ただし、それでも幾つかの注意点があります。

まずは申し込みの記入ミスです。

人間、急いでいると慌ててミスをしやすいものですが、手続きでミスをしてしまうと申し込み後に何度か業者とやり取りをしなければいけませんし、メールアドレスの間違いがあると何時間待っても連絡が来ないという状況になってしまいます。

すると、せっかくの即日融資も台無しになってしまう可能性があるのです。

また、夜の閉店間際に駆け込みで申し込んでもその日中の審査には間に合いません。

できるだけ午前中から手続きを開始するのが理想ですが、遅くなったとしても20時前までに申し込みを完了しておきましょう。(プロミスやアコム、アイフル、SMBCモビットの場合、審査可能な時間帯が9時~21時となっているからです。)

WEBからの申し込みなら24時間対応していることが多いので、仕事で忙しい方も隙間時間に申し込みを済ませておくことができます。

最近のトレンドは即日融資

 今日中や明日までに大至急借りたい方に朗報なのは、最近は即日融資ができるケースが多い事です。つまり思っているよりも早く借りる事ができるかもしれないということです。そのためには信頼できる大手で借りる事を選択するべきです。そうすれば現金だけでなく気持ちに余裕をもっていられますので緊急事態への対応もできますよ。

週末でも大丈夫?

「週末なのに大至急現金が必要!」という事態にあるなら、土日でも審査や契約を行ってくれる会社を利用するようにおすすめします。

例えば、有名なプロミスやアコム、アイフルなら休日や祝祭日でも平日と同じように午前9時から午後9時まで審査対応を行ってくれています。

ですからそうした場所を使えば明日や明後日まで待つことなく最短25分~30分で現金を手にすることもできます。

その際の注意点としては、週末や休日だと店頭窓口は原則的に開いてないことです。

ですからネットからの申し込みを行い自動契約機でカードを受け取るという方法が一番スムーズです。

もう一つ注意していただきたいのが、職場への在籍確認が取れるかどうかも週末の間に契約できるかどうかの重要なポイントとなります。

どうしても難しいというケースがあるなら、本人確認などの電話があった際にオペレーターと相談してみるようにしてください。

必要になる書類について

大至急お金を借りる場合には必要書類を前もって揃えておくのも大切になります。

審査で必要になる書類は、基本的に免許証などの本人確認書類がひとつあれば契約できますが、それはあくまでも借入の金額が50万円以下(または他社借入を含めて100万円以下)の場合ですので、それ以外は金額に見合った必要な書類(収入を証明する給与明細や確定申告書など)を提出しなければいけません。

もちろんそんなに深刻に考えなくてもオペレーターから聞いた通り、もしくは公式サイトに記載された通りに揃えれば良いので、準備さえしっかりとしていれば審査がスムーズに進むということを覚えておいて下さい。

ではその審査に必要になる書類の一例を紹介しておきます。

先ほど言った本人確認書類の提示は、免許証だけではなくパスポートや健康保険証を利用する事もできます。

しかし注意点として健康保険証だけですと身分証明書として成立しませんので、その場合には住民票などの付加的な書類が必要になります。

あとは金額や状況によっては収入証明書、国税や地方税の領収書とか請求書や納税証明書等が必要になる可能性もあります。

その他にも、社会保険料の領収書や公共料金の請求書も提出して下さいと言われる場合もあります。

しかし、これはあくまでも高額の融資を希望される時に多く要求されるもので、先ほど言った通り、低い金額の場合は身分証明証で済む可能性が高いと言えますので、これは参考までの話とご理解頂けたらと思います。

また、外国籍の方は在留カードや特別永住者証明書なども必要になるケースがあります。

必要な書類を求める会社はそれだけしっかりしているという事ですから利用する際にはより安心できるということです。

大至急借りるとなっても、このような必要になるような書類が何かを確認しておくと、緊急事態になってもスピーディに審査を受けられるますので、その点もしっかりと抑えていって下さい。

大手と中小消費者金融どっちを選ぶべき?

キャッシング会社は中小から大手までたくさんありますが、融資スピードや金利、無利息サービスの有無、借りる時の条件などが大きく異なってきます。

大手の消費者金融では、WEBで全ての契約が行えるのが基本ですが、中小の消費者金融では即日融資可能と書いてあっても、書類を郵送しなければいけない場合や店舗に行かないといけない場合もあるため、大至急と急いでいるときには特に詳細をよく見て判断しなければいけません。

また、中小だと状況にもよりますが、数十万円程度の少額の借り入れしか出来ない限度額のところもあるので、自分が借りたい金額に対応しているのかの確認も必要になります。

そして、中小だと土日は営業していないところもありますので注意が必要です。

一つの考え方として、はじめは大手の消費者金融で申し込みをするのがオススメですが、大手の審査に通らなかった場合は中小での申し込みを検討してみるのが良いですよ。

明後日、し明後日までに現金が必要な時は?

明後日、し明後日までに現金が必要というケースではもう少し選択の幅を広げて考えることができます。

つまり即日融資で現金を貸してくれる消費者金融だけを探すというのではなく、スペックやサービスも重視した選び方をすることができるわけです。

例をあげてみれば、審査には少し時間が掛かりますが、より実質年利の低いカードローンを選ぶことでお得な借り入れ先を探すことができます。

銀行カードローンなら消費者金融のキャッシングよりも金利面でアドバンテージがありますので、即日融資をしてもらうためにスピード重視でキャッシングを選んでいた方も、時間に少し余裕がある分、より金利面でお得な銀行カードローンを中心に借り入れ先を考えてみることも可能です。

明後日、し明後日までに現金が必要という時には急いで貸してもらうことを考えつつ、付加的なサービスにも注目することで後悔することのないお得な借り入れ先を探すことができます。(銀行カードローンでも審査に1~2週間ほどかかる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。)

返済シュミレーションを活用しよう

キャッシングをする際には利子が必ずついてきますが、返済の延滞などをしない限り想定以上の大きな利子はかかりません。

無理のない返済プランを、とよく目にしますがホームページで返済に関するシュミレーションを行うことが可能です。

このように返済プランを最初に幾通りか考えておけば金融機関へ申し込みを行うことへの不安は軽減されます。

返済が難しい場合は事前に連絡して相談するようにすれば、状況次第では先延ばしにしてもらえる可能性もありますので損もないでしょう。

実質年率は昔から見たら下がっていますが、使い過ぎには十分に注意する必要がありますので、無理のない返済計画を立ててから使用しましょう。

アコム

大至急お金が必要になった時でも、大手消費者金融のアコムなら最短30分審査によって即日融資が可能となります。

このスピーディな審査時間の秘密は、アコムが保証事業をしている事にあります。

普通、金融業者で契約する場合は保証会社が契約者の保証人となる為、消費者金融と保証会社の二重審査によって時間が余分に掛かってしまいます。

しかし、保証事業をしているアコム自信が保証人となってくれるので審査は一度だけとなり、余分な審査時間がかからない為、土曜日曜祝日でも短時間で契約が可能となります。

審査に合格するか不安な時は…

もちろん、カードローンを利用するときには審査があります。でも自分が審査に通るかどうかということは不安ですよね。

そんな時にアコムでは3秒診断で借り入れが可能かどうかすぐに知ることができるのです。大至急必要という時でもその速さならできますよね。

その入力内容は、年齢、年収、そしてカードローン他社の借入状況の3つのみです。

これを入力するだけで素早く診断ができるのです。そのため、お金が大至急必要な時にはすぐに診断を受けてみてください。

借り入れが可能だと診断が出たらすぐにでも審査を受けるための書類などの準備を始めることができるのです。

大至急必要という時に診断が早いというところが一つのメリットです。

24時間申込可能なアコム

アコムは最短で契約手続きの申し込みができるので、大至急借り入れしたい場合に非常に便利ですよね。

インターネットから事前申し込みをし、審査通過のご連絡があればスピーディに発行が可能ですし、キャッシングカードではなくクレジットカードが欲しい場合でも自動契約機(むじんくん)をご使用の場合に限り、当日中にACマスターカードの受け取りが可能になります。

もし、急な用事ですぐにクレジットカードが必要だという方にとっては、とても有りがたいですよね。

そこで、今回は24時間申し込みができるアコムについて分かりやすくお話をしていきたいと思います。

24時間対応のサービスは?

①申し込みは夜間でもOK

アコムは夜間や休日を含め24時間いつでも来店不要の申し込みができます。いつでも申し込めるのはスマホなどのネットからのアクセスですので、一番手軽な方法が一番便利に使える方法でもあります。

②振込利用もいつでもOK

契約後の利用も24時間いつでも行えるのがアコムの強みです。提携ATMを使う方法に加えて、原則365日いつでも最短1分※で入金を行ってくれます。いつでもスマホ一つで口座に資金を補充してくれます。(※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。)

③必要となるのは?

条件を満たせば必要となる書類は運転免許証だけです。ですからスマートフォンと運転免許証さえあれば、最短30分で契約手続きを終えることができます。週末や祝祭日の契約も可能です。

提携ATMは24時間使える

24時間対応している別の点は、提携ATMが各地にあり24時間営業している大手コンビニ各社に設置されているATMも利用できるという点です。

提携先の例を挙げてみれば、セブン銀行・ローソンATM・Eネット・イオン銀行・三菱東京UFJ銀行などです。

Eネットというのはファミリーマートやミニストップに設置されているATMです。

またイオン銀行は全国のイオンモールやマックスバリューなどに設置されていますので、使えるATMを何度も見かけた事がきっとあるはずです。

こうしてみてみると分かりますように主要なコンビニはすべて網羅していますしメガバンクとも提携しているため、深夜や早朝など大至急という場合でもすぐに使えます。

全国どこに行っても利用に困ることはほとんどないはずです。

こうした提携ATMでは追加借り入れだけでなく返済もできますので、返済日に支払いを忘れていたとしてもすぐ近くのコンビニ走っていけば夜間であっても手続きをすることができますよね。

例外としてメンテンナンスの時間は利用ができませんので、この点は公式HPで確認をなさってください。

コンビニだけじゃない!

アコムが提携しているのはコンビニに設置されているATMだけじゃありません。イオンモールやマックスバリューなどイオン系列のお店に設置されているイオン銀行ATMが使えますのでお買い物途中にお財布の現金を補充することもできます。また三菱東京UFJ銀行も提携先ですので銀行でコッソリと現金を借りる事もできます。

振込も24時間対応

アコムは振込も24時間対応で行ってくれます。

銀行や郵便局ですと3時以降や土日祝日などは振込をお願いしても翌日や週明けになるケースが多いですよね。

でもアコムは条件を満たせば24時間いつでも最短1分であなたの口座に入金してくれるんです。

これは消費者金融各社を見てもあまり行われていないとても貴重なサービスです。

では24時間対応の条件は何かというと、楽天銀行の口座であることです。

もちろん振込サービス自体は他の金融機関やゆうちょ銀行などにも対応していますが、24時間対応となっているのは現時点では楽天銀行です。

週末でも振り込んでくれることを考えると、口座引き落としの支払いが迫った時や大至急、口座間の送金が必要な時などにはとても便利です。

振込依頼はインターネットサイトの会員メニューから比較的容易に行えますので、初めての方でも迷うことはないでしょう。

またこのサービスのうれしいポイントは手数料が0円であることです。これは深夜であろうと祝祭日であっても無料です。

混んでいる時間はいつ?

アコムは人気も高いので時間によっては多くの方の申し込みが集中することもあるでしょう。

口コミなどから分析すると特に土曜日や日曜日の午前中や平日の夕方にアクセスする方が多いようです。

つまり待ち時間などを少しでも減らして最短での契約手続きを可能にしようと思うと混んでいる時間を避ける事も一つのポイントとなります。

やはりおすすめなのは24時間申込可能なのアコムの良さを生かして出勤前などの朝一番の時間帯にネットで申請を行っておくことです。

そうすることで当日中の借入の確率が高まりますよね。

また夜間でもOKという事を考えると会社などからの帰宅後の落ち着いたタイミングで間違いのないように慎重に申し込むというのも賢い方法です。

いずれにしても最短で30分で回答をもらえることを考えると、比較的混んでいる時間でもあまり長い時間を待たされるという事はないでしょう。

待つ時間がイヤという方はWEB申請をすることで店舗や自動契約機の中で待つという事を避けることができます。

老舗なのでいつでも早い!

アコムは夜間申し込みがOKというだけでなく老舗ならではの対応力の良さがあります。中小業ですと審査が混みあう時間帯などはかなり待たされるケースも多くあります。最悪ですと翌日に繰り越しとなるケースもあるようです。24時間申込可能で老舗ならではの対応力があるアコムなら混みあう時間でもそれほど長く待つという事は聞いたことがありません。

アコムACマスターカード

大至急お金が必要になった場合でもただキャッシングするだけでなく、より利便性の高い方法を選択できるのがアコムの特徴です。

三菱UFJフィナンシャル・グループであるアコムは信頼性が抜群な為、消費者金融の中で唯一マスターカードの発行を許可されています。

このアコムが発行する「ACマスターカード」はクレジット機能がついたキャッシングカードであり、非常に利便性が高くなっています。

ACマスターカードはキャッシング枠とクレジットカード枠を同時に使用することができ、キャッシング枠が他のクレジットカードよりも大きいことも特徴です。

大至急、現金が必要になった場合でもコンビニATMや銀行ATMなどの提携ATMなどから通常と同じように現金の引き出しができます。

それと、国際ブランドであるマスターカードのクレジット機能がつき、しかもそれが年会費や更新料が永年無料です。

国内はもちろん、海外のショッピングなどにもそのまま使うことができるのです。

公共料金、携帯電話の料金の支払いなどにも活用できます。またカード使用時に一回払いといってもリボ払いで支払いをすることが可能です。

いつでもクレカを申し込める

ACマスターカードはアコムの通常のキャッシングカードと同様に24時間いつでも申し込みができます。夜間でもOKですので仕事終わりに行う事もできますし自宅でくつろいだ時にスマホでアクセスすることもできます。短い時間で契約手続きを終わらせるコツはとにかく早く申し込み自体を済ませておくことです。

土日でも受け取りが可能

ACマスターカードは発行までのスピードがとにかく速いのでカードを申し込むんだ当日にマスターカードを受け取る事も可能です。

また、自動契約機(むじんくん)を使用すると土曜日曜などの休日でも受け取りが可能です。

初めてキャッシングローンを考えたときに、色々ある会社からどこの会社の評判がいいか、調べてから申し込みをする方が大半だと思います。

くちこみを見てみると、申し込みから審査、借り入れまでに対する評価が非常に高いので、安心して申し込みができると思います。

プロミス

大至急お金が必要になった時、頼りになる消費者金融がプロミスです。

なぜなら、業界最速の最短25分融資によって土日祝日であろうとも短時間でキャッシングができる為です。

これほどにプロミスの融資時間が速いのは、プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供しているサービスだからです。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社はSMBCグループの会社であり、保証事業をしています。

この為、本来なら外部の保証会社が契約の際に必要になってその分の余計な審査時間がかかりますが、プロミスは自身が保証会社になる為、余計な審査時間がいらないので最短25分融資が可能になっています。

WEB完結契約とは?

申込についてですが、プロミスを利用してお金を借りる時は自動契約機で申し込みをしてカードを発行してもらうという方法をイメージしてしまうでしょう。

確かに現在でもカードを発行してもらう方法でもお金を借りる事は出来ます。

しかし、ここ数年でスマホが普及してきてWEB完結(カードレス・郵送物なし)で申込手続きをする事が出来るようになっているので、借入方法も振込を利用する人が増えてきています。

振込だと全国各地で利用可能なので便利にお金を借りる事が出来ます。

振込スピードも消費者金融の中でもトップクラスなので借り入れする時は振込キャッシング(瞬フリ)がおすすめです。

三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも手数料無料で最短10秒でお金を貸してもらえる高速振込キャッシングが使えます。

その他の金融機関でも対応時間内なら最短10秒で即時振り込みしてもらうことができるので、自分の銀行口座の対応時間を確認しておくといざという時に安心ですよ。

携帯からでも申し込みできるので外出先からでも使えて、尚且申請すればすぐに振り込んでもらえるため大至急という時でもとても便利です。

必要書類について

キャッシングをする際に必要なのが審査で、その審査に必要なのが必要書類となり、それを提出する事によって審査が行われます。

プロミスでのキャッシングで必要書類は、基本的な本人確認書類と収入を証明する書類の提出が必要となっています。

ただ収入を証明する書類は「希望借入額が50万円まで」「他社での借り入れ合計とプロミスでの借り入れ希望額が100万円を超えない」場合は、基本的には収入証明の提出は不要となっています。

収入証明の注意点としては借入希望額が50万円まででも、審査上必要とプロミスが判断すれば提出しなければいけないので申し込みを行う場合は提出する可能性があるとして準備しておくと良いでしょう。

プロミスの便利なサービスは?

・金利が他社よりもお得

初めてのカードローン選びは上限金利を要チェックです。それは総量規制の影響もあり初回契約時には多くの方が上限金利が適用されるからです。詳細な上限金利は17.8%と他社と比べてプロミスは低く、支払う利息が抑えることが出来るのでお得ですよ。

・金利0円のサービスが充実

プロミスの金利0円のサービスは初回契約時だけではなく、2回目以降も7日間から30日間の無利息期間が利用可能です。詳細な利用方法としては『ポイントサービスに加入し、毎月初回ログインなどでポイントを貯め会員ページから申込みを行う』でOKです。

・WEB完結契約やカードレス

一切の郵送物なしに契約が完了出来て、カードレスで借入が行えるのがプロミスの『WEB完結契約』です。詳細な手続き方法は『WEBから申込み→審査→契約時に口座振替での返済とカード不要を選択』するだけです。即日融資も可能でスピードも抜群です。

・瞬フリで最速振込

プロミスの瞬フリは手続き後、原則24時間、最短10秒で融資が完了する最速で現金が借りられる方法です。
詳細な利用条件として24時間365日土日・夜間でも振込できるのは『三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、全国約200の金融機関』となっています。大至急現金を借りたい時には大変便利なサービスです。

多くの人に使われている理由は?

SMBCコンシューマーファイナンスであるプロミスは、この名前を知らない人はほとんどいない程に有名で生活に浸透しています。

老舗ならではの質の高いサービスだけでなく、三井住友銀行などでも有名なSMBCグループであることで大きな安心感も併せ持っています。

気になる実質年率は4.5%から17.8%です。

特に上限金利は18.0%が平均的である消費者金融の中で、17%台のプロミスは低い金利で利息を少なくしたい人にとっては嬉しい存在です。

申し込み可能な方も幅広く年齢制限は18歳以上74歳以下※まで、安定した収入をお持ちでさえあれば学生やフリーアルバイター、パートや主婦の人でも申し込み可能となっています。

借り入れした現金の使い道は生活費の範囲であれば自由です。さらに個人事業主の方に限られますが事業費として使うことも可能です。

プロミスは担保も保証人ももちろん不要、ユーザーのことを考えたサービスを提供する気軽に使えて頼りになる消費者金融なのです。

詳細に知れば分かる最適な利用方法

人気のプロミスを徹底解剖してみるとわかる最大のメリットは、24時間対応で夜の利用も可能な点でしょう。また金利0円のサービスに代表されるお得なシステムもメリットの一つです。夜のお仕事をしている方や深夜などに活動することも多い若者にも便利なサービスと言えます。

申し込み・利用方法について

プロミスの利用には、申し込みを行い審査を受け契約を行う必要があります。

様々な申込方法が選択出来るのですが、大至急申し込みをしたいという場合にも便利なのがインターネットを使った申し込みです。

パソコンやスマホから手続きが出来て24時間いつでも受付をしてもらえるので、日中忙しい人も夜勤などで昼間しか時間が無い方も空いた時間を使って短時間で申し込みが行えるのです。

さらにインターネット経由の申し込みではWeb完結申し込みにも対応可能なのでそれを選択することも可能です。

利用の仕方も容易でこの方法を使えば契約まで郵送物はありません。インターネットから申し込みを行い口フリ(口座振替)を返済方法として選ぶのみです。

そして更にローンカードを使わない「カードなし」を選択することによって、カードすら郵送されなくなり借り入れまで全て郵送物無しで行うことが可能になります。

ただ、口フリを選択するにはプロミスが指定する金融機関の銀行で本人確認が終了し口座を持っている必要があります。

全国の主要な銀行は対象となっていますが、一部対象外もありますのでご注意ください。

インターネットからの申し込みも対応可能なので日々の生活の中での大切な時間の有効活用に役立ちます。

詳細を確認すると

プロミスは詳細を確認してみるとメリットが多いのがわかりますよね。特に4.5%から17.8%の実質年率やカードなしの手続きができる点、来店不要で内緒で貸してもらえる点も魅力です。

カードレスや休日契約ついて

プロミスは休日契約であっても『カードレス』が選択可能であり、振込融資がすぐに利用できるというメリットがあります。

他社ではあまり行われていないことから、プロミスの一つの強みとも言えるこの休日でもカードレス契約ができるというポイントは、休日に大至急貸してもらいたいという方にとっては便利なサービスです。

どのように行うのかというと審査後に、WEBで契約を結ぶ際に『カードの発行有無を選択することができる』のです。

ここで、カードレス(発行なし)を選択すると、カードや契約書類などは送付されずにWEBのみで契約を完了させることができます。

家族やパートナーに金融機関の利用を知られたくないという方には嬉しい内容ですね。

契約完了後は、パソコンやスマートフォンからプロミスのマイページにログインすることで、自分の持っている銀行口座に振込みという形で融資を受けることが可能となります。

振込手数料はいつでも0円で24時間利用できる点が人気です。カード紛失による悪用の心配もないのでカードレスは安全性という意味においてもおすすめです。

もちろんカードによる取引を希望される方は発行してもらうこともできますので、自分の希望に合わせてサービスを選択できるのがうれしいですね。

金利0円のサービスを使うなら

プロミスの金利0円のサービスを使うためには詳細に適用条件を知っておくのはまずすべきことですよね。ここではその条件をまとめてみましょう。
① プロミスの契約がはじめてであること
② メールアドレスを登録すること
③ WEB明細を利用すること
たったこの3つの点を満たせば利用できます。②と③の条件はWEBから行える手続きですので申し込みのついでに行えます。

夜遅くに大至急、現金が必要になったら?

大至急、現金が必要になるのは昼間だけではありません。時には夜遅くになってから、現金が必要になることもあると思います。

そんな場合でもプロミスなら大丈夫です。なぜなら平日土日問わず、朝7時から夜24時までプロミスのATMは使えるからです。

そのおかげで朝早くから夜遅くまで借り入れや返済を行える様になり、利便性の高さは抜群です。

他の提携ATMの場合は利用可能時間も違ってきますので、確認をした後に使うかプロミスのATMを探すことをオススメします。

プロミスには振込による融資が受けられる振込キャッシングもあります。

こちらは200の金融機関で24時間365日いつでも最短10秒振込が行われますので、大至急現金が必要という場合にも最適です。

明日までには資金を準備しておきたい

徹底的に比較した場合、プロミスは安全に貸してもらう際に有効というのはわかっていただけると思いますが、やはり365日、24時間申込が可能な点は見逃せませんよね。夜中でも明日までに大至急、資金を準備しておきたい場合は申し込みをしておくことができるので、ネットが使える状況の場合は夜WEB完結契約の手続きを済ませておくのも手です。

コンビニATMで現金の借入れ

ATMでの借入れが便利なプロミスですが、利用可能なATMはプロミス以外にも提携金融機関やコンビニATMなどたくさんあります。

その中でも特にお得なのが三井住友銀行のATMです。何と三井住友銀行のATMなら手数料無料でプロミスのカードローンの借入れや返済の手続きが可能なのです。

通常110円または220円の手数料が必要となりますが、小さなお金とは言っても払わなくて済むのは嬉しいですね。

ちょっとしたお得情報ですが、ATMではなくファミポートやLoppiを使った場合に返済手数料が無料となるサービスもあります。

またATMを使わずに電話やインターネットから振込による融資や返済を行ったり、口座振替による返済を行うことも可能です。

SMBCモビット

SMBCモビットは大至急、現金が必要な時に審査がスムーズにできる点がメリットです。

SMBCモビットでは審査に不安を感じている人のために事前審査ができるようになっています。

自分の年収や職場、他社の借入状況などを入力するだけで借入限度額がいくらぐらいなのかということがわかります。しかも数秒で診断結果が出るのです。

それで、本審査を受ける前にまずは事前審査を受けておくならば、審査を通過する目安というものがわかります。

もちろん、事前審査は本審査ではないので、事前審査に通ったから必ずしも本審査を通過するというわけではありませんのでその点だけは注意してくださいね。

ビジネスとしても使える?

SMBCモビットは他社よりも利用限度額が多く、そしてビジネスにも使うことができるというメリットがあります。

まず、SMBCモビットの場合には利用限度額が最大800万円となっています。

実質年率も3.0%から18.0%となっているので、ビジネスローンとしても十分にお得に利用することができます。まとまった現金が必要というときでも大丈夫です。

とはいえ、借入の際には総量規制の対象となりますので、自分の年収の3分の1を超える額を借り入れることはできません。借入希望額を決めるときに注意しましょう。

アイフル

アイフルは最短25分※融資に対応しているため、大至急という場合にも素早く対応可能です。

審査時間は申し込み方法によって異なってきますが、特に早いのがインターネットから申込みを済ませ、フリーダイヤルへ電話して自動契約機で契約する方法です。

フリーダイヤルへ電話して急いでいる旨を伝えることで優先して審査が行われます。

そして、審査が行われているうちに店舗もしくは無人契約でんわBOXてまいらずに行けば時間を短縮できて素早く現金を手にすることができます。

無人契約でんわBOXてまいらずは備え付けの電話でオペレーターと話しながら機械を操作する事が出来るので問題なく契約手続きが出来てしまいます。

インターネットで申し込んだ場合は最短25分※融資が可能です。

審査の連絡が来たらその後に必要書類を提出します。提出するのは本人確認書類と収入証明書類です。

本人確認書類は運転免許証が基本ですが、持っていない人は保険証やパスポートでも本人確認書類として適用されます。

アイフルの4つの特徴

①即日使える早い審査

サイト上で行える仮審査は1秒で結果が表示され、本審査も手続き完了後は素早く結果の通知が行われる「審査スピード」が大手カードローンのアイフルの特徴です。この最短25分※融資のスピードがあるからこそ、即日融資が受けられる期待も高くなります。

 
②安全性で高い評価

カードローン業界トップクラスの知名度を誇るアイフルは、東証一部上場の信頼できる企業です。個人情報の保護やサイトのセキュリティにも力を入れており、安全性でも高い評価を得ています。金利の低さなども嬉しいですが、安心して使えることも重要ですね。

 
③内緒で使いたいならアイフル

内緒で使いたいなら『郵送物も一切無しで、申込みから契約までがWEBで完結可能』のこの場所が最適です。カードレスで利用できて明細書も送られてこないようにできますから、手続きしているスマホの画面でも覗かれない限りはバレる可能性はほぼゼロです。

 
④支持率が高い高品質なサービス

即日融資も利用可能で、初めての契約なら『30日間利息0円』というお得なサービスを使うこともできます。さらには契約には免許証一枚を準備するだけでOKだったり、カードの郵送には本人限定配送で時間指定ができたりと高品質なサービスがあります。

女性向けのアイフルスラリ

アイフルが提供している「SuLaLi」は女性が安心して活用することができる女性のためのキャッシングサービスです。

まず限度額が10万円までで借りすぎる事がないという安心感があります。

多すぎないけど、ちょっと必要だなという時に十分な額なので返済も無理せずできます。

また、こういう時どうしたらいいの?という不安に対応するために専用ダイヤルがあり、連絡すると全員女性のオペレーターが親身になってくれるので気軽に相談できます。

申し込みはWEBで気軽にできるので、誰かに見られたら恥ずかしいという気持ちにも配慮してくれています。

何かあったときの連絡は、基本的には契約の際に登録された携帯やスマホに送ってくれるので、会社や家族等知られたくない人に知られる心配もありません。

そして何よりカードのデザインがとても華やかで愛らしく、気軽に持てるように表面には社名やロゴは記載していません。

「SuLaLi」は、借金はなんだか怖いし敷居が高いけど必要な時もある、そんな女性にこそオススメの優しい商品なのです。

女性向け商品の中でも人気

 アイフル(SuLaLi)スラリは女性向けカードローンとしては人気となっています。キャッシングカードのデザインにまでこだわっており、細部に至るまで女性を意識したサービス内容が高く評価されています。安全性にも注意を払っているので使いすぎが心配な方や内緒で使いたいという方にもおすすめできる内容となっています。

スラリ「SuLaLi」の特徴は?

申し込みは全て携帯電話やメールで完了出来る為わざわざ来店せずとも誰にも会わずに手続きは完了出来ます。

因みに最大30日間利息0円になるサービスもあるので、不安に感じる場合は申し込みの際に確認してみて下さい。

SuLaLiは専用ダイヤルを設けており、そちらに連絡した場合は全て女性スタッフが対応します。

仮にキャッシングを行う際には貸してもらう事だけでは無く返済の事も考えて使わなければなりません。

その点にさえ注意して頂ければSuLaLiは初めて申し込みを行う女性の方でも安心して使用出来るサービスとなります。

申込から手続き完了までの流れ

・WEBで申込み
・パソコンやスマホで必要情報を届ける
・審査に入る
・インターネットで契約の手続き開始
・カードを郵送で受け取る

審査について

アイフルSuLaLiは、何よりもその審査の申し込み方法が特徴です。

SuLaLiの最大の特徴はオンライン専用のサービスという点ですが、審査の申し込みもネット上の専用サイトからの申し込みになり、秘匿性の高い申し込み方法になっています。

本人確認用の各種書類も、コピーした画像を送付してオンラインで送れば完了するため、自宅から申し込みを完了できるというメリットがあります。

家族や会社などに連絡がいくこともないため、安心して審査を申し込みすることが出来るのです。収入のある女性を対象としているため、正社員やパートタイマーなどの収入を持つ女性ならば誰でも利用できます。

アイフルSuLaLiの審査条件

・満20歳以上~満70歳未満の方
・当社の審査基準を満たす方

休日に大至急お金が必要になったら?

「休日に大至急お金が必要になったんだけど、土日でも貸してもらえるのかな?」

このような悩みを持っている方もいるかと思いますが、休みの日に素早く現金を引き出すことができたら、買いたい物も買えますし、楽しい休日や家族とのひと時を過ごすことができそうですよね。

今回は、休日にも契約手続きができるカードローンや土日でも現金を素早く引き出せる金融業者の情報などを掲載していきたいと思います。

休日に多額の出費に迫られたら?

休日には特別なイベントが多くあったり、お祝い事などが幾つも重なったりすることもあるものです。

友人の結婚式のご祝儀が必要になったり、旅行に誘われたり、あるいは意中の異性とのデートが実現したりする場合もあります。

そんな時には幾らかお金が必要になりますが、キャシングであれば休日でもお金が必要な事態に対応可能です。

キャッシングでは10万や20万円といった形であなたが必要なお金を大至急貸してもらえます。

10万円を超えるような現金を休日にいきなり知り合いから借りることは難しいものですが、そのような出費に迫られた場合でも対応できるのです。

土日も審査対応している会社がベスト

大手は土日も平日同様の速さ

大手カードローンは土日でも平日同様の速さで審査を行ってくれます。ですから契約までうまくいけばわずか30分ほどです。土日は店舗は休みの場所が多いので、大至急行いたいなら必ずスマホやパソコンを使って申し込みましょう。

 
土日もお得なサービスがたくさん

土日でもカードローンのお得なサービスは変わりません。30日利息がかからないサービスや手数料無料で口座への入金を行ってくれる振込サービスは大手以外では味わえない大きな特典です。

 
なぜ大手にすべきなのか?

カードローンは大手に人気が集中しています。土日も使えるというだけでなく基本スペックが高いのが理由の一つです。それに加えてプライバシーや情報管理がしっかりしているという安全面でも一番信頼がおけます。

平日は忙しい人でも利用できる?

通常規模の大きなキャッシングであれば休日でも平日と同様に申込対応しています。

そして申込みが完了し、審査や契約手続きに無事に通過さえすれば、休日であっても問題なく短時間でお金を受け取れるのです。

キャッシングを使用するためにわざわざ仕事を休む必要はありません。

休日の空いた時間に落ち着いて申し込めるため、休みの日しか落ち着いてできる時間がない方でも安心してキャッシングができるのです。

土・日曜日、祝日でも審査可能なキャッシングは?

大手消費者金融で融資を受けるメリットの一つが、審査時間や土日祝日でも申込して即日融資が可能という点です。

中小消費者金融は、契約書を郵送で取り交わす申込方法であったり、カード発行が不可能な事も多いので、一時間融資どころか即日融資ができない場合が殆どです。

その点、大手消費者金融ならば土日祝日であってもネットや自動契約機などを使用して最短30分ほどで即日融資を受ける事が可能です。

休日に必要になったらプロミス

休日に大至急お金が必要という場合でも、プロミスなら休日も審査対応してくれ契約もできます。

インターネットを利用してWEB完結で手続きが行える上、契約までスムーズに進めば最短25分ほどで融資を受けることも可能です。

休日ではあるものの、家族サービスで時間的な余裕が無い方でも安心できます。

ローンカードの受取も自動契約機から行えるだけでなく、特定の銀行口座であれば休日でも振込融資が受けられます。

また、休日でも振込融資が受けられる口座が無い、ローンカードの受取ができないという場合でもスマートフォンのアプリを使用することでコンビニATMから借り入れすることも可能になっています。

瞬フリなら外出先でも安心

プロミスなら休日で大至急お金が必要といった場合でも安心できる瞬フリがあります。

指定の銀行口座を持っていれば、休日でも24時間そして約10秒で融資を受けることができます。

融資は口座へ振り込まれ、銀行のキャッシュカードを使って出金できるため、ローンカードを見られてキャッシングがバレるといった心配がありません。

また、休日はゆっくり過ごしたい、移動は必要最小限に留め生活圏内で借り入れしたいという場合でも瞬フリなら近くのコンビニATMを利用することが可能です。

アコムは24時間いつでも来店不要

アコムなら申し込みは24時間いつでもインターネットで受付しており、来店不要となっています。

さらにWEB完結契約を利用することで、来店不要で契約を行うことができ、振り込みによる融資も受けられます。

申し込んだ当日中に大至急、融資を受けたいものの、仕事でお店まで行く時間がないという場合においてはアコムを利用するメリットは大きくなっています。

夜もしくは朝早い段階にインターネットから申し込みを済ませ、仕事中に審査回答を受ける、勤務の空き時間に契約手続きを済ませ、自身の銀行口座から帰宅時に現金を引き出すことも可能です。

さらに、深夜や早朝にお金が必要という場合でも特定の銀行であれば、24時間いつでも貸し付けが受けられ、翌日の口座引き落としに対応したいという場合でも休日でも自宅にいながら手続きが行えます。

ACマスターカードでも

アコムのACマスターカードは、土日祝日でも申込した当日中に受け取ることが可能です。

当日中に受け取るスピーディな方法を選びたい方は、インターネットで申込をして、アコムの自動契約機(むじんくん)が設置された店舗に行きましょう。

また、「自動契約機」の営業時間は9:00~21:00となっており、年末年始を除けば土日祝日もカードを受け取ることが可能です。

早ければ最短即日発行で受取も

アコムマスターカードの最大の特典ともいえるのは発行スピードの速さです。申込方法はインターネットからシンプルに行うことができ、受取は近くの自動契約機(むじんくん)で行うことで最短即日使い始めることができるのです。条件を満たせばアルバイトやパートの主婦の方でも申込可能ですので1枚持っていると便利です。

SMBCモビットは土日も最短30分

SMBCモビットなら土日祝日も審査対応を行っており、当日中に契約してお金を受け取ることができるので、大至急お金が必要という場合にも安心です。

中小消費者金融の場合、土日祝は休業日もしくは日曜日と祝日が休業日ということは少なくはありません。

また、融資も銀行口座への振り込みとなる場合、週明け以降の対応となり、直ぐにお金を借りることができません。

しかし、SMBCモビットは土日祝日も審査は最短30分、ローン契約機からローンカードを受け取ることで隣接する専用ATMから速やかにお金を借りることができ、急いでいるときには安心できます。

ATMと振込のW対応で安心

SMBCモビットの振込は融資申し込み完了後、即時振込が行われます。

これまでも振込みスピードを売りにするキャッシングはいくつもありましたが、その多くはその日のうちにお手続きされる「即日振込」でした。

SMBCモビットの振込は即日ではなく即時なので申し込みが完了した瞬間に振込が完了します。

土日にお金が必要になったとしても全国に設置されたATMと振込融資のおかげで必要なお金を大至急受け取れます。

アイフルもスピーディー

平日と同じように土日も申込をすることができ、最短30分で審査が完了することができるのがアイフルになります。

大至急お金を借りることを考えている方にとって、スピーディーに申込完了できるので、心強いサービスになっています。

その間に審査が行われていて、収入面や信用情報など細かくチェックをしています。

そして返済力の高い人物として、アピールすることができれば、アイフルから一定額のお金を貸してもらえる状況を作ってもらえます。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家

22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家
22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。こちらのメールで気楽にご連絡ください。



【即日融資】今日中にお金を借りるなら?消費者金融で借入する方法!

※ プロミスの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。最短15秒事前審査:事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。最短25分融資はWEB申込みの場合となります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。