郵送物なしで利用できるローン会社は?契約・利用方法を解説!

郵送物なしで利用できるローン会社は?契約・利用方法を解説!

郵送物一切なしでローン会社を利用するには?

「郵送物一切なしでローン会社は利用できるの?」

という疑問に答えていきたいと思います!

同居している家族に秘密でお金を借りたい場合、ローンの会社名入りの郵送物があると困ってしまいますが、現在、大手カードローンではバレずに利用したい方のために最大限配慮しており、ポイントを押さえて利用すれば郵送物なしで利用できるようになっています。

ですので、当ページでは「自宅に送られてくる物をなくす方法」や「各会社の内緒で利用する方法」などを解説していきたいと思います。

郵送物なしで利用できるメリットは?

郵送物なしのメリット

1.WEBで完結するからバレない

郵送物一切なしで利用できるローンの特徴の一つはWEBで完結する契約があるのでバレにくいということです。書類は自宅ではなくネット上で見れるため心配はいりません。連絡も個人の携帯電話やスマホにされます。

 
2.カードなしで契約が可能

カードなどの郵送物もなしにしたいなら、カードレス契約がおすすめです。24時間使える振り込みサービスが充実している大手ならカードレスでの利用も困ることはありません。

 
3.明細書類もネット上で見られる

バレないように使う点で、明細書類の存在も忘れてはいけません。振込融資などを使うと明細書が自宅へ届くとこがありますが、WEB明細を利用しておけばネット上でいつでも気軽に確認できるので便利ですし、家族などにバレにくいですよね。大手ローンのほとんどがWEB明細を取り入れていますから安心して使えます。

送られてくる物は何?

送られてくるもの

ローン会社で契約した時に送られてくる郵送物は、「契約書、カード」、借り入れした際に送られてくるものは「利用明細書」となっています。

大手では郵送物には会社名を記載しないように配慮しています。

郵送物に記載される名前一覧

プロミス 事務センター
アコム ACサービスセンター
SMBCモビット MCセンター
アイフル AIセンター

このように会社名は伏せて送られてくるので、自分以外の誰かが開封しない限りバレることは少ないと思います。

しかし、よりバレる確率を低くしたいなら自宅に送られてくる物はない方が良いです。

大手では郵送物一切なし、カードレスでも契約できるサービスも展開しています。

なので次は、郵送物をなしにする方法をご紹介していきますね。

各ローン会社ごとの郵送物をなくす方法

SMBCモビット、プロミス、アイフルは郵送物一切なし、カードレスでの契約ができるようになっています。

アコムはカードの受取り方法を考える必要がありますので、それぞれのローン会社の送られてくるものをなくす方法を見ていきましょう。

SMBCモビット

SMBCモビットのWEB完結

SMBCモビットのWEB完結申込ならば、郵送物なし&カードレスで契約を行うことができます。

そして、SMBCモビットのWEB完結申込のもう一つの特徴として挙げられるのが、『職場への電話確認なし』という点です。

誰もがなしにしてほしいと思っている職場への電話での在籍確認が原則なしで契約を行うことができるのです。

手続き方法もネットとメールを使うだけですので、パソコンやスマホがあれば特別な問題はありません。

このWEB完結を利用するのには4つの条件と提出する書類がありますので、まずはその点をしっかりと把握しておいてください。

WEB完結の利用条件!

1.三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のどれかに普通預金口座をお持ちであること

2.上記の口座を振込融資と口座振替での返済に利用すること

3.社会保険証または組合保険証をお持ちであること

4.本人確認書類・収入証明書類・勤務先を確認できる書類を提出すること

この条件を満たしていればWEB完結での申込みを行うことが可能となります。

この方法で申込みを行えば、郵送物なしであることはもちろん審査が終わった後の結果の通知もメールで行われます。

そして、この申込方法をした場合は契約書なども郵送ではなくネット上で受け取ることになります。

さらにローン専用カードの発行はなく、ネット上での振り込みスタイルでの借入れとなりますので郵送物なしで利用が可能となるのです。

SMBCモビットからの郵送物は一切無しとなりますので気分的にもとても楽ですし、電話連絡も無しで契約まで行えるWEB完結は他には無いサービスです。

利用条件を満たす必要はありますが、条件を満たしているのであれば是非活用してください。

どこのカードローンであっても、プライバシーに気を使った電話確認の方法をとってはくれますが無ければ無い方が良いというのが、みなさんの願いではないでしょうか?SMBCモビットならそれが可能です。

>SMBCモビットの詳細はこちら

WEB完結以外の方法は要注意!

上でも書いたように、SMBCモビットはWEB完結で申し込めば郵送物なしで契約が出来るものの、指定される銀行口座や社会保険証が必要になります。

もし、指定される銀行口座や社会保険証がない状態で契約すると、多数の書類や案内が送付されてしまいます。

送付時には『本人限定受取』にすることもできますし、かつ会社名が分からないようにMCセンターという名前で送られてくるようになっていますが、中身を開封されたり、書類が見つかってしまったらバレてしまいます。

契約書や『Myモビ』のご案内、提携ATM一覧なども郵送されるため保管する際には注意が必要です。

保管する際には、家族に見つからないようなところに隠しておく、または自宅以外で保管するなどの対策が必要です。

Check!

・WEB完結申込ではない「カード申込」をすると契約書などがMCセンターという名前で送られてくるので要注意!

プロミス

プロミスのWEB完結のポイント

プロミスの郵送物なし&カードレス契約で申込みをする時には押さえておきたいポイントがありますので、ここで手順とともにそのポイントも書いていきたいと思います。

1.WEB(スマホ・PCなど)から申込

カードレスでの申込みはWEB(スマホ・PCなど)から手続きをします。

申し込みの時に書面の受け取り方法も選択できるようになっています。

ここで、パソコンまたは携帯電話よりプロミスホームページにて書面(Web明細)を確認を選択すると、自宅に郵便物が届かなくなります。

必要書類もスマホ・PCなどから送信できるようになっています。

「金融機関の口座」または「アプリ」によるかんたん本人確認を選択すると郵送物なしで利用できます。

2.審査

審査結果の連絡は、申込時に指定した方法(メールか電話)で連絡が来ます。

3.契約

口座振替の振込名義人は「パルセンター」か「プロミス」のどちらかを選べるようになっているので、キャッシングしていることを内緒にしたい方は「パルセンター」を選択するようにしましょう。

そして、カード不要を選択してください。

4.カードレス契約完了

このように契約することで自宅に郵送物が届きません。(バレない借入が可能です。)

その他にも…

カードレスでの契約をしても、あとから手数料無料でカードを発行してもらうこともできます。

三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能です。

など、プロミスは幅広いニーズに対応しています。

>プロミスの詳細はこちら

アイフル

アイフルのWEB完結

2018年4月からアイフルでは(女性専用SuLaLiでも)郵送物一切なし&カードレスの契約ができるようになりました。

カードレスで契約できると、自宅にカードが送られてくることもありませんし、自動契約機に取りに行く必要もなくなり、より一層バレない借入れができるようになりました。

その手続き手順をここで記載していきたいと思います。

1.申込はWEB(スマホやパソコン)から365日24時間受付

2.審査(指定した方法(メールか電話)で連絡が来ます。)

3.スマホやパソコンから契約手続き

カードの受取り方法は「カードレス」を選択するようにしてください。

口座振替が必要になるので、事前に銀行の通帳やキャッシュカードを準備するようにしてください。

必要書類はメールや書類提出サービスで提出できるようになっています。

4.借入れ(登録口座への振込やスマホアプリで)

この手順通り行うことで、カードレス&郵送物なしでの契約ができるようになります。
また、カードは後からいつでも発行できるようになっているので安心です。

郵送物なしで借入れをしたいとお考えの方は、この手順を参考に安全な手続きを行って下さいね。

>アイフルの詳細はこちら

アコム

自動契約機を利用

最後はアコムですが、アコムはカードレスでの契約ができないので、カードを受け取る必要があります。

受け取り方法としては、

① 店頭窓口、自動契約機

② 自宅への送付となっています

①の方法をとれば自宅へカードや契約書類が送られてくることがないので安心です。

また、明細書の確認方法は「WEB」にすることも忘れないようにしてください。

>アコムの詳細はこちら

大手なら配慮されているから安心

このように、大手ではお客さま方が安心して利用できるように、自宅への郵送物一切なしで公式ホームページのマイページへログインすると借入状況や明細など全て確認できるようになっています。

スマホやパソコンから申込、借入、返済が全てできるので時間が無い人も好きな時間、いつでもご利用できるようになっています。

使い慣れたデバイスを選んで手続きした方が良いでしょう。スマホがあればいつでもどこでもローンができるから便利ですよね。お金が必要な時にローンが組めるので困ることがありません。

近年はこうしたインターネットを活用したサービスが主流になっています。時代の変化と共にローン会社のスタイルも変化しました。

こっそり利用したい場合の注意点

履歴消去

カードレスで契約ができて、こっそりと今後も利用したいと感じている場合はパソコンでプロミスの画面や履歴が残っていないか等をチェックしてくださいね。

スマホでもプロミスの画面を開いていて閉じるのを忘れてしまった場合、見られてしまう可能性がありますので、その点も特に返済までは徹底しましょう。

返済まで気を付けましょう

郵送物なしで契約できたからといって、返済まで気を抜かないようにしましょう。

なぜかというと、せっかく郵便物なしで借り入れしたのに返済が大幅に遅れてしまうと、自宅へ催促の手紙や電話が掛かってくることがあるからです。

業者によっては、返済日の前にメールで連絡してくれるサービスを行ってくれるところもありますし、口座振替で返済できるところもありますので、忘れやすい人はそのようなサービスをどんどん活用していきましょう。

自宅への送付物はなしにできる!

 自宅への送付物から融資が知られてしまうというケースは絶対に避けたいですよね。それなら大手で「なし」に設定できる場所を選んでください。自宅に書類が届かないように設定するのはそれほど難しいことではありません。ネットで利用明細を発行してもらうなどの数項目の手続きで済むことがほとんどです。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家

22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。

監修者・編集者 安藤 雄二(あんどう ゆうじ)
消費者金融・カードローンの専門家
22歳から某金融関係の事業に携わり、借金の相談、債務整理、ギャンブル依存症の相談、カードローンやビジネスローンを利用する際のアドバイス、オンラインでの人生相談、株式会社国際物流研究所代表取締役、高知の総合こうちっち代表、WEB制作エターナルクリエイト代表と様々な事業を行っている。安全安心の金融会社をお探しの方はこちらのメールで気楽にご連絡ください。こちらのメールで気楽にご連絡ください。



【即日融資】今日中にお金を借りるなら?消費者金融で借入する方法!

※ プロミスの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。最短15秒事前審査:事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。最短25分融資はWEB申込みの場合となります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。